ANA国際線エコノミー 一部座席指定有料化
スポンサーリンク

ANAは2019年5月29日以降の新規購入の(※8月19日以降搭乗分より)ANA国際線全路線で一部予約クラスを対象にエコノミークラスの一部座席の事前指定の有料化を発表しました。

ANA機(千歳空港)

ここでANA上級会員であるプラチナステータス会員とSFC会員の扱いが同一では無くなる事が判明しました。これはプラチナ会員とSFC会員の差別化の始まりと考えられます。

そこで今回はANA国際線エコノミークラスの有料化とプラチナ会員とSFC会員の扱いの違いに関して考察してみました。

スポンサーリンク

ANA国際線エコノミークラス座席指定の有料化スタート

ANAは2019年4月17日のプレスリリースでANA国際線エコノミークラスの事前座席指定において一部座席指定を有料化することを発表しました。

ANAプレスリリースはコチラ>>

2019年5月29日以降の購入分(※8月19日以降搭乗分)から一部予約クラスでエコノミークラスの一部座席の事前座席指定の際にキャビン前方の通路・窓側やバルクヘッド・非常口席を指定する場合には航空券とは別で追加料金が発生することになりました。

ダイヤモンド会員とプラチナ会員は予約クラスに関係なく今まで通り座席指定しても追加料金は発生しないことになっていますがSFC会員は有償化対象予約クラスの場合は料金が発生します。

基本的に有料化されるのは人気の高い座席となっており数年前より海外キャリアでは導入がすすんで来ておりLCCでは当たり前の制度ですが今回のANAの有料化は先行する海外キャリアに比べればまだ緩い方だと言えます。

ANA的には人気の有る座席をマネタイズすることで新たな収益源を得る事になりますが利用者からすると今まで無料で座席指定していた場所に追加料金が発生する事になり痛い制度変更となります。

とくに国内ライバルのJALで導入されてないために競争力の低下の恐れもありますがANAの状況によっては逆にJALが追従する可能性が高く今後の流れに注目しています。

スポンサーリンク

座席指定が有料化される予約クラス

今回の事前座席指定が有料化されるのは予約クラスが安いクラスが対象となっています。

ANA座席指定有料化対象予約クラス

今回の対象は予約クラスV/W/S/L/KとなっておりValueの一部予約クラスとSuper Valueとなっていますが今後は海外勢のように全ての予約クラスへ拡大される可能性が高いと感じます。

スポンサーリンク

有料化される座席指定の一例

有料化される座席は人気が高い座席となり人気の度合いや快適度によって追加料金も変ります。

有料化される座席例

赤い部分は非常口席となっており足元が広くエコノミーでは快適度が大変高い座席です。

黄色い部分は窓側と通路側となっていて左右を人に挟まれることが無い場所で外の景色が楽しめる窓側かトイレに行きやすい通路側で前方キャビンなので着陸後にイミグレに行くにも早い前方キャビンとなっています。

座席指定の追加料金

座席指定する場合の追加料金は非常口席で路線により4,500円~5,500円、非常口席以外の黄色い部分が1,500円~2,500円となっています。

座席指定追加料金

この追加料金をどう捉えるかは個人個人で大きく異なると思います。

高いと感じる方、安いと感じる方、両方の感想が出るのではないでしょうか?

個人的には格安の予約クラスで非常口席やバルクヘッド通路側を今の金額設定で抑えられるなら積極的に追加料金を支払う価値が有ると感じます。

ANA非常口席の一例

これまではステータスが無い方はバルクヘッドの座席指定をすることは不可能だったので有料化により利用頻度が少ない乗客にとっては格安な運賃で追加料金を支払って快適に飛行機に乗れるようになったと言えます。

有償が優先か?ステータスが優先か?

今回のプレスリリースでは実際の運用に関しては発表されておらず少なからず疑問があります。

有料化の例にある787系では座席配列は3-3-3アブレストですが767系では2-3-2アブレストとなっていますが中央列以外は全て有料化されるんでしょうか??

ANAエコノミークラス

 

上記以外にも気になる事はありますが管理人が最も気になるのが座席指定の優先順位です。

前方キャビンの窓側や通路側は全ての乗客が指定可能でしたが非常口席やバルクヘッド席を指定できたのはダイヤモンド・プラチナ・SFCと言った上級会員だけの優遇措置でした。

今回の有償化でステータスが無い乗客でもお金さえ払えば非常口席やバルクヘッドの座席指定が可能となりました。

では、上級会員と有償座席指定した乗客ではどちらが優先されるのでしょうか??

開放枠が一緒でダイヤモンドもプラチナも有償座席指定も空席次第となったら「ダイヤモンド」「プラチナ」会員のベネフィットは少なくなります。

海外キャリアではその辺りは容赦が無く予約クラスやステータスに関係なくバルクヘッドや非常口席は有償指定が優先されている事が多くANAのように中途半端に無償で指定できないので明快ですがANA的には今回は様子見的な部分も多分にある(と予想しています)ため、予約クラスやステータス、座席場所等の条件が複雑に絡み合う事になっており、実際の運用方法に関しては今後が注目されます。

プラチナ会員とSFC会員の差別化が始まった

今回の国際線座席指定有償化の中で注目すべき点がSFC会員の扱いと言えます。

今回の国際線エコノミークラスの一部座席指定の有料化ではプレミアム会員の「ダイヤモンド」「プラチナ」は有料化の対象外となっておりどの予約クラスでも座席指定で追加料金が発生する事はありませんが「SFC」会員は有償化の対象となっています。

元々「プラチナ」≒「SFC」と言う状況でしたので「SFC」が有償化対象と言うのはANAのSFC会員への基本姿勢の大きな転換点になったと言えます。

ANAのプレミアム会員システムは「ダイヤモンド」「プラチナ」「ブロンズ」「SFC」と「ミリオンマイラー」となっています。

とくにSFC会員は毎年飛行機に乗らなくても「プラチナ」同等のサービスが受けられるために「飛行機修行」してでも手に入れたい資格として近年大きな脚光を浴びて来ました。

特にSFCは家族全員に恩恵があるためSFC会員が増える一因となっています。

SFC会員やSFC家族会員は実際に飛行機に乗らずにプレミアムメンバーサービスの数々を受けることが可能で大変お得な状況ですが「ダイヤモンド」「プラチナ」メンバーは実際に飛行機に乗らなければ得られない資格だけに飛行機に乗らないでも維持できるSFC会員との差別化を望む声はダイヤ&プラチナステータスホルダーからも声が上がっていました。

増えたSFC会員の現状からANAが明確にSFCよりプラチナを優遇する方針が明確になってきており、プラチナとSFCの差別化を実施した初めての制度変更となりました。

さいごに・・・

今回はANA国際線エコノミークラスの一部座席指定有料化の件を考えてみました。

LCCのビジネスモデルでは快適な状況を作る全てをマネタイズしています。そのビジネスモデルはFSC(フルサービスキャリア)でも一部導入されはじめる流れになっていますが本来なら運賃を安くするための手段として導入されて欲しいと感じます。

今回のようなケースは単純に値上げとも言えるだけにANAには運賃の値下げを実施して欲しいところですが無理なお願いでしょうね、、、

更にプラチナ会員とSFC会員の差別化をしていく方向をANAが明確に示したとも言える制度の導入となり今後しばらくはSFC会員にとって受難の時が来る様な気がいたします。

しかし、日本の高齢化の波と人口減少のなかでどこまでANAがプラチナ会員とSFC会員を差別化するかは非常に微妙と言えます。差をつけ過ぎると顧客の囲い込み戦略の「SFC」なのに顧客囲い込めなくなると言うより嫌気がさして流出する事態になるからです。

ANAは各種指標でJAL抜いてきましたが完全復活したJALは各所で攻勢を強めており上級会員資格にも力を入れている状況となっており、ANAがどこまで強気な姿勢を続けるかによっては一気に顧客をJALに奪われてもおかしくありません。

そんな状況ですのでまだまだ「SFC会員」がお得な状況が続くと予想していますが今よりはお得度はさがるとも予想しています。

みなさんは今回の座席指定の一部有料化をどう思われるでしょうか??

エコノミーで飛ぶなら座席指定を有効に使いたいですね!

本日もお越しいただきありがとうございます。

ブログランキングへ参加中。

応援いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 小遣いブログ ANAマイル・SFC修行へ
にほんブログ村


マイレージランキング

おすすめ記事

管理人は実際に陸マイラー活動で貯めたマイルで色々楽しんでます。

スポンサーリンク