【ANA】貯まったマイルを使って国際線でアップグレードする方法

2019-11-26

マイル(マイレージ)は貯めていますか?貯まったマイルの使い道は色々ありますが国際線ならマイルを利用したアップグレードで憧れのビジネスクラスに搭乗することが出来ちゃいます!

路線によってはエコノミー価格の4倍以上もする時もあるビジネスクラスにお得に搭乗できるんです♪

そこで、今回はマイルを使ったアップグレードの仕組みや実際の画面を使ってマイルでアップグレードの申し込み方法をご紹介いたします。

マイル(マイレージ)とは?

飛行機に乗ると空港や機内の案内でマイル(マイレージ)って聞きますよね??

国内の航空会社ならフルサービスキャリア(FSC)としてANAやJALがマイレージプログラムを実施しています。

マイル(マイレージ)と言うと難しく感じますが航空会社のポイントと思えば簡単です。

ANAならAMC(ANAマイレージクラブ)、JALならJMB(JALマイレージバンク)と言うマイレージ制度があり、飛行機に乗ったり航空会社のクレジットカード(ANAカードやJALカード)のクレジットカード決済でマイルが貯められます。

最近話題のLCCではマイルが貯まる会社が少ないですし貯められたとしても汎用性が無いのですがANAやJALのマイルなら提携している世界中の航空会社でもマイルを貯めたり利用することが可能となっています。

POINT

  • ANAはスターアライアンス(世界28社)に加盟しています。ANA単独提携会社(マイル)12社となります。
  • JALはワンワールド(世界13社)に加盟しています。JAL単独提携会社(マイル)7社となります。

貯まったマイルは特典航空券(運賃無料航空券)や予約クラスのアップグレードに利用できるほかネットショッピングでお買い物をしたり電子マネー(航空会社運営)に交換して利用することが出来るんです!

従ってANAやJAL等のFSCに乗るならマイルは貯めないともったいないです。

スポンサーリンク

各クラスのアップグレードに必要なANAマイル数

ANA国際線でマイルを使ってビジネスクラスにアップグレードするのに必要なマイル数を確認しておきましょう。

Y:エコノミー PY:プレミアムエコノミー C:ビジネスクラス F:ファーストクラス

1区間(片道)の距離

区間基本マイレージ

エコノミー

プレミアムエコノミー

2020年4月1日搭乗分より

エコノミー・プレミアムエコノミー

ビジネスクラス

ビジネスクラス

ファーストクラス

0~2,000 12,000 20,000
2,001~3,500 15,000 18,000 30,000
3,501~4,500 15,000 20,000 35,000
4,501~5,500 20,000 25,000 40,000
5,501~ 20,000 28,000 45,000

表1

距離によってアップグレードに必要なマイル数が多くなります。距離ではイメージが沸き辛いと思いますので東京発着のANA就航都市の距離(基本区間マイレージ)をご紹介しておきます。

ANA国際線 就航都市 東京発着の基本マイレージ数(マイル)
アメリカ

カナダ

メキシコ

シアトル 4,775
サンフランシスコ 5,130
サンノゼ 5,162
ロサンゼルス 5,458
ヒューストン 6,658
シカゴ 6,283
ニューヨーク 6,723
ワシントンDC 6,762
ホノルル(ハワイ) 3,831
バンクーバー 4,681
メキシコシティー 7,003
ヨーロッパ ロンドン 6,214
フランクフルト 5,928
ミュンヘン 5,883
デュッルドルフ 5,959
パリ 6,194
ブリュッセル 6,060
ウィーン 5,699
中国 上海 1,111
北京 1,313
香港 1,823
広州 1,822
大連 1,042
青島 1,106
厦門 1,520
杭州 1,206
瀋陽 987
成都 1,470
武漢 1,530
アジア ソウル 758
台北(台湾) 1,330
シンガポール 3,312
ジャカルタ 3,612
バンコク 2,869
ホーチミンシティー 2,706
ハノイ 2,297 or 2,294
マニラ 1,800
クアラルンプール 3,338
ヤンゴン 2,984
デリー 3,656
ムンバイ 4,201
プノンペン 2,759
チェンナイ 4,017
オセアニア シドニー 4,863
パース 4,926

表2

上の二つの表から各クラスからアップグレードに必要なマイル数が確認できます。

例としてハワイへのY:エコノミークラスを予約していてC:ビジネスクラスへアップグレードする時(片道)に必要なマイル数を確認してみます。

ハワイへの基本区間マイレージ(距離)は表2で見ると3,831マイルとなっていますので「表1」の3,501~4,500マイル区間となりY・PY⇒Cに必要マイル数は20,000マイル(片道)と言うことになります。

スポンサーリンク

マイルを使ったアップグレードの条件

ANA国際線でマイルを使ってアップグレードするにはいくつかの前提条件があり、すべての国際線航空券でアップグレードが出来る訳ではありません。

格安航空券、海外旅行ツアー等での安い運賃予約クラスではアップグレードが出来ない予約クラスとなりマイルがたまっていてもアップグレードに利用することが出来ません。

マイルを利用したアップグレードをするなら予約クラスの確認が必要となります。【重要】

旅程開始エリア エコノミー

プレミアムエコノミー

エコノミー

プレミアムエコノミー

ビジネスクラス

ビジネスクラス

ファースト

日本から旅程開始 Y/B/M/U/H/Q/V G/E/Y/B/M/U

PYの「N」クラスは対象外

J/C/D/Z/

「P」クラスは対象外

日本以外から旅程開始 Y/B/M/U/H/Q/V G/E/Y/B/M/U

PYの「N」クラスは対象外

J/C/D/Z/

「P」クラスは対象外

表3

プレミアムエコノミーは従来はすべての運賃がアップグレード対象予約クラスでしたが2018年12月5日に新設された予約クラス「N」は安いプレミアムエコノミー運賃としてアップグレードの対象外となりました。

ビジネスクラスの予約クラス「P」はツアーやセールの時に出る予約クラスでこちらもアップグレード対象外となります。

アップグレード対象運賃の確認方法

実際のANAの予約画面でアップグレード対象運賃の確認方法をご確認ください。

今回は羽田~クアラルンプールでの予約を例にご紹介します。

国際線予約画面で日程・人数・予約クラスを設定すると予約可能なフライトが出てきます。

ANA国際線予約画面-1

上記画面の「Economy Value」という価格は39,170円となっており最安の予約クラスとなりますが赤い囲みの中にアップグレード「対象外」と出ています。ちなみに予約クラスは「S」となっており表3でもアップグレード対象クラスには入っていません。

ANA国際線予約画面-2

同じ便の「Economy Basic」という価格は98,170となり「Economy Value」よりかなり高額になりますが赤い囲みの中にアップグレード「対象」と出ています。ちなみに予約クラスは「U」となっており表3でもアップグレード対象クラスに入っています。

こちらの予約であればマイルを利用してプレミアムエコノミーやビジネスクラスへのアップグレードが可能と言うことになります。しかし、よく見てみるとエコノミーの「 Basic」の右隣にあるプレミアムエコノミーの「Value」の価格は96,170となっています。この場合「 Basic」で予約してプレミアムエコノミーにマイルを使ってアップグレードするぐらいなら最初からプレミアムエコノミーを予約した方がお得と言う逆転現象が起きています。

ANA国際線予約画面-3

エコノミーのアップグレード可能運賃の「 Basic」よりプレエコの「Value」の方が安い運賃となっていますがアップグレードの対象運賃となっていますので最初からプレエコを予約した方がお得と言えます。

ANA国際線予約画面-4

予約画面の便詳細の下の方にある【アップグレード空席情報を反映】のボタンをクリックすると「空席有り」や「空席待ち」等の情報が便に反映されます。

下の画面では「空席有り」となっているので発券完了後にマイルを使えばビジネスクラスを確保できる状況と言うことになります。

ANA国際線予約画面-5

マイルを使ってアップグレードが可能な「空席有り」でしたので発券後にアップグレードを申請することでビジネスクラス確定です。

スポンサーリンク

マイルを利用したアップグレードはお得なのか?

さてこの辺りで単純な疑問を持たれる方もいらっしゃるかもしれません。そもそもマイルを使った国際線のアップグレードはお得なんでしょうか?

すこし話が脱線しますが検証してみます。

先ほどアップグレード対象予約クラスで検索した時と同じ便の最安ビジネスクラス運賃はどの位の価格なのでしょうか?

下の画面をご確認ください。

ANAビジネスクラス運賃

アップグレード対象運賃の確認した便と同条件でのビジネスクラスの最安値は203,170円となっていました。

ビジネスクラスへのアップグレード対象予約クラスの最安値がプレエコ96,170円なのでビジネスクラスとの差額は107,000と言うことになります。羽田~クアラルンプールのY・PY⇒Cへのアップグレードに必要なマイル数は18,000ANAマイルです。

従って107,000円÷18,000マイル=5.9となり1マイル=5.9円となります。

価格差10万円のビジネスクラスに18,000マイルで乗れるのは大変お得と言えます。

エコノミーの最安値は39,100円となりますのでビジネスクラスとの差額は203,170-39,100=164,070円となります。

この価格差をアップグレード対象予約クラス最安(PY)とエコノミー最安で計算してみます。

運賃価格96,170(PY)から39,100(Y)を引くと価格差は57,000円となります。これにアップグレードに必要な18,000マイルを負担することでビジネスクラスに乗れることになります。

ここは個人の価値観によって感じ方が変わると思いますが管理人的には有りです。それほどエコノミーとビジネスには差があります。

今回の例ではマイル単価は5.9円となりましたがビジネスクラスやファーストクラスへのアップグレードはお得な場合が多いのですがエコからプレエコに関してはしっかり検討する必要があると言えます。

エコからプレエコにアップグレードするには結構なマイルが必要なんですがビジネスクラスへのアップグレードに比べると快適度の違いはマイル数ほど大きくは無いと言えます。特に中・長距離路線ではPYとCでは快適度はかなり違います。

その辺りの感じ方には個人差がありますので価格差とマイル消費量を考慮し納得できるならアップグレード対象の予約クラスを取ると良いと思います。

スポンサーリンク

ANA国際線のアップグレード申し込み方法

前置きが長くなってしまいましたが実際のアップグレード方法をご紹介します。

アップグレードの申し込みは発券後に行うことが出来ますので今回は管理人が実際に予約したフライトでアップグレードを申し込みした内容になります。従って「空席」が無く「空席待ち」の予約を入れましたが「空席有り」でも申し込み方法に違いはありません。

1.予約詳細画面にアクセスする

まずはANAのウェブサイトにアクセスしログインしてください。

そこから国際線の予約確認画面にアクセスして予約一覧を表示させてください。

予約一覧の中からアップグレードしたい予約の【詳細】を表示します。

予約の詳細が表示される画面が下の画像となります。

画面の予約内容の下に【アップグレード申し込み】のバナーがありますのでクリックします。

ANA国際線予約詳細画面

2.アップグレード特典内容の確認

手順1で【アップグレード申し込み】のバナーをクリックすると下の画面が表示されます。

ANAマイルを使ってアップグレード画面

3.アップグレードする便を選択する

手順2で表示された画面の【申し込みへ】のボタンをクリックするとアップグレードを申し込む便(アップグレードは片道単位で申し込み)を選択できますのでアップグレードをしたい便を選択していください。

(すみません、ここの画面をキャプチャーし忘れましたので他の便での画像を転用しますw)

ANA国際線 アップグレード特典申し込み画面

予約詳細の【アップグレード】がアップグレードが可能なフライトとなりますので複数ある場合は一つを選択して【アップグレード】をクリックします。

4.マイルを使うかアップグレードポイントを使うか選択する

アップグレードをしたい便を選択すると下の画面が表示されます。

マイルを利用した場合とアップグレードポイントを利用した場合の消費量が表示されています。

今回の便は大人2名ですので合計で表示されていますが羽田~クアラルンプールでは一人18,000マイルか8ポイントのどちらかでアップグレードの申し込みが可能となります。

ANA国際線 マイルとアップグレードポイントを利用してアップグレード申し込み画面

今回はマイルを利用してアップグレードをしますので「申し込み情報」のところのアンダーラインにある「アップグレードの種類」は【マイル使用】を選択します。

その後【次へ】をクリックします。

5.申し込み内容の確認とファミリーマイルの利用設定

手順4で【次へ】をクリックすると下の画面が表示されます。

消費するマイル数を確認してください。

更にファミリーマイルを使うか使わないかを赤い囲み部分で選択できます。

管理人はファミリーマイルは使いわない設定にしています。

ANA国際線マイルを利用してアップグレード申し込み

上の画面の内容を良く確認し、問題が無ければの下部分の赤矢印部分に【チェック】を入れ、青い囲み部分の【アップグレードする】ボタンをクリック。

6.アップグレード特典の申し込み完了

手順5で【アップグレードする】をクリックするとアップグレードの申し込みが完了します。

今回は空席が無かったので「空席待ち」となりましたが空席があればその場で確保されます。

ANA国際線 アップグレード特典申し込み完了

他の便もアップグレードするなら右下の【他のフライトの手続きへ】をクリックすると手順3まで戻りますので後は同様の作業をすれば往復のアップグレードを申し込むことが出来ます。

スポンサーリンク

SFC修行で利用すると幸せになれます

ここの部分は多くの方には関係が無いので読み飛ばして頂いても前々オッケーです。(笑)

SFC修行をされる方に向けての内容となります。

もしSFC修行って何だろう?と気になる方は下の記事でSFCについてご紹介しています。

さて、本題です。

SFC修行される方で国際線を利用して修行する場合はプレエコが効率が良いのですが最近登場した予約クラス「N」は曲者で地雷です。。。

「N」クラスではプレミアムポイントが効率よく稼げません。

発券自体は安いのですがマイル積算率70%となっており必然的にPPも貯まりにくい予約クラスとなっています。

従ってSFC修行で効率よくPPを得るにはプレエコの予約クラスは「E」以上となりますよね??

そうです!SFC修行で発券するプレエコはアップグレード対象運賃になっている可能性が高いんです♪

そしてSFC修行中と言うことは絶賛マイルが貯まる期間ということですので解脱のタイミングやチャンスがあれば一度はビジネスクラスを体験してみてはいかがでしょうか?

YやPYで修行している方なら一度はCでの快適なフライトを体験する価値があると思います。解脱のタイミングでビジネスならCAさんに伝えるとお祝いをしてもらえる可能性もあります♪

アップグレード対象運賃ならアップしないのは正直もったいないです。そして出来れば深夜便ではなく昼間に飛ぶ便を選択してください。

せっかくのビジネスクラスなので中長距離以上のスタッガードシートでフルサービスが受けられる昼間運航便をお勧めしておきます!!

旅の目的がビジネスクラスに乗ることになるほど楽しいと管理人は感じています。

さいごに・・・

今回はマイルを使って国際線のアップグレード特典を受けるための条件や申し込み方法をご紹介しました。エコノミーからプレミアムエコノミーへのアップグレードは以前は出来ませんでしたが2020年4月1日搭乗分からアップグレード特典で利用できるようになりました。しかしエコノミーやプレミアムエコノミーからビジネスクラスにアップする方がお勧めです。(笑)

ANAのビジネスクラスはとても良いですよ♪

スタッガードシートと言うのが導入されている機材(飛行機)ならビジネスにアップグレードして一度は体験してみてください♪もう飛行機のイメージが変わること請け合いです(笑)

フルフラットなのでベッドに寝ている感覚でフライトを楽しめますしコース料理を楽しんだりできます。

ANAビジネスクラスの様子

実際にANAのビジネスクラスに乗った際の記事も書いてますので時間があれば読んでみてください。

飛行機に乗らないからマイルは貯まらないよ~と言う方なら陸マイラーをお勧めします。

特別なスキルも必要無く誰でも飛行機に乗らずにマイルを貯める事ができます。

陸マイラーとは?

陸マイラーは飛行機に乗らずにマイル(マイレージ)を貯めてお得に飛行機に乗って旅行を楽しんでいます。

陸マイラーに関しては下の記事で詳しくご紹介しています。

実際に陸マイラーでANAマイルを貯める方法は下の記事(長文)でご紹介しています。

 

本日もお越し頂きありがとうございます!!

ブログランキングに参加しています。

応援頂ける方はポチっといただけると嬉しいです。

にほんブログ村 小遣いブログ ANAマイル・SFC修行へ
にほんブログ村


マイレージランキング

おすすめ記事

当ブログでは飛行機に乗らずにマイルを貯めてお得に旅行へ行く方法をご紹介している陸マイラーブログです。