残されたポイントをANAで使えるようにする
残されたポイントをANAで使えるようにする
スポンサーリンク

ANA陸マイラーは2018年12月までソラチカルートを利用してANAマイルへ交換していたと思います。

そんなソラチカルートが完全閉鎖されてから既に5か月が経過し、すっかりTOKYU(東急)ルートに慣れてきました。

ソラチカルート閉鎖前にメトロポイントへ各種ポイントを流し込んだと思いますがその途中で滞留してしまったポイントはありませんでしたか?

今回はソラチカルートで滞留してしまったポイントをANAで使えるようにする方法をご紹介します。

ソラチカルートの確認

まずは現在は利用できなくなったソラチカルートをご確認下さい。

新ソラチカルート全体図

な、懐かしい~(笑)

TOKYUルートに慣れてしまうとソラチカルートが複雑だったことが良く分かりますねぇ(^^;)

文章で説明するのが非常に大変だった記憶がよみがえります。

ソラチカルートでは各ポイントサイトで貯めたポイントを2か所の中継ポイントサイトを経由してLINEポイントへ流し込んでいます。

そして管理人の場合LINEポイントまで流せたポイントは無事にメトロポイントまで到達しており現在も着々とANAマイルへ交換を継続しています。

しかしG-PointやPexにはLINEポイントまで到達できなかったポイントが僅かですが取り残され停滞しています。

スポンサーリンク

G-PointとPexに取り残されたポイントの使い道

G-PointやPexに取り残されたポイントの使い道は多く様々な選択肢があります。

取り残されたポイント数にもよりますが最低交換ポイント数さえ上回っていれば各種電子マネーやギフト券、現金にも交換は可能です。余ったポイントとは言え無駄になることは無いですね!

ご自身のライフスタイルに合わせてG-PointやPexで貯まったポイントを他のポイントへ交換して有効活用も有りです。

ポイント交換では等価交換以上なら交換しても損はしません。

しかし、もともとANAマイルを貯める為に貯めたポイントですのでANAで使える道を考えて見ました。

G-PointもPexも実は直接ANAマイルへの交換が可能だったりします。

ソラチカルートに乗せるのが当たり前で忘れている方も多くいらっしゃいますが直接交換が可能なんです♪

ANAマイル交換条件をご確認してみましょう!

中継ポイントサイト最低交換ポイント数ANAマイル手数料交換日数
G-Point30G(30円相当)10マイル無料2~4週間
Pex1,000P(100円相当)30マイル無料翌月中旬

ザックリですがマイル交換率は30%となります条件としてはG-Pointの方が若干良いです。

マイル交換率は全然良くありませんがANAマイルへ交換する道は残されています。

ポイントをANAで使えるようにする方法としてマイルへ交換する以外にもSKYコインへ交換する道も有ります。

SKYコインはANAで使える電子マネーと思えばイメージしやすいかと思います。

ANAグループで1コイン=1円相当として利用可能です。

さっそくSKYコイン交換条件をご確認してみましょう!

中継ポイントサイト最低交換ポイント数ANAマイル手数料交換日数
G-Point1G(1円相当)1 SKYコイン無料約2日後
Pex1,000P(100円相当)100 SKYコイン500P2~3日後

SKYコインへ交換する場合Pexの場合では500P(50円)相当の手数料が掛かるのが残念です。

しかし、現在はキャンペーン中でキャンペーンにエントリーすれば無料で交換が出来ます。(5月31日まで)

SKYコインを交換する場合でもG-Pointの方が条件が良いです。

スポンサーリンク

ANAマイルとSKYコインはどちらがお得か?

G-PointやPexのポイントをANAで使えるようにする方法は2種類ありました。

ではANAマイルとSKYコインではどちらに交換するのがお得でしょうか?

結論から言いますとマイルとしてざっくり1マイル=3円以上で利用できるならANAマイル、それ以下ならSKYコインとなります。

マイルは使い方で1マイル単価が変わって来ます。普通に利用すれば2~5円程度で利用できることが多いと言われます。

一番お得な使い方をすれば1マイルを10円以上で利用する事も可能です。

G-PointやPexに3,000円相当(単位をそろえる為円換算)のポイントが残っていた場合で計算してみます。

ANAマイルへ交換した場合G-Pointなら1,000マイル、Pexなら900マイルとなります。

SKYコインへ交換した場合G-Pointなら3,000コイン、Pex(5月31日まで)も3,000コインとなります。

G-Point:1,000マイル⇒3,000コインなので3倍

Pex:900マイル⇒3,000コインなので3.3倍

となりますので1マイルを3円以上で利用できるならマイルへの交換がお得となります。

通常マイルからSKYコインへの交換はAMC(ANAマイレージクラブ)会員の属性により1倍~最大1.7倍となります。

SKYコイン交換レート表

 

マイルからSKYコインへの交換は最大でも1.7倍です。

他のマイルと合算して交換したとしても今回の例で計算すると

G-Point:1,000マイルなので1,700コイン。

Pex:900マイルなので1,530コイン。

従ってざっくりマイル単価3円以上で使えないなら直接SKYコインへ交換してしまう方が断然お得と言えます。

マイル修行等で最初からSKYコインへすることが前提ならSKYコインへの交換をおすすめします。

SKYコインに関しては下の記事でご紹介しています。

さいごに・・・

今回はソラチカルートに取り残されたポイントの使い道を考察してみました。

G-PointやPexは中継サイトなのでポイントの交換先は多岐に渡りますのでご自身にあった交換先が必ずあります。

その選択肢の中にはANAで使えるように交換する方法もありマイルかSKYコインへ交換する場合の考え方をご紹介しました。

ポイント活動でマイルへの道が閉ざされても使い道に困ることが無いのがポイント活動の良い所です。

万が一マイルへの交換が出来なくなったとしても現金や各種電子マネーやギフト券等に交換できます。

新型コロナウィルスの影響でなかなか自由に飛ぶことが出来ませんが自由に乗れるその日の為に引き続きマイルやコインをコツコツと貯めて行きたいと思います。

PexでSKYコインへ交換するならキャンペーン期間中の今月いっぱいに交換しちゃってくださいね!

ECナビのポイントはTOKYUルートに乗せられないのこちらもチェックしてみた方が良いかもしれません。

本日もお越しいただきありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。

応援していただける方は下のバナーをクリックいただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村


飛行機ランキング

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

おすすめ記事

スポンサーリンク