ANAマイラーなら必須のソラチカカードとは?発行方法も詳しく解説。

2019-10-09

陸マイラーの中でANAマイラーに欠かせないのがソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)です。

ANAマイルを飛行機に乗らずに大量に貯める為に発行が必須となっています。

今回はANAマイラーをご検討中の方にソラチカカードについて詳しく解説していきます。

ANA機

ソラチカカードとは?

「東京の地下には、空がある。」

ソラチカカードのキャッチコピーです。

ソラチカカードとは正式名称「ANA To Me CARD PASMO JCB」と言うクレジットカードです。

東京メトロが発行している「To Me CARD」の一つです。

航空会社ANA(空)のANA CARDと東京メトロ(地下)が提携し一つになった事から通称ソラチカカードと言われます。

東京メトロが発行する「To Me CARD」ですのでメトロポイントを利用できるクレジットカードとなります。

【重要】メトロポイントはANAマイルへ交換率90%で交換が可能となっておりこのメトロポイント⇒ANAマイルへの交換を利用するのがANAマイラーです。

 

ソラチカカード キャッチコピー
スポンサーリンク

ソラチカカードの基本情報

ANA To Me CARD PASMO JCBのカード基本情報を確認してみましょう。

年会費が2,000円掛かりますが毎年継続時に1,000マイル貰えますので実質無料と言えます。

年会費初年度は無料ですが2年目より2,000円(税別)
家族会員1,000円(税別)
申し込み対象高校生を除く18歳以上で安定継続収入が有る方か学生

家族会員は高校生を除く生計を同一とする配偶者・親・子供

旅行傷害保険海外旅行 最高1,000万円
ショッピングガード保険海外 最高100万円
国内航空券傷害保険最高1,000万円
追加可能なカードETC(年会費無料)・QUICPay・家族カード
Apple Pay対応
Apple Payに対応
スポンサーリンク

 唯一無二のANAマイル交換率を誇るソラチカカード

新ソラチカ(LINE)ルートで飛行機に乗らずにマイルを得てお得に飛行機に乗るのがANAマイラーです。

その新ソラチカルートを支えるのがソラチカカードです。

ANAマイル大量獲得メソッド名(ソラチカルート)になるほどソラチカカードはこのANAマイル獲得メソッドに欠かせない必携のクレジットカードです。

その理由は他の追従を許さない圧倒的なANAマイルへの交換率の高さにあります。

ソラチカカードの機能の中でメトロポイント⇒ANAマイル交換率90%で交換が可能と言う部分です。

これは1メトロポイント(1円相当)=0.9ANAマイルとして交換が出来ると言う事になります。

これはソラチカカードだけが許された唯一無二の機能でANAマイルへ交換出来る全てのポイントの中で最高交換率となります。

ANAマイルへの交換レートとしてソラチカカード以外には存在しません。

2017年12月に登場したnimocaカードは交換率が高いと大変注目されていますがANAマイルへの交換率は70%になります。

2019年に開通したTOKYU(東急)ルートではANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカードのANAマイル交換率も高いのですが75%となります。

汎用性が高いT-Pointや楽天スーパーポイントからANAマイルへの交換率は50%となり2ポイント(2円相当)=ANA 1マイルとなってしまいます。

ソラチカカードとの交換率の差は実に40%にもなります。

仮に10,000ポイント(10,000円相当)をANAマイルに交換した場合で考えるとソラチカ利用なら9,000マイルになります。

ところがT-Point&楽天ポイントでは5,000マイルとなり実に1.8倍もの差になる事になります。

交換イメージ
スポンサーリンク

新ソラチカルートとは?

主に陸マイラーのなかでANAマイラーがソラチカカードを利用してANAマイル獲得方法の呼び名です。

別名LINEルートとも呼ばれたりもします。

ソラチカカードの唯一無二の機能であるメトロポイントからANAマイルへの交換率90%を利用する事で飛行機に乗らずにANAマイルを貯めるメソッドになります。

その為にはメトロポイントを貯めなければなりませんがメトロポイントを貯めようとしてもなかなか貯まりません。

そこで各種ポイントを効率よくメトロポイントへ交換する事でメトロポイントを集め最終的にANAマイルへと交換する事でANAマイルを得ています。

色々なポイントをメトロポイントへ交換していきますが現在メトロポイントへの交換が可能で高交換率を維持しているのが「LINEポイント」になります。

LINEポイント⇒メトロポイントの交換率はメトロポイント⇒ANAマイルと同じく交換率90%となります。

2018年の3月までは交換率100%となっていましたが余りにも人気が出てしまい交換率100%のルートは全て塞がれてしまいました。

LINEポイントへの交換は等価交換が可能なポイントが多く存在しますので現在では1ポイント(1円相当)は90%×90%で81%となり0.81ANAマイルへと交換が可能となっています。

新ソラチカルート

 

ソラチカルートについて詳しくは下の記事でご紹介しています。

スポンサーリンク

ソラチカカードをお得に発行する方法

ソラチカカードをお得に発行するにはちょっと技を使います。

直接JCBサイトへ行ってソラチカカードを発行するのは大変もったいないです。

少し手間を掛けるだけで2,500~5,000マイルも多く貰えます。

1マイルの価値は使い方で2円~15円程度の価値が有りますので5,000マイルも違うと相当な差になります。

マイ友プログラムの利用

ANAカードを発行する場合に知り合いから紹介してもらいましょう!

ご自身でサイトから直接申し込みされるよりお得に発行が出来ます。

ANAが実施している「マイ友プログラム」と言うプログラムでソラチカカードを発行した場合500マイルを獲得できます。

ANA紹介制度 マイ友プログラム

www.ana.co.jp

紹介できる方は「ANAプリペイドカード」「ANAマイレージクラブFinacial Pass VISAデビットカード」「ANAカード」を所有している方なら誰でも紹介が可能です。

ご自身の周りにANAカードホルダーの方がいらっしゃれば是非、紹介をお願いしてください。

もし身近にANAカードをお持ちの方がいらっしゃらなければ管理人からもご紹介できますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

個人情報等は開示して頂かなくても紹介可能ですのでご安心下さい。

マイ友プログラム登録後に直ぐにカード発行を薦めてきますが発行しないで画面を閉じてオッケーです。

※マイ友プログラムはANAカードを初めて発行される方限定の特典ですソラチカカードの発行で500マイルが得られますがゴールドカードなら2,000マイルが得られますのでANAゴールドカードの発行をご検討中なら先にゴールドカードから発行する事をオススメいたします。

ANAカードの発行に関しては下の記事も参考にして頂きご検討ください。

ポイントサイト経由でソラチカカードを発行する。

現在、各ポイントサイトでソラチカカードの発行案件が出ています。

サイトによって獲得金額が変りますが3,000円~6,000円程度が相場になっています。

当ブログでオススメしているポイントサイトをご紹介しておきます。

初心者の方なら下の3つのポイントサイトで発行案件が有ればラッキーです。

初心者の方が利用しやすいサイトを厳選しています。

各バナーから登録してみてください♪

登録が完了したら各ポイントサイトの検索窓に「ANA JCB」と入力してソラチカカード発行案件を探してみてください。

見つかればそこからJCBのサイトへ遷移しますので発行するのはソラチカカードなので券面を良く確認して発行手続きを進めてください。

たったそれだけで3,000円~7,500円相当のポイントを得られます。

【重要】先にマイ友プログラムの登録をお忘れ無き様ご注意ください。

モッピー

ポイントサイト業界最大手で現在陸マイラー界隈で最強といわれるポイントサイトです。

紹介キャンペーンを実施中で最大1,300ポイント(1,300円相当)貰えます。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

PointTown

コチラも陸マイラー人気のポイントサイトで大変ポイントが貯めやすいサイトです。

ANAマイルへ交換する手間が最も掛からないので初心者の方にオススメです♪

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

すぐたま

陸マイラー人気急上昇中の注目のポイントサイトです。

つい最近、ソラチカルートに対応し陸マイラー重視の姿勢がつよくクレジットカード案件に強くソラチカカード案件も最近は1位を獲得しています。

すぐたま 期間限定 ここから登録で600mile(300円相当)GET!

どのポイントサイトも登録・利用は無料で管理人が実際に利用できるポイントサイトです。

入会キャンペーンを利用する

各種キャンペーンを忘れずに利用する。

クレジットカードの入会キャンペーンをクリアするかどうかで獲得出来るANAマイルに大きな差が出ます。

発行する時にどんなキャンペーンが実施中か確認が必要です。

キャンペーンによっては発行後にエントリー(登録)が必要なキャンペーンもありますので忘れないようにご注意ください。

キャンペーンは各ポジションで別々に実施されている事が多く「ANA」「東京メトロ」「JCB」の各サイトで情報のチェックをオススメします。

ANA JCBキャンペーン

現在実施中の各種キャンペーンは下の記事で解説しています。

スポンサーリンク

ソラチカカードを利用したANAマイル獲得方法

ANAマイラーがソラチカカードを利用してマイルを獲得する方法の肝はポイントサイトの利用です。

ポイントサイトで貯めたポイントを効率良くANAマイルへ交換していきます。

その最終交換先でソラチカカードが必要になると言う事です。

ごく簡単に概略を説明します。

POINT

  1. ポイントサイトを利用してポイントを貯めます。
  2. 貯めたポイントを効率良いルートでポイントを交換します。
  3. 交換したポイントをメトロポイントへ集めます
  4. 集めたメトロポイントをソラチカカードでANAマイルへ交換。

2番の効率良いルートの部分がポイントサイトによって交換ルートが変わります。

詳しくはコチラの記事で解説しています>>

参考にポイントタウンの交換ルートをご紹介いたします。

現在、最もシンプルな交換ルートです。

ポイントタウン 新ソラチカルート

ANAマイラーをするならソラチカカードの発行は必須です。

これまで説明してきたとおりANAマイラーなら最優先で発行すべきクレジットカードがソラチカカードです。

ソラチカカードが無ければ新ソラチカルートは利用出来ないことになってしまいます。

陸マイラーを始めると高額クレジットカード案件をこなしていきます。

万が一、多重発行によりソラチカカード発行時に審査落ちなんて事態になったらソラチカカードを発行できない可能性が出て来ます。

ANA陸マイラーを実践するにはソラチカカードは必須ですので最優先で発行するべきクレジットカードになります。

ソラチカカードの弱点

ANAマイラーなら必須のソラチカカードですが弱点が無いわけではありません。

まず、年会費が2,000円(税抜き)掛かる事です。

ソラチカカードを継続する事でボーナスマイルが1,000マイル得られるので実質無料と言えますが年会費が必要なカードなので維持費が掛かります。

そして年会費以上の弱点がANAマイルへの交換上限が設定されている事です。

ポイントサイトを利用したANAマイル獲得方法ではどんどんポイントが貯まる事になります。

メトロポイント⇒ANAマイルへ無制限に交換できてしまうとメトロ側の損失が大きくなってしまいます。

(2018年3月にメトロポイントへの等価交換ができなくなった原因も同じ理由と推測できます)

そこでメトロポイント⇒ANAマイルへの交換には条件が付けられていています。

ANAマイルへの交換条件

  1. 月に1回までしか交換申請は出来ません。
  2. 交換申請が出来るのは1回につき20,000メトロポイントまで

従いましてメトロポイントからANAマイルへの交換は月に20,000ポイントすなわちANA18,000マイルまでと言う事になります。

年換算では18,000マイル×12ヶ月となりANA216,000マイルと言うのが新ソラチカルートで貯められる限界ということになっています。

月に20,000メトロポイントが上限となっていますので逆算するとLINEポイントへのポイント交換数が22,223ポイント以上はメトロポイント経由では交換できません。

ポイントサイトで22,223ポイントが貯まる場合は次点でTOKYU(東急)ルート(交換率75%)になりますが利用出来ない場合はT-Pointや楽天ポイント(交換率50%)へ流していく事になってしまいます。

次にカード利用でのマイル還元率の悪い事があげられます。

ソラチカカードでカード決済するとJCBのOki Dokiポイントが貯まります。

JCBのOki DokiポイントはANAマイルへの交換が可能なので5マイルコースなら無料で交換が可能となっていますが交換レートを上げて10マイルコースにする場合は年間5,000円のANAマイル移行手数料が掛かってしまいます。

クレジットカード決済でのマイル還元率が悪い事になっていますのでメインの決済カードとして利用しづらくソラチカカードとは別でメインカードを準備する必要があります。

ANAマイラーの多くがソラチカカード+メイン決済カードと言う2枚持ちになる理由がこの弱点によるものです。

従ってANAゴールドやプレミアムカードをメインの決済カードとして検討中の方は先にANAゴールドカードを発行する事でマイ友プログラムで得られるマイルを増やす必要があります。

メイン決済カードがANAカードで無いならソラチカカードでマイ友プログラムを利用してください。

※【注意】来年の4月以降はソラチカカードをメイン決済カードとして利用できる可能性が出て来ています。来年4月以降にスタートするリボ払いの新サービス「スマリボ」を利用する事でマイル還元率が大幅にアップする可能性があります。

POINTANAカード以上にマイルがためられるSPGアメックスカードをメインカードにオススメします。

ANAゴールド・カードをメインカードにしても言いのですがANAマイル1.25%でANAゴールドカード以上にマイルが貯められるのがSPGアメックスです。しかもマイル交換先はANAだけではなくJALも可能でなんと交換先航空会社は40社以上の陸マイラー御用達のクレジットカードです。

 さいごに・・・

ソラチカカードを発行したらANAマイラーのスタート準備は整ったようなものです。

後はポイントサイトの登録&利用・中継サイト登録・LINEアプリ導入でANAマイルが貯められます。

ANA陸マイラーの始め方は記事で紹介しています。

実際にポイントサイトを利用してポイントを貯めてソラチカカードを利用してANAマイルへ交換されるまで最初は4ヶ月程の時間が必要になります。

新ソラチカルートが回りだせば後は毎月18,000マイルが貯まり出しますのでそれまでANAマイルを貯まる事を楽しみにしてください。

実際に管理人は貯まったマイルで海外への航空券を発券する事が出来ました♪

最後になりますがメイン決済カードとしては利用はしない事になると思いますが月に1,000円でも良いので必ずカード利用をお願いいたします。

カード利用するユーザーが居ることで新ソラチカルートが支えられています。

死蔵させるユーザーばかりになってしまうと更なる改悪に繋がる可能性がございます。

ブログランキングに参加中です。

応援いただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 小遣いブログ ANAマイル・SFC修行へ
にほんブログ村


マイレージランキング

おすすめ記事