【ANA】ANAカード複数発行している場合のメインカードの正解とは?メインカードの登録方法も紹介します。

ANAメイン番号

ANA陸マイラーを始めると増えるのがANAカードやAMC(ANAマイレージクラブ)のお客様番号です。

複数のAMC番号を持つ場合、ANAマイル口座を統合してまとめますが、メインカード(AMCお客様番号)を設定する必要があります。

メインカードは何を選べば正解でしょうか?

仮にメインカードの選択を間違えていても簡単に変更可能ですので変更手続きについてもご紹介します。

AMC(ANAマイレージクラブ)番号のマイル口座の統合は必須!

はじめにAMC番号を複数持っている方は必ずマイル口座の統合をする必要があります。

詳しくは下の記事でご紹介していますので参考にマイル口座を統合しておきましょう!

マイルは貯めた数を大きくすることで使い勝手が向上し、有効に利用出来るようになります。

ANAカードを複数持って使い分けてもマイル口座が統合されていれば、どのカードを利用してもマイルが1つの口座の様に扱えるようになります。

スポンサーリンク

AMC番号はメイン(親)とサブ(子)番号に分けられる

複数のANAカードやAMCカードを持つと必然的にAMCお客様番号も複数ある状態になります。

各種ANAカード
各種ANAカード

AMCお客様番号はマイル口座番号を統合した時に一つのマイル口座に統合されることになります。

この時に統合元として指定したAMCお客様番号がメイン(親)番号となり、他のAMC番号はサブ(子)となります。

メイン(親)番号とサブ(子)番号では出来る事と出来ない事が有るのでメインカード(親)の設定は重要と言えます。

メイン(親)番号でのみ出来る事
  1. 特典航空券の申し込み(一部を除く)
  2. 特典利用者登録
  3. 国際線予約(確認・変更なども含む)
  4. 海外ツアー予約
  5. アップグレードポイントの減算
スポンサーリンク

メインカード(AMC番号)はどれが正解?

メインとサブで使える機能が変わります。

では、どのANAカードのAMCお客様番号を設定するのが正解でしょうか?

基本的にANAカード毎の機能はメインもサブも関係なく各種特典やカード利用でマイルが貯められますのでお持ちのANAカードのキャンペーンや機能で使い分けてマイルを貯めて行けばオッケーです。

しかしANAのウェブサイトの利用したり、ANAの航空券を購入したりツアーを申し込む場合はメインとサブで出来る事が異なってたり、予約状況が確認できない等が発生してきます。

そして登録したメインカード(AMC番号)でANA航空券等を購入するのでマイル積算やカード特典(旅行保険等)が変わります。

従ってメインカード(AMC番号)は保有しているANAカードで最もグレードが高いANAカードを設定するのが正解です。

同グレードのANAカードが複数保有する場合はマイル積算率の高いANAカードに設定するのがセオリーです。(ANA航空券の購入をANAカードで決済することでボーナスマイルが得られますが国際ブランドによってマイル数が異なります)

メインカードで航空券やツアー予約をしていく事になるのでマイル積算率でメインカードを選択する事になります。

特殊なのがSFCカードを保有している場合です。

SFCをお持ちの場合、航空券の購入時だけでは無く搭乗マイルでも差が出てくるのでSFCカードを親番号にします。

航空券を購入する時だけ決済画面でANAマイル還元率の高いカードで決済すると言う手順を踏む必要があります。

従って国内線の場合はSkipサービスが使えなくなるのでスマホで2次元バーコードを使うかカウンターで搭乗券を発行してもらう必要が出て来ます。

SFCを発行していない場合はANAマイレージクラブ<ANA一般カード<ANAワイドカード<ANAゴールドカード<ANAプレミアムカードとなります。

ANAカード種類 国際ブランド ANA航空券購入時のマイル
ANA一般カード (JCB/VISA/Master) 100円=1.5マイル
ANA交通系IC一体カード (JCB/VISA/Master) 100円=1.5マイル
ANA一般カード アメックス 100円=2.5マイル
ANAワイドカード (JCB/VISA/Master) 100円=1.5マイル
ANAゴールドカード (JCB/VISA/Master/ダイナース) 100円=2.0マイル
ANAゴールドカード アメックス 100円=3.0マイル
ANAプレミアムカード JCB 100円=3.0マイル
ANAプレミアムカード VISA 100円=3.5マイル
ANAプレミアムカード (アメックス/ダイナース) 100円=4.5マイル
スポンサーリンク

メインカード(AMCお客様番号)の設定

通常、メイン(親)番号は新しくAMC番号が付与された時に自動でメインカード(AMC番号)に設定されます。

ANA窓の外の景色
ANA窓の外の景色

従ってメインで使いたいカードの後に新たにANAカードを発行すると、意図しないメインカード(AMC番号)が変更されることになります。

これは盗難や紛失等で新たにANAカードを発行した時も自動で再設定されますので都度メインカードの設定を確認及び変更が必要になります。

スポンサーリンク

メインカードの設定手順を解説

では実際のメインカード(AMCお客様番号)の登録方法を解説していきます。

作業自体はとてもシンプルで簡単です!

AMCマイル統合 手順1
AMCマイル統合 手順1

最初にANAウェブサイトのアクセスしトップページの上部【マイメニュー/各種お手続き】をクリック。

AMCメイン番号変更手続き 2
AMCメイン番号変更手続き 2

①の【会員情報の登録】を選択し②の【メインカードの変更】をクリック。

AMCメイン番号変更手続き3
AMCメイン番号変更手続き3

ANAマイレージクラブの会員専用機能を利用するためにログインします。

AMCのパスワードを『入力』し【ログイン(会員専用機能)】をクリックします。

AMCメイン番号変更手続き4
AMCメイン番号変更手続き4

【メインカードの変更】をクリックします。

AMCメイン番号変更手続き5
AMCメイン番号変更手続き5

メインカードのお客様番号欄に10桁のお客様番号を『入力』し【内容確認へ】をクリックします。

ANAメイン番号変更手順6
ANAメイン番号変更手順6

入力した番号に間違いが無ければ【以上の内容で申し込む】をクリックします。

ANAメイン番号変更手順7
ANAメイン番号変更手順7

上記の画面が表示されたらメインカード(AMCお客様番号)の変更作業が完了です。

スポンサーリンク

メインカードを変更したらやっておくこと

メインカードを変更したらやっておくことが有ります。

変更前に発券しているフライトが有った場合、メインカードを変更した為に予約確認しても予約が出てこなくなっています。

これは発券したときのAMC番号に紐づけされているフライトなのでログアウトして発券したときのお客様番号でログインすることでも予約情報を確認することができます。

ログインしなくても予約番号を入力して探せば出て来ますが手間が掛かりますし、2重発券等のミスを誘発してしまいます。

メインカード変更前に発券した予約をメインカード(AMCお客様番号)へ紐づけを変更しておくことをお勧めします。

この手続きはANAウェブサイトからは出来ませんので電話で問い合わせが必要ですが、電話さえつながれば直ぐにやって頂けます。

さいごに・・・

今回はメインカード(AMCお客様番号)の変更に関してご紹介しました。

ANAとJALはこの部分でかなり思想が異なるのでJALに慣れた方は混乱の原因になってしまってます。

簡単に言うと複数のANAカードを発行した場合、ANAで利用する以外は何も気にする必要は無くシチュエーションで使い分けていくだけでマイル口座が統合されていれば必然的にマイルは纏まります。

ANAウェブサイトを利用する為に一番使い勝手が良い(マイル積算率や旅行保険等)ANAカードをメインカードとして登録することで各種特典の恩恵を受けられるという事になります。

SFCカードを保有している方はメインカードはSFCを設定するのがセオリーです。

SFCに関しては下の記事でご紹介しています。

本日もお越しいただきありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。

応援していただける方は下のバナーをクリックいただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村


飛行機ランキング

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

おすすめ記事