【陸マイラー】ANAマイル交換ルートのnimocaルートまとめ【最新版】
ANAニモカルート解説
スポンサーリンク

ANA陸マイラーに欠かせないポイントサイトからANAマイルへの交換ルートの一つである「nimoca(ニモカ)ルート」はご存知ですか?

ANAマイラーなら新ソラチカ(LINE)ルート(閉鎖予定)が最高の交換レート81%となっており多くの方が利用しています。しかし、2019年12月27日をもって新ソラチカ(LINE)ルートが完全閉鎖となります。

代替えルートとして東急(TOKYU)ルート(マイル交換率75%)がメインとなりそうです。しかしANAマイル交換ルートにはマイナーではありますがnimoca(ニモカ)ルートも有ります。

現状では東急(TOKYU)ルートに比べてメリットは薄く、積極的に利用するANAマイル交換ルートではありませんがバックアップとして確保するべき交換ルートですので詳しく解説いたします。

羽田空港 ANA機

陸マイラーとは?

陸マイラーとは飛行機に乗らずに航空会社のマイル(マイレージ)を貯めて飛行機にお得に乗る人を指します。

出発ターミナル

飛行機に乗らずにマイルを貯める方法は航空会社のクレジットカード(ANAカードやJALカード)でクレジット決済をすることでマイルを貯める方法が一般的に知られている方法です。

貯めたマイル(マイレージ)を使うことで特典航空券を発券可能で国内線ならほぼ無料、国際線なら諸税や燃油サーチャージ(航空燃料相場によって加算される料金でシーズンにより高い時と安い時がある)が掛かりますが航空運賃は無料で飛行機に乗ることが可能となります。

また、ANAやJALではマイルを航空会社の電子マネーに交換することが出来ますので【マイル⇒航空会社電子マネー⇒航空券を購入】と言う方法も利用しています。

この方法は特典航空券に空席が無い時や飛行機修行する場合に利用されます。

陸マイラーはクレジットカード決済でもマイルを貯めていますが様々な方法を駆使し自分のお気に入りの航空会社のマイルを貯めいます。

クレジットカード以外でもマイルを貯める方法を実践してマイルを得ています。

マイル還元率1%のクレジットカードで10,000マイル貯めるには100万円分のクレカ決済が必要となり年間20万マイル以上貯める陸マイラーは2,000万円もクレカ決済が必要になります。

富裕層でもないかぎり年間2,000万円もの決済は不可能と言え、陸マイラーはクレカ決済でもマイルを貯めますが大量マイルを貯めるのは他の方法でマイル貯めています。

スポンサーリンク

nimocaとは?

九州地方の西鉄が発行する交通系ICカードがnimocaになります。

nimoca

電車やバスに乗る時に「ピッ」とタッチするやつです。

SuicaやICOCA等と同じと考えると良いと思います。

電子マネー機能があるのでコンビニ等で交通系ICカードに対応したお店なら決済にも使えます。

交通系ICカードのnimocaとANAが提携して三井住友VISAが発行するクレジットカードが「 ANA VISA nimocaカード」です。

このnimocaカードを利用する事でポイントサイトで貯めたポイントをANAマイルに交換可能になります。

「ANA VISA nimocaカード」にはnimocaポイントをANAマイルへ交換できる付帯サービスが有り、その付帯サービスを使う事になります。

nimocaポイント10ポイントをANA7マイルへ交換が出来ます。

nimocaポイントをANAマイルへ

スポンサーリンク

nimocaルートとは?

ANA陸マイラーがソラチカルートのバックアップとして2017年の年末に登場したポイント交換ルートがnimocaルートです。

nimocaルートが開通した当初は旧ソラチカルートでANAマイルへの交換でポイント渋滞している方達が平行ルートとして注目を集めることになりました。

ところが2018年1月9日のソラチカショックで有力なソラチカ後継ルートとして浮上する事になりました。

旧ソラチカルートのメトロポイント部分がnimocaポイントへ変ったイメージです。

旧ソラチカルート(現在は閉鎖)が90%の交換率に対してnimocaルートは70%の交換率になります。

交換率は下がりますが新ソラチカルートに無いメリットもあります。

因みに新ソラチカルート(LINEルート)は81%の交換率です(間もなく閉鎖)。

新ソラチカルートについて詳しくはコチラ>>

その後、2019年6月3日に「TOKYU(東急)ルート」の登場により現在ではnimocaルートの存在意義はかなり失われたと言えます。

TOKYU(東急)ルートについて詳しくはコチラ>>

今後の陸マイラー活動は各自で自分に合ったルートを選択する時代になったと言えます。

nimocaルート全体図

交換ルートは一本道な上にシンプルで非常に理解しやすいです。

初心者の方には理解しやすくて採用しやすい交換ルートと言えます。

nimocaルート図(PeX経由)

各ポイントサイト ⇒ Pex ⇒ nimocaポイント ⇒ ANAマイルへ交換。

nimocaポイントからANAマイルへは70%でマイルに交換が可能となります。

PeX経由だけではなくG-Point経由でもANAマイルへの交換が可能となっています。

「すぐたま」からなら交換回数は2回と大変少ない交換回数でANAマイルへ持っていくことが可能です。

nimocaルート図(G-Point経由)

 nimocaルートの交換率は70%

新ソラチカルートの交換率81%、東急(TOKYU)ルートの75%に対して70%と交換率は低下します。

したがって新ソラチカルートが閉鎖後は東急(TOKYU)ルートでANAマイルへ交換をオススメいたします。

あわせて読みたいTOKYU(東急)ルートの記事
ANA陸マイラーのマイル錬金術の「TOKYU(東急)ルート」に関しての記事になります。

nimocaルートで必要な「 ANA VISA nimocaカード」はANAカード一般の交通系ICカードとなっており年会費は発生しますが毎年更新で1,000マイルがもらえるので実質無料と言え発行しておいて損はありません。

nimocaルートは陸マイラー初心者の方には中継が少なく大変分かりやすいことはメリットと言えます。

70%交換率はJALマイルを貯める事を考えたら高い交換率でJALマイルを貯めるよりより多くのマイルを貯める事ができます。

nimocaルートの開通準備

nimocaルートを開通させる準備は交換ルート上流側から見てみましょう。

POINT

  1. ポイントサイトの登録
  2. Pexの登録
  3. G-Pointの登録
  4. ANAマイレージクラブの入会
  5. ANA VISA nimocaカードの発行

各項目を順を追って説明いたします。

1.ポイントサイトの登録

陸マイラーを始めるならポイントサイトを登録しなければ始まりません。

管理人がオススメするポイントサイトをご紹介しておきます。

ポイントサイトの仕組みに関しては下の記事で解説しています。

陸マイラーは複数登録して運用するのが定番です。

しかし初めてなら「モッピー」「すぐたま」「ハピタス」の3つからでオッケーです。

他のサイトは慣れてからで十分です。

どのサイトも登録も利用も無料で出来ますのでご安心ください。

登録作業には1サイトで約3~5分程度になります。

ご紹介させていただいたポイントサイトは管理人が実際に利用しているお勧めサイトです。

各バーナーをクリックして頂くと登録できます♪

モッピー

モッピー!お金がたまるポイントサイト

 すぐたま

すぐたま 期間限定 ここから登録で600mile(300円相当)GET!

ハピタス

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

 2.Pexの登録

各ポイントサイトからPex経由で「nimocaポイント」へ交換します。

登録は必須です。

Pexは純粋にポイントを「nimocaポイント」へ交換する為の中継サイトです。

pex.jp

3.G-Pointの登録

モッピーからnimocaルートに乗せる場合にはG-Pointの登録は必須です。

Pex経由より交換時間が断然短いので使い勝手が良いです。

下のバナーから登録が可能です。

↓ ↓ ↓

Gポイント

4.ANAマイレージクラブへ入会

ANAマイレージクラブに入会されて居ない場合にはマイルを貯める為に入会が必要になります。

もしご自身の周りにANA会員がいたら紹介をお願いしてください。

紹介で入会することでマイルがもらえます♪

ANA VISA nimocaカードを発行する前に紹介してもらって入会してください。

面倒であればお問い合わせ頂ければ管理人から喜んで紹介させていただきます♪

お気軽にお問い合わせください。(個人情報は不要です)

お友達にシェアしよう! | ANAマイレージクラブ

ANA紹介制度 マイ友プログラム

5.ANA VISA nimocaカードの発行

ninocaルートにANA VISA nimocaカードの発行なくして開通はしません。

ANA VISA nimocaカード

ポイントサイトで発行案件が出ている場合はポイントサイト経由で発行してください。

※ポイントサイトで「ANA VISA」で検索するとnimocaカード案件も出てきます

発行時にANAマイレージクラブに未入会の場合は発行前に紹介制度を利用して入会してから発行してください。

新ソラチカルートを上回るメリットがある

nimocaルートは70%の交換率で新ソラチカルートの81%、TOKYU(東急)ルートの75%を下回ります。

しかし交換率は低いですが交換上限はありません

これは他のルートに対してメリットがあると言えます。

新ソラチカルートの場合メトロポイント⇒ANAマイル(交換率90%)への交換は月に20,000メトロポイントと言う制限があり年間で240,000メトロポイントが上限となります。

従って新ソラチカルートで交換した場合に年間240,000×0.9で216,000マイル以上は貯める事が不可能となります。

これは1ポイント=1円と言うレートでポイントサイトでポイントを貯めた場合。

ポイントサイトで年間266,667ポイントを貯めれば良い事になります。

月にざっくり22,500ポイント程になりこれ以上貯まる場合はポイント渋滞が発生して来ます。

TOKYU(東急)ルートは「TOUKYUポイント」からANAマイルへの交換に交換条件はありませんがポイントサイトから「TOKYUポイント」までは「.money」を経由する為に月に10万ポイントと言う制限があるので実質的にはANAマイルへの交換はTOUKYUルートで交換した場合に年間1,200,000×0.75で900,000マイルが上限となります。(ポイントサイト経由分)

ポイントサイトで貯めるポイントが新ソラチカ&TOUKYUルート合計で1,466,667円相当以上を貯める場合にポイント渋滞が発生します。

そうなると交換率が下がっても貯めたポイントの全てをANAマイルに交換できるnimocaルートは逆に70%の交換率は大変高いと言えます。

とは言え年間で1,466,667円相当のポイントを貯められる方はそうそう居ませんのでメリットがある人は少ないと言えます。

nimocaルート最大の弱点

nimocaルートには他のルートには無い弱点があります。

nimocaポイントからANAマイルへ交換する時にネット経由では出来きません。

nimocaポイントをANAマイルへ交換する場合にはポイント交換機に赴き手続きする必要があります。

問題はポイント交換機の設置場所が九州(福岡・大分・熊本・宮崎・)と北海道(函館)にしか無い事です。

nimocaポイント交換機の設置場所>>

ポイント交換機が設置されていない地域に住んでない方にはハードルが高いと言わざるを得ません。

nimocaルートに比べて新ソラチカルートやTOKYU(東急)ルートはANAマイルへの交換がネット上で完結できる上にマイル交換率もマイル交換率も高くnimocaルートを積極的に選ぶ理由が無いと言えます。

ポイントをANAマイルにする為に九州か北海道へ旅行をする必要があると言うことでポイント交換機が設置されてない地域にお住いの方はnimocaルートを使う意味がありません。

nimocaポイントの有効期限はポイントが付いた翌年の12月末となります。

幸いANAマイルへの交換上限は無いので貯まったnimocaポイントをまとめて交換する事が出来ますので年一回程度の交換手続きで済みそうです。

羽田・伊丹を拠点にされている方はポイント交換機設置場所にANAが飛んでいます。

年に1回ほど特典旅行するのは有りかと思います。

5年で一巡できる計算ですね(^^;)

nimocaポイントをANAマイルに交換する手順

先日、実際にnimocaポイント交換機で実際にnimocaポイントをANAマイルへ交換して来ました。

想像していたより簡単にANAマイルへ交換が出来ました。

誰でも簡単に手続きが可能でnimocaポイント⇒ANAマイルへの交換時間も非常に短く利便性が良くnimocaルートは簡単で便利だなと思いました。

nimocaルートの交換方法はコチラの記事でまとめてあります。

ANA交換ルートは選ぶ時代になりました。

ANAマイル交換ルートは「新ソラチカ(LINE)ルート」「nimoca(ニモカ)ルート」「TOKYU(東急)ルート」の3つになりご自身のライフスタイルや考え方によって交換ルートを選択する時代に入ったと言えます。

新ソラチカルートがオススメの方は多少手間が掛かっても最高交換率81%でANAマイルへ交換したい方となります。

交換する箇所は多く複雑化していますが慣れてしまえば大して気になりませんし新ソラチカルートへ対応しているポイントサイトが多いのも魅力と言えます。

nimoca(ニモカ)ルートがオススメの方は九州(福岡・大分・熊本・宮崎・)と北海道(函館)にお住いの方や行かれる方で交換率が多少下がっても手間が掛けずに簡単にANAマイルへの交換がしたい方と多くのポイントサイトに登録し大量のポイントを得ている人となりますがTOUKYUルートの登場で積極的に選ぶ理由が無くなってしまいました。

nimocaポイントをANAマイルへ交換する時にポイント交換機で手続きを行う必要がありますが、ポイント交換機の設置場所が九州(福岡・大分・熊本・宮崎・)と北海道(函館)にしか無いのが最大のデメリットです。しかしANAマイルへの交換の手間が少なく交換上限が無く対応しているポイントサイトが多いのは魅力です。

TOUKYU(東急)ルートの登場により利用にメリットがある方はかなり減ったと言えます。

九州(福岡・大分・熊本・宮崎・)と北海道(函館)以外の方になると多くのポイントサイトに登録し大量のポイントを得ている人位いしか利用するメリットは無くなりました。

ソラチカや東急(TOKYU)ルートほど交換率が高くありませんが交換率70%は非常に高いと言えますし初心者の方が理解しやすい交換ルートとなっており「すぐたま」に至っては2回でANAマイルへ交換できることは魅力です。

さいごに・・・

利用価値がTOUKYUルートの登場により一気に下がってしまったnimocaルートではありますが準備はしておく事をオススメしています。

ANAマイルを貯める戦略に大きな変更はありません。

ポイントサイトを利用して貯めたポイントをANAマイルに交換するだけです。

交換ルートは改変と改悪の連続であり一寸先は闇の世界ですので新ソラチカルートは閉鎖されますしTOUKYUルートも使えない日がくるやもしれません。

現在、各ポイントサイトからANAマイルの交換率は使うルートによって変わりますが新ソラチカルートなら81%(間もなく閉鎖)、TOUKYUルートなら75%、nimocaルートなら70%となっておりどのルートも十分に高い交換率と言えます。

備えあれば患いなしで色々省いてしまうとnimocaルートの準備はnimocaカードを発行しておくだけですので気楽に考えて良いと言えます。

ANAマイルを大量に貯める方法についてはこちらの記事で解説しています。

マイルが有れば気軽に海外旅行へいけちゃいますので興味のある方は陸マイラー初めてみてはいかがでしょうか?

本日もお越し頂きありがとうございます!

ブログランキングに参加中です。

応援いただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 小遣いブログ ANAマイル・SFC修行へ
にほんブログ村


マイレージランキング

おすすめ記事

スポンサーリンク