ANAマイルを貯める為のクレジットカード戦略
ANAマイルを貯める為のクレジットカード戦略
スポンサーリンク

ANA陸マイラーを始めるにはいくつか事前準備が必要ですがマイルを貯める為に必要なクレジットカードはご存知ですか?

ANA陸マイラーのクレジットカード戦略に関してご紹介いたします。

記事を最新にリライトしました♪(2020/02/26)

ANA窓の外の景色

ANA窓の外の景色

陸マイラーとは?

陸マイラーとは飛行機に乗らずに航空会社のマイル(マイレージ)を貯めて飛行機にお得に乗る人を指します。

出発ターミナル

飛行機に乗らずにマイルを貯める方法は航空会社のクレジットカード(ANAカードやJALカード)でクレジット決済をすることでマイルを貯める方法が一般的に知られている方法です。

貯めたマイル(マイレージ)を使うことで特典航空券を発券可能で国内線ならほぼ無料、国際線なら諸税や燃油サーチャージ(航空燃料相場によって加算される料金でシーズンにより高い時と安い時がある)が掛かりますが航空運賃は無料で飛行機に乗ることが可能となります。

また、ANAやJALではマイルを航空会社の電子マネーに交換することが出来ますので【マイル⇒航空会社電子マネー⇒航空券を購入】と言う方法も利用しています。

この方法は特典航空券に空席が無い時や飛行機修行する場合に利用されます。

陸マイラーはクレジットカード決済でもマイルを貯めていますが様々な方法を駆使し自分のお気に入りの航空会社のマイルを貯めいます。

クレジットカード以外でもマイルを貯める方法を実践してマイルを得ています。

マイル還元率1%のクレジットカードで10,000マイル貯めるには100万円分のクレカ決済が必要となり年間20万マイル以上貯める陸マイラーは2,000万円もクレカ決済が必要になります。

富裕層でもないかぎり年間2,000万円もの決済は不可能と言え、陸マイラーはクレカ決済でもマイルを貯めますが大量マイルを貯めるのは他の方法でマイル貯めています。

クレジットカード戦略は2枚持ち

ANAマイルを大量に貯めるにはクレジットカードの発行は必須です。

基本的なカード戦略はマイルを効率良く貯める為のカード1枚と決済用に1枚の合計2枚体制となります。

1枚目はマイルを効率良く貯める為にカードのポイントサービスからANAマイルへ交換する際の還元率が高いカードを指します。これが陸マイラー活動でマイル発生装置となってクレカ決済では貯める事が出来ない量のマイルを生み出します。

そして2枚目として普段の消費活動の中で決済用として利用するカードが1枚が必要になります。

なぜ、2枚のカードが必要になるのでしょう?

クレジットカード決済で貯めるマイルは収入の壁があり年収を超えたクレカ決済が不可能なことはご存知だと思います。その為にANAマイルを発生させる特別なANAカードが必要になります。

しかしこのANAカードはマイル発生装置としては優秀ですが日常でメインとして利用するにはANAマイル交換率も低くANAマイルを貯めづらいカードなんです。

陸マイラーならクレジットカード決済を積極的にしますので月間決済額も多くなります。

したがって、カード決済でのマイル還元率が高くカード附帯サービスが充実したメイン決済カードが必要になって来るんです。

スポンサーリンク

ANAマイル発生装置として重要なANAカードとは?

ANAマイルを貯める為に有効なANAカードが2枚あります。

ANAマイルを貯める為に必要なカード

  1. 東急(TOKYU)ANAカード(ANA TOUKYU POINT ClubQ PASUMO マスターカード)
  2. nimocaカード(ANA VISA nimocaカード)

どちらか1枚だけ発行しても構いませんし2枚とも発行しても良いと思います。

管理人は両方発行していますが1枚だけなら東急ANAカード(ANA TOUKYU POINT CiubQ PASUMO マスターカード)を発行すればANAマイルを大量に貯める準備が出来ます!

いずれのカードを発行する場合もANAカードを始めて発行する場合には紹介制度の「マイ友プログラム」を利用して発行すると紹介マイルが貰えます。

ANA紹介制度 マイ友プログラム

初めてANAカードを発行する1回限りの特典ですので貰い忘れないようにしてください。

発行するカードによって500~5,500マイルがもらえます。

初めてのANAカード発行でゴールドカードやプレミアムカードを発行されるなら東急ANAカードやnimocaカードを発行する時に紹介制度を利用しないで下さい。

ゴールドカードを先に発行する事で多くのマイルを獲得可能ですのでご注意下さい【重要】。

マイ友プログラム紹介で貰えるマイル

ご自身の周りにANAカードをお持ちの方ならどなたでも紹介が可能ですので是非紹介をして貰いましょう!

管理人からも紹介が可能ですので喜んでご紹介させて頂きますので下のフォームからメールアドレスを送って頂ければ返信させていただきます。

1.東急ANAカード(ANA TOUKYU POINT ClubQ PASUMO マスターカード )

TOKYU CARDがANAと提携して発行する多機能クレジットカードでANAマイルを貯めるには必須のクレジットカードになります。

ANA TOUKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード(TOKYU東急ANAカード)

通称「東急ANAカード」と呼ばれる「ANA TOUKYU POINT ClubQ PASUMO マスターカード」はANAマイルを貯める要のクレジットカードです。

「東急ANAカード」が持つTOKYU POINTからANAマイルへの交換率75%と言うマイル交換率を利用してANAマイルを獲得するために発行は必須のクレジットカードです。

ANAマイルへの交換率を考えると色々なポイントをTOKYU POINTへ集めてからANAマイルへ交換する事で大量のマイレージを貯める事が可能になります。

東急ANAカードを利用したANAマイル交換方法についてはコチラの記事でご確認ください。

あわせて読みたいTOKYU(東急)ルートの記事
ANA陸マイラーのマイル錬金術の「TOKYU(東急)ルート」に関しての記事になります。

2.nimocaカード(ANA VISA nimocaカード)

三井住友カードが西鉄と提携して発行している国際ブランドVISAのクレジットカードで「東急ANAカード」同様にANAマイルを効率的に貯めるのに必要なカードになります。

nimocaカード

通称「ニモカカード」と呼ばれる「ANA VISA nimocaカード」はnimocaポイントからANAマイルへの交換率は70%と言う事で「東急ANAカードの交換率75%」には及びません。

交換率・使い勝手・ANAマイルへの交換の手間を考えると「ニモカカード」だけ発行してANAマイルを貯めるのは厳しいですが「東急ANAカード」の改悪もに備えて発行するのは選択肢の一つになります。

ニモカカードを利用したANAマイル交換方法についてはコチラの記事でご確認ください。

どちらのカードを発行するべきか?

「東急ANAカード」か「ニモカカード」のどちらかの発行はANAマイルを貯めるには必須です。

どちらのカードを発行すべきでしょうか?

どちらか1枚と問われれば「東急ANAカード」一択と言えます。

理由はやはりANAマイルの交換率の高さが高くANAマイルへの交換する手間が少ないからです。

nimocaルートに比べるとデメリットは無くですが、しいて言えば対応しているポイントサイトがまだ少ない事くらいです。

逆に「ニモカカード」の発行をオススメしたいのが九州は福岡・大分・熊本・宮崎にお住まいの方と北海道は函館にお住まいの方なら「ニモカカード」でも全然良いと思います。

nimocaポイントの最大の弱点がネットでANAマイルへ交換が出来ない為にポイント交換機で交換が必要になりますがポイント交換機が設置されているエリアにお住まいなら最大のデメリットが無い事になります。

「ニモカカード」にはポイント交換に上限が無い事や交換ルートの簡単さ等のメリットがあり交換率こそ70%と東急(TOKYU)ルートには及びませんが十分高い交換率ですのでオススメいたします。

ニモカルートのポイント交換方法に関しては詳しく解説していますのでご確認ください。

スポンサーリンク

メイン決済カードは何にするか?

ANAマイルを貯める上で普段の消費行動でメインの決済に使うカードを何にするのか?

ここはご自身のライフスタイルや考え方でオススメのカードが変って来ます。

SFCを目指すならANAゴールドカードをオススメします

ANAの上級会員資格のSFCを目指す予定が有るならANAゴルドカードの発行をオススメします。

ANAのSFC会員資格についてはコチラの記事で解説しています。

SFC(スーパーフライヤーズカード)を発行出来るANAカードをメイン決済に利用する事で将来SFC会員資格を得た際にスムーズにSFCに移行できる為、折角SFC修行したのに審査落ちでSFCの発行が出来ないと言う悲劇を回避出来ます。

ANA VISA or Master ワイド ゴールド カード

ANA VISA ワイドゴールド

SFCを発行出来るANAカードの中で年会費、ポイント還元率等を考えると三井住友カードが発行するANAワイドゴールド(VISA or MASTER)をオススメします。

ANA VISA /Master ワイド ゴールドならマイ・ペイすリボを利用する事でクレジットカード決済時のマイル還元率は1.3%となります。

マイル還元率をアップする POINT

  • マイ・ペイすリボ払いの登録と利用する。
  • ワールドプレゼントの通常ポイントはマイルコースでANAマイルへ交換する。

ANAアメリカン・エキスプレス ゴールド・カード

ANAアメリカンエキスプレスゴールドカード

管理人がメイン決済カードとして利用しているANAカードになります。

SFC修行後にSFCへの移行も可能です。

特にSFC修行をされるならANAアメックス・ゴールドの発行をオススメします。

航空券を買いまくるSFC修行ではANAアメックス・ゴールドならマイル還元率は他を圧倒する3%と他のANAカードでは考えられない還元率を誇ります。

更にANAアメックス・ゴールドのメリットは一気に大量のマイルを獲得が可能な事(入会特典)とポイントに有効期限が無いのでアメックスのリワードポイントとしてじっくりポイントを貯めてから一気にANAマイルに交換する事が可能なのでじっくりクレジットカードでマイルを貯める派の方にもオススメです。

ゴールドならポイント移行手数料も掛からないので好きなタイミングでANAマイルへ交換が出来ます。

年会費は高いですが年会費分のメリットが有りオーバーシーズ・アシストや各種保険では流石アメックスと言うカード附帯サービスが利用できますのでポイントをコツコツ貯める方は発行をご検討ください。

入会特典はAMEXカードホルダーからの紹介が公式サイトやネット広告等からの入会より一番お得です。

ANAアメックス・ゴールド 紹介特典

現在なら最大で70,000マイルももらえる状態で「マイ友プログラム」と合わせると72,000マイルも獲得出来てしまうのでコツコツ貯める方にオススメしているにも関わらず入会特典達成だけでハワイはもちろんロサンゼルスやニューヨークの北米や欧州のロンドンやパリでも無料航空券を獲得出来てしまいます。

特典航空券 必要マイルチャート

アメックスホルダーの方がお近くにいらっしゃれば是非紹介をお願いしていただきましょう!

管理人からもご紹介は可能ですがアメックスの規定で知り合いにしか紹介はできませんがお知り合いになっても良いとい言う方は下のフォームよりご連絡ください。

管理人もインセンティブを頂けますがご了承いただけるなら喜んでご紹介させて頂きます♪

ANAカードなら効率良くマイルを貯める事が可能

ANA VISA/Master ワイドゴールドもANAアメックス・ゴールドもANAカードですのでマイルプラスやモバイルプラスを使う事で更に効率よくANAマイルを貯める事が出来ます。

ANAマイルに特化して貯めるにはメインカードもANAカードにする方も多いです。

飛行機もホテルもお得に利用したいならSPGアメックス

SPGアメックス

ANA上級会員は目指さないのでANAカードは「東急ANAカード」か「nimocaカード」で十分。

でもマイレージをは効率良く貯めたいという方にオススメなのが「SPGアメックス」になります。

ここ数年マイラーやホテラーからカード最強と謳われている通称「SPGアメックス」は正式名称「スターウッド プリファード ゲスト アメリカンエキスプレス カード」です。

メイン決済カードとして十分なスペックとお得な付帯サービスが受けられるクレジットカードで管理人もメインカードとして愛用しています。

SPGアメックスの入会もANAアメックスゴールドと同様にSPGホルダーからの紹介がベストな入会方法です。

SPGホルダーがいらっしゃれば紹介をお願いしてみましょう!

管理人からもご紹介は可能ですがアメックスの規定で知り合いにしか紹介はできませんがブログを通じたお知り合いになっても良いとい言う方は下のフォームよりご連絡ください。

管理人もインセンティブを頂けますがご了承いただけるなら喜んでご紹介させて頂きます♪

その他のメイン決済カード候補

ANAマイルは「東急(TOUKYU)ルート」や「nimocaルート」でガッチリ貯めるのでメイン決済カードでマイルが貯まらなくても良いと言う方も結構いらっしゃると思います。

「東急ANAカード」か「nimocaカード」さえ発行していればANAマイルは貯められます。

従って、SFCも目指さない!ホテルもそれ程利用しないしマイルも貯まらなくても良い!と言う方なら何をメイン決済カードにすれば良いでしょうか?

クレジットカードだけで雑誌が出来てしまうほど種類が多いクレジットカードでは非常に難しい問題です。

大変つまらない回答になりますが、、、

ご自身が一番お得になるクレジットカードを発行するのが良いと言うのが結論です。

例えば携帯電話を利用されてる中で通信キャリアがdocomoなら「dカード・ゴールド」。

楽天グループの利用が多いなら「楽天カード」、三越・伊勢丹グループの利用が多い方は「MIカード+ゴールド」等、ご自身が利用頻度が多いサービスや店舗系列で発行されているカードを利用するのが一番です。

クレジットカードの世界は奥が深く目的が明確(飛行機やホテルをお得に利用等)で無い場合、万人に向けてコレだ!と言う決まった一枚はないと言うことになります。誰でもお得になるカードが有れば皆そのカードを発行してます。

万人がお得になるクレジットカードは現実には存在しないと言う事になります。

私に一番オススメの車は何ですか?と言う質問と一緒です。

海や山に大勢で行くならミニバン、近所でお買い物メインならコンパクトカー、ワインディングを軽快に走るならスポーツカーとなる様に目的に合った車が有ると言う事と同じでクレジットカードもライフ次第でお得なカードは変わると言う事です。

クレジットカードを発行する時に損をしない様にご注意ください!

特典内容やキャンペーン等でお得に発行出来るタイミングを逃さず「新ソラチカルート」を使って賢く発行してください♪

決して店頭での勧誘や入会サイトから直接入会しないでください【重要】

例に挙げたクレジットカードはポイントサイト経由でカードを発行すると10,000マイル以上獲得可能なカードばかりです。

店頭の勧誘や直接サイトから入会してしまうと貰えません!!

まとめ

ANAマイルを大量に貯める為のクレジットカード戦略に関してのポイントをまとめます。

POINT

  • ANAマイルを貯めるにはクレジットカードは2枚体制がおすすめ!
  • ANAマイルを貯めるには「東急ANAカード」か「nimocaカード」の発行は必須
  • 初めてANAカードを発行するなら「マイ友プログラム」を利用してお得に発行
  • 「東急ANAカード」「nimocaカード」とは別にメイン決済カードを発行
  • SFC目指すならANAゴールドカードを発行してメインカードとする。
  • SFCは不要でマイルも貯めてお得にホテルも利用したいならSPGアメックスがオススメ
  • クレジットカードでマイルが貯まらなくても良い人は自分に合った一枚を見つける♪
  • クレジットカードの発行は店頭やネットから直接発行はしない!

さいごに・・・

ANAマイルを貯める為のカード戦略に付いてご紹介しました!

クレジットカードの世界は奥が深く、意外に悩む方も多いので参考になれば幸いです。

基本的にクレジットカード決済で貯められるマイルには限界があります。しかし各種キャンペーン等で馬鹿に出来ないマイル獲得チャンスがありますのでANAマイルを貯めるなら1枚はANAカードの発行は必須で陸マイラー始めるなら東急ANAカードがお勧めです。

ANA陸マイラーは大部分をクレカ決済以外で貯めていますのでメインカードに関しては附帯サービスがご自身のライフスタイルに合ったものと言うことに尽きます。

メインの一枚を何にするか?ANAゴールドやSPGアメックスはとてもお得ですがメリットを受けることが無さそうな場合は全く意味がありませんから良く検討してみてください!

本日もお越しいただきありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。

応援していただける方は下のバナーをクリックいただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村


飛行機ランキング

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

おすすめ記事

スポンサーリンク