ANA A380フライングホヌ ビジネスクラス発券
ANA A380フライングホヌ ビジネスクラス発券
スポンサーリンク

ANAフラグ・シップのエアバスA380フライング・ホヌでハワイ往復ビジネスクラスを陸マイラー活動で貯めたマイルを利用してお得に発券しました!今からフライトが楽しみです♪

ハワイの特典航空券は激戦で予約が取れない!と良くいわれますが特典予約できなくてもSKYコインって手が有るのはご存知ですか??

これも陸マイラー活動のお陰と言うことで、今回はマイルを使ってハワイビジネスクラス発券に至る経緯やどれほどマイルを消費したのかをご紹介したします。

ANAフラッグシップのエアバスA380フライング・ホヌとは?

A380-800はエアバスが開発した人類史上最大の超大型旅客機で今時珍しいエンジン4発機♪

キャビンは総2階建てとなっていてボーイング747シリーズを凌ぐ巨体が特徴。

燃費とか航空会社の戦略とか色々と4発機には逆風のご時勢であり生産停止が決まっていますが・・・

やはり大型飛行機の4発機はロマンがあります♪

ANAでは国内航空会社初となるA380をハワイ路線に3機投入予定となっており2019年5月24日から運行を開始!現在は2機体制で運航しておりANAとしてはバリバリの新鋭機となっています。

投入される全3機がハワイ路線専用機となっておりクラス構成はF(ファースト)・C(ビジネス)・PY(プレミアムエコノミー)・Y(エコノミー)の4クラス構成520席となります。

ANA A380 2019年5月24日から運行開始!

シンガポール航空のA380に乗りました。写真や文章では伝わりづらいのですが実際に機体を目にするとその大きさに驚きを隠せません。機会が有れば是非実機を見て乗ってみてほしい機材です。

離着陸時の挙動は大型機特有で優雅な感じがたまりません。

ANAでは巨体を上手に生かした特別塗装でデコレートします。

ハワイ路線専用機と言う事でウミガメをモチーフにした「フライング・ホヌ」として3種類のカラーリングを投入予定で現在は2機が運用中となっており、サンセットオレンジの投入も間もなくと言う状況。

ホヌとはハワイでウミガメを表すそうで直訳すると「空飛ぶウミガメ」と言う事になります♪

とても素敵(笑)

ANA A380 FLIYNG HONU

このカラーリングはA380の機体を上手に使った良いデザインだと思いませんか??

管理人的には笑顔が可愛いエメラルドグリーンが一押しです(笑)

スポンサーリンク

ハワイに行きたいと言うかA380フライング・ホヌに乗りたい(笑)

管理人は昔から飛行機に乗るのが好きでして、特にビジネスクラスのフライトともなれば旅の目的として十分と言う「乗り鉄」ならぬ「ノリヒコ」おじさんです。

従って今回もハワイに行きたいと言うこと以上に「ホヌ」りたいほうが上だったりします。(笑)

実は今年の8月にフライング・ホヌのファーストクラスでハワイに行く予定をしていました♪

発券時の模様は下の記事になります。

その時は憧れのA380でANAハワイ路線ファーストクラスに乗れる~!と、楽しみ過ぎて発券してから搭乗前日まで幸せな日々を過ごしました♪

余談ですが発券は早めにすると日々の生活が楽しくなるのでお勧めです(笑)

しかし、搭乗前日にまさかの事態でまさかのフライング・ホヌをドタキャン(^^;)

その時の模様は下の記事でご紹介しています。

上の記事でも言ってますがハワイにリベンジしようとハワイ路線の発券のチャンスをうかがいますが、流石に特典航空券でファーストクラスやビジネスは競争激しく、空席待ちは入れられるものの落ちてくる様子はありません。直前に落ちてきそうな気はしてるんですけどねぇ(^^;)

結局、管理人のハワイに行きたい!「ホヌ」りたい!気持ちの我慢限界を超えてしまい特典航空券を諦め有償発券に方針変更することにしました(笑)

有償発券とは言えマイル→スカイコインと言うことで発券にコストは掛かっておりません♪

マイルの使い方としては勿体無いんですが、マイルもお金同様にインフレが進むので使える時に使う方が幸せになれると考えポチっとしました!ANAさんのご厚意で特典ファースト発券時のマイルも戻ったことも大きいです。

スポンサーリンク

2020年春のANAハワイ往復ビジネスクラスの費用とは?

今回のハワイ往復ビジネスクラスは2020年5月のゴールデンウィーク明けのハワイ路線としては安い時期を狙ったおかげでハワイ往復ビジネスクラスとしては割とリーズナブル♪

夫婦2名 成田空港⇒ハワイ(ホノルル)ビジネスクラスの運賃をご確認ください。

ANAハワイ往復ビジネスクラス費用(夫婦2名)

ANAハワイ往復ビジネスクラス費用(夫婦2名)

航空運賃自体はビジネスクラス往復で一人ピッタリ200,000円となっており諸費用22,800円で一人当たり222,800円、夫婦合計で445,760円となります。

管理人と同じ5月でも、GW中なら一人500,000円以上となっており夫婦なら1,000,000円以上ですの1/2以下となります。やはり、旅行はお休みがとれる環境なら閑散期を狙えば、かなりお金の節約になりますよねぇ。

旅行業界全般に言えますが繁忙期ほど価格が高いのにサービスが悪くなり、閑散期ほど安いのにサービスが良くなると言う、価格とサービス&快適度が反比例する不思議(^^;)

A380フライング・ホヌ ビジネスクラスは下の記事でご紹介しています。

スポンサーリンク

マイルからSKYコインに交換しました!

格安とは言え流石にビジネスクラスで夫婦2名で450,000弱をポンっと払える能力は管理人にはありません(笑)

当然ですが現金出動するにはハードルが高いです。しかし管理人にはマイルが有ります♪

本来ならハワイ往復ビジネスなら特典航空券で発券がベストですが競争率が激しく発券が出来ません。

そこで今回は別の手段を使い現金出動すること無く発券することにしました。

ANAで貯めたマイルの使い道は数々ありますが最もお得な使い道は特典航空券(運賃無料で諸費用は必要)となります。

しかし、ハワイのビジネスクラスともなれば競争率が激しく各種テックニックを駆使してやっと発券できるプラチナチケットと言えます。しかしマイルをANAで利用できる電子マネー的なSKYコインに交換すれば普通に有償発券ですので空席がある限り発券が可能となります。

SKYコインは1SKYコイン=1円として利用可能で10SKYコイン単位でANA航空券や旅行商品の支払いに充てることが可能となっています。ANA SKYコイン(公式)>>

マイルからSKYコインへの交換方法に関しては下の記事で解説しています。

管理人はANAステータス持ちなので1マイルは最大1.7倍でSKYコインに交換ができます。

今回のハワイビジネスクラス往復2名分の運賃と諸費用を合わせた合計金額が445,760円となります。

従いまして、すべてマイルで賄うには445,760÷1.7=262,212マイルあれば良いことになります。

そこで今回は270,000マイルを一気にSKYコインに交換して航空券代を捻出しました!

ワイルドだろぅ~♪(古いか?w)

マイルからSKYコイン交換明細

マイルからSKYコイン交換明細

マイル⇒SKYコイン⇒ハワイ往復ビジネスクラス航空券と言う、わらしべ長者的な発券が出来ました♪

下の領収書で確認できますが現金出動はなく全額SKYコインで支払いが完了していることが分かります。

ANAハワイ往復ビジネスクラス領収書

ANAハワイ往復ビジネスクラス領収書

SKYコインとクレカ等の併用もできますのでSKYコインの利用方法を覚えるとお得に飛行機に乗ることができますね!

SKYコインのメリットとして燃油サーチャージや施設利用や税金もSKYコインで賄えるので本当に1円も現金出動無く発券できることと券種としては有償発券扱いなのでマイルも貯まりますしプレミアムポイントも貯めることが出来ます。

SFC修行される方ならSKYコイン発券は必須の発券方法と言えます。

マイル単価を計算してみた!

今回の発券の実質マイル単価を計算してみました。

Steve BuissinneによるPixabayからの画像

今回マイルは1.7倍でSKYコインに交換してるから1マイル=1.7円じゃないの?と思った方もいらっしゃるとおもいますが実際にはフライトでマイルが貯まりますので実はマイル単価は変わってくるんです。

今回のハワイ往復で得られるマイルは管理人が22,026マイルで奥さんが19,632マイルとなり夫婦合計41,658マイルと言うことになります。同じ予約クラスなのに積算マイル数が夫婦で異なるのはステータスの違いによります。

それでは計算してみましょう!

発券費用の運賃部分は400,000円(後ほど特典航空券での発券と比べる為)ですので必要マイル数は400,000÷1.7=235,295マイルとなります。

そこからフライトで貯まるマイルを引くと235,295-41,568=193,726マイルとなり、400,000円を実質193,726マイルで発券したことになりハワイ往復ビジネスクラスのマイル単価は400,000÷193,726=2.06円となります。

仮に同じ日程の特典航空券を発券した時に必要なマイル数が夫婦合計130,000マイルとなっておりマイル単価は3.07円(安!w)ですのでマイル単価は、ザックリ1円違いと言うことになります。

今回の旅程ではマイルで特典航空券を発券した場合とSKYコインで発券した場合で比較すると、消費マイル数は63,726マイルほど余計に消費していますが時期が良かったため、予想より差が少ないと感じました。

繁忙期(ハイシーズン)ならもっと差が出るのは確実で、SKYコインを利用するなら閑散期(ローシーズン)がベストと言えます。

ファーストクラスも諦めないぞぉ~(笑)

管理人が元々発券していたハワイ便はファーストクラスでしたが今回はビジネスクラスです。ビジネスクラスでも十分快適で、既A380のファーストクラスに乗った方も異口同音にハワイならビジネスで十分と言われていますが・・・やっぱり一度はファーストクラスも堪能したい!!!(笑)

フライト詳細をみるとわかるのですが往路は夜出発の朝着ですが復路は昼間発の便なんです。帰国便の方がフルサービスを受けられそうです( ̄ー ̄)ニヤリ

往路はハワイに行ける高揚感でルンルン気分間違いないですしホヌのビジネスを堪能できるだけでも十分幸せになれます!しかし帰国する時はハワイを去る寂しさや明日から社会復帰かぁとか考えそうなので最後まで旅行を楽しみ尽くすためにフルサービスが期待できる帰国便だけファーストクラスへアップグレードの空席待ちリクエストを入れちゃいまいた!!

ANAハワイ往復 予約詳細

ANAハワイ往復 予約詳細

実は管理人、マイルを使ったファーストクラスは成功体験があるんです♪詳しくは下の記事でご紹介しています。

人間、一度経験しちゃうと、もしかしたら「あの奇跡が再び!」と考えてしまうものでして、柳の下の二匹目のどじょうを狙っているのかもしれません(笑)

夫婦二人でビジネスからファーストクラスが落ちて来たら、アップグレードポイントなら32ポイント、マイルなら70,000マイルが必要となります。日本発でアップグレードポイントが使える運賃を有償発券することはほとんど無いチャンスなので期待して待ってみます♪

さいごに・・・

今回はハワイ往復ビジネスクラスをSKYコインで発券するに至った経緯とSKYコイン発券を考察してみましたがいかがでしたでしょうか?

A380の巨体をすべて売るのは至難の業ではないか?と考え特典航空券が発券しやすくなるんじゃないか?と淡い期待を抱いておりましたがセールも好調で特典航空券は相変わらず激戦が繰り広げられております(T_T)

3号機が導入され新鋭機効果が薄れてくるまでは管理人が予想した状況にはなりそうになく、それまでハワイを我慢できそうにないためSKYコインで発券をしちゃいまいた(笑)

特典航空券での発券では燃油サーチャージやら諸費用はマイルで支払いができませんがSKYコインなら全部払えるメリットがあり、マイル単価は悪くなるものの現金出動が無くなりました!

2020年には会計基準が変わりマイルをどう処理するか変わりますし、いずれハワイ路線に関しては特典航空券が取りやすくなるとの予想は変わらないのですが少し先の話になりそうです。

それまでは陸マイラー活動でしっかりとマイルを貯めておきたいと思います。

 

本日もお越しいただきありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。

応援していただける方は下のバナーをクリックいただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村


飛行機ランキング

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

おすすめ記事

スポンサーリンク