ANAカードファミリーマイルとは?
ANAカードファミリーマイルとは?
スポンサーリンク

皆さんは家族のANAマイルを共有できる「ANAカードファミリーマイル」はご存知ですか?

家族のマイルをまとめて共有することで特典航空券の発券も格段に取りやすくなります♪

ANAでマイル(マイレージ)を効率的に貯めたり使ったりするなら家族のマイルを合算できる「ANAカードファミリーマイル」の登録は必須です!

ANAカードファミリーマイルのメリットやデメリット等や登録方法についてご紹介します。

出発ターミナル

ANAカードファミリーマイルとは?

ANAカードファミリーマイルとは家族でバラバラに貯めているマイル口座を家族間で合算できるお得なサービスです。

マイル(マイレージ)はマイル数が有る程度に達して初めて利用価値が出てきますが家族でバラバラに貯めているとお得に使えるマイル数に達する前に有効期限を迎えてしまったりして効率が悪いです。

そこで家族がバラバラに貯めているANAマイルを家族間で共有化してマイルをまとめることで効率的にANAマイルを貯めたり利用したりすることができるようにするのが「ANAカードファミリーマイル」です♪

1人で貯めるより家族皆で貯めた方が特典航空券が発券できるマイル数に早く到達できます。

ファミリーマイルの使い道は限られていますが重要な使い道が多いのが特徴です。

ANAカードファミリーマイルで色々便利

ANAカードファミリーマイルで色々便利

ANAカードファミリーマイル登録条件

ANAマイルを効率的に貯めたり利用できる「ANAカードファミリーマイル」ですが登録にはいくつかの条件を満たす必要があります。

ANAファミリーマイル登録条件

  • 日本在住のANAカード会員であること
  • 同居の家族であること

1つ目の「ANAカード会員であること」を詳しく説明します。

プライム会員(親会員)は日本在住のANAカード(クレジット機能付き)会員である必要があります(ANAに登録情報としてメインカードにANAカードを登録)

ファミリー会員(子会員)は18歳以上の場合はANAカード本会員かANAカード家族会員に限ります。

18歳未満と18歳の高校生はANAマイレージクラブ会員である必要があります。

ここで言うANAカードとは券面にANA CARDと表示されているカードで「楽天ANAマイレージカード」や「ヤマダLABI ANAマイレージクラブ」等のANAマイレージ提携カードは対象外となります。

ANAカード各種

ANAカード各種

 

2つ目の「同居の家族」であることも説明しておきます。

家族の定義が曖昧ですが生計を同一にする一親等以内の家族となります。

ANAカードファミリーマイル対象

ANAカードファミリーマイル対象

勤務・修学・療養等の事情で同居して無い場合でも生計を同一にしている一親等の親族はファミリー会員登録は可能です。

なお同性パートナーも家族として登録が可能となっており自治体が発行する同性パートナーを証明する公的な書類か住民票のコピーでもファミリー会員として登録出来ます。

プライム会員(親会員)の他に最大9名ものファミリー会員登録が出来るのでほとんどのご家族の方の登録が可能だと思います。

ここで、ちょっと疑問に思われた方が居るかもしれません。

海外にお住いの方は家族でマイルの合算は出来ないんでしょうか??

ご安心ください!今回は詳しく説明しませんがANAカードファミリーマイル会員と同様に家族でマイルを合算できる「ANAマイレージクラブファミリーアカウントサービス」があります。

こちらの方が実は「ANAカードファミリーマイル」より強力だったりしますので確認してみてください♪

スポンサーリンク

ANAカードファミリーマイルのメリット

ANAカードファミリーマイルのメリットはマイルを合算出来る事によってもたらされる恩恵ということになります。

特典航空券が発券しやすくなる!

最大のメリットは特典航空券の発券に必要なマイル数に到達しやすくなることです!

なんせマイルの使い方として最もお得な使い方は特典航空券となっており1マイル2~5円程度で利用できます。詳しくは下の記事でご紹介しています。

ANA公式サイトで紹介されている例を見てみます。

ANAマイル合算例(公式サイトより)

ANAマイル合算例(公式サイトより)

ANAサイトの例では同居家族が3世代5名と割と大きい家族がモデルとされています。

プライム会員(親会員)が9,600マイルでファミリーマイル会員の配偶者が7,200マイルでご両親2名で9,900マイル、息子さんの2,000マイルが合算されて28,700マイルになりました!ということになります。

特典航空券に必要な最低マイル数は国内線の往復で10,000マイル、国際線の往復では12,000マイルからとなります。

結果的にバラバラにマイルを貯めていると特典航空券を発券できない状態でしたが、家族のマイルを合算することで28,700マイル貯まれ、2人で国内なら北海道や沖縄旅行、海外旅行ならや韓国やウラジオストクへ行けるだけのマイルが合算出来たことになります。

ANA SKYコインへの交換がお得

ANA SKYコインへの交換も合算したファミリーマイルから交換ができます。

実はANA SKYコインはまとめて交換するほうが交換倍率が高くなるのでまとめて交換できるので一人一人がバラバラに交換するよりお得になります。

SKYコイン交換レート表

ANAのSKYコインは特典航空券が取れない様な場合でも空席さえあれば1コイン1円として航空券を購入できる上にマイルやプレミアムポイントも貯まるのでSFC修行等では絶大な効果を発揮します。

ANAのSFC会員とは?
ANA上級会員資格のプラチナ会員と同等の特典をクレジットカードを発行するだけで維持できるお得なANA上級会員ステータス。
プラチナ会員は一年+αの期間限定会員ステータスだがSFC会員は年会費を払っている限り半永久的にANA上級会員として扱われ家族カード会員も本会員と同様の特典を受けることが可能となっている。

 

SKYコインに関してご興味がある方は下の記事を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ANAカードファミリーマイルのデメリット

ANAファミリーマイルは家族間のマイルを合算して特典航空券を発券したりSKYコインへの交換率をアップさせて航空券の購入に充てることにあります。しかし恩恵を受けるのは1部の人だったりするので家族のマイルを勝手に使って揉め事に発展する可能性があります(冗談ですよ!)(笑)

冗談ではありますがANAマイルを家族間で合算する場合には家族間でルールを決めた方が良い方もいるかと思います。管理人の場合は4人家族ですので揉めませんが親やご兄弟と合算する場合は注意が必要かもしれません。

18歳以上はANAカードが必要

18歳以上の家族をANAカードファミリーマイルに登録するにはANAカード会員である必要があります。

現金派の方にとってANAカード(クレジットカード)を発行することに抵抗感があると思います。

キャッシュレス化が一気に進んでいる現状でもクレジットカードは持ちたく無い方にとって、マイル合算の為にクレジットカードを持つのはデメリットとなります。

ANAカード会員はANA家族カード会員でもOKですのでご家族が現金派の場合は家族カードを発行して自宅に保管する等の必要が出て来ますが使わないクレジットカードの為に家族会員でも年会費が発生します。

18歳でも高校生の内はAMC(ANAマイレージクラブ会員)でも登録が可能ですが、高校を卒業後にANA家族カードかANAカードを発行する必要が出て来ます。

特典航空券の発券はプライム会員(親会員)のみ

個人個人のマイルを使って特典航空券を発券する場合はファミリー会員でも可能なんですがファミリーマイル(合算したマイル)を使っての特典航空券の発券はプライム会員(親会員)からしか出来ない仕組みになっています。

管理人(プライム会員)は家族旅行時の特典航空券の発券時はもちろんですが、奥さんと娘が2人で旅行に行く時や息子が一人で飛ぶ時に一生懸命発券作業を実施しています(笑)

そして更にちょっと手間なのが特典予約の変更と払い戻しにかんしては基本的にwebからは出来なくなり電話でオペレーターさんにお願いする必要があります。

国際線の変更に関してはwebから出来ることになっているのですが。やってみるとwebから出来ない場合が多いです。

ANAカードファミリーマイル 特典航空券の変更・払い戻し

ANAカードファミリーマイル 特典航空券の変更・払い戻し

ファミリー会員の変更・退会に5,000マイル

ファミリー会員の変更や退会する時にお客様都合の場合手数料として1名あたり5,000マイルと言う少なくないマイルが取られます。

実際に取られるかどうかは各々の事情によって判断されます。基本的にファミリーマイル会員登録をしたら頻繁に変えることはなくメリットの方が断然大きいと言えますが5,000マイル取られる可能性があることはデメリットと言えます。

最も考えられるお客様事情として婚姻等が考えられますが戸籍上の変更・退会は5,000マイルの手数料は免除されます。

スポンサーリンク

ANAカードファミリーマイルの登録

ANAカードファミリーマイルを利用すると決まったら手続きが必要になります。

登録手順を確認しておきましょう!

プロペラ&エンジン

1.ANAカードを発行する

すでにANAカード(クレジットカード機能付き)をお持ちの際は2へ進んでください。

まだ、ANAカードを発行されていない方はANAカードを発行する必要があります。

ANAカードの発行はプライム会員(親会員)になる方のの名義で発行をします。

ここでプライム会員の方を決める際に注意が必要です。

3世代の場合、第1世代の方をプライム会員にしてしまうとお孫さんはファミリー会員に出来なくなります。(一親等までしかファミリー会員登録は出来ない)従って第2世代の方をプライム会員にするようにしていください。

始めてANAカードを発行される場合は下の記事を参考にしてください。

ANAカードに関しては下の記事でご紹介しています。

2.ファミリー会員を登録する

プライム会員(親会員)のANAカードが準備が完了したらファミリー会員の登録を実施します。

登録はANA家族カード会員の場合とANAカード本会員の場合で手順が変わります。

2-1. ANA家族カード会員の場合

登録するファミリー会員がANA家族カード会員の場合はANAのウェブサイトから簡単に登録が可能です。

ANA公式サイトにアクセスして登録手続きを実施してください。

ANA公式サイト>>

上記リンクの手順4に登録手続き開始のボタンがありますので手順に従って登録手続きを完了させてください。

2-2.  ANAカード本会員の場合

登録するファミリー会員がANAカード本会員の場合はANAのウェブサイトから登録することが出来ません。

ANAウェブサイトから登録申請書「ANAカードファミリーマイル参加申込書」をダウンロードして、必要事項を記入の上で確認書類(健康保険証のコピー・住民票のコピーの1点)を添えて郵送で送付します。

ANA公式サイト>>

上記リンクの手順4に「ANAカードファミリーマイル参加申込書」のダウンロードが出来るようになっています。

3.特典利用者登録をする【重要】

ANAマイルを合算しても特典利用者登録が完了していない場合特典航空券を発券できません!

必ず「特典利用者登録」を実施しておいてください。【重要】

特典利用者登録とは会員本人以外が特典航空券を利用する時に必要な作業で家族旅行で特典航空券を手配する場合にも必要な手続きとなります。

特典利用者登録はANA公式ページから実施してください。

ANA公式特典利用者登録のページ>>

さいごに・・・

ANAカードファミリーマイルは家族がいる方なら登録をお勧めいたします。

陸マイラーなら夫婦でマイルを貯めて合算することで大量のマイルを使って家族分の発券も可能になります。

ファミリー口座残高

ファミリー口座残高

先日も家族4人分のクアラルンプールへの往復航空券を特典航空券を発券した時やNYへのファーストクラスへのアップグレードにファミリーマイルを使いました。

退会や変更には手数料が発生しますが登録は無料でできますのでご家族で一緒にマイルを貯めてみてはいかがでしょうか?

特典航空券発券の近道ですのでマイル有効期限までに発券可能なマイルが貯められるかも知れません。

本日もお越しいただきありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。

応援していただける方は下のバナーをクリックいただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村


飛行機ランキング

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

おすすめ記事

スポンサーリンク