E5系 新幹線
スポンサーリンク

こんにちは!

ブログ管理人のウルケンです。

ちょっと前になりますが仕事で東北に行った帰りに東北新幹線のグランクラスに乗りました♪

今回は東北新幹線のグランクラス乗車記になりますが飛行機に比べるとそのコスパの良さに驚きます。

東北や北海道、北陸へ行く場合に飛行機も良いですがたまにはゆっくり新幹線も良いです♪

飛行機好きの管理人ですが新幹線も好きです(笑)

東北新幹線のグランクラスとは?

東北新幹線のグランクラスは東北新幹線のE5系(緑が綺麗な新幹線)で初めて運用されたクラスです。

E5系 新幹線

それまでの最高クラスはグリーン車でしたが「ゆとりのある空間」や「静かな空間での移動」を目指して導入された新幹線最高クラスがグランクラスとなります。

飛行機の国内線ファーストクラスと同等のシートピッチで豪華な座席や軽食・ドリンクサービスが受けられるなど国内線のANAプレミアムクラスやJALファーストクラスに近いサービスが受けられます。

管理人の感覚的にはANA国内線(777系)プレミアムクラス同等と言うのが管理人の感覚です。

グランクラスは東北新幹線で初投入されて現在では北海道新幹線(H5系)や北陸新幹線(E7・W7系)にも投入されています。

スポンサーリンク

コスパが最高です♪

新幹線の最高グレードのグランクラスですが価格はいかほどでしょうか?

管理人が利用した区間で見てみます。

新青森から東京駅の乗車で乗車券と特急券(グランクラス)の価格は27,110円となります。

高いでしょうか?

普通席(指定席)の場合をご紹介しますと価格は17,350円となります。

新青森~東京間のトータル差額は9,760円となり価格差は1万円を切ってます。

乗車時間が3時間12分で1万円以下の価格差で後に紹介する座席で快適に移動できる上に軽食&ドリンクサービスが受けられるのは非常にコスパが良いと言える価格です。

座席に空きがあれば積極的に乗ってみたいと思えるのが東北新幹線のグランクラスになります。

人気があり空席無かったりするんですけどね(^^;

グランクラス 価格

 

飛行機で考えると3時間のフライトは羽田~沖縄間に近いですがエコノミークラスとプレミアムクラスやファーストクラスの価格差を考えたらとても割安!!

って思うのは航空会社の価格設定にまんまと慣れさせられただけかも!?(笑)

スポンサーリンク

シートのご紹介

JR東日本が誇るグランクラスのシートをご紹介いたします。

シートの開発にはイタリア「RECARO」が関わった革張りの豪華シートが奢られていて座り心地は極上でした♪

3時間越えの乗車でしたが疲れ知らずで東京駅から自宅の方が疲れたほど(笑)

新青森から東京へ向かう場合のシート配置は1-2アブレストで進行方向左が1列で進行方向右側が2列になります。

当たり前ですが下りでは逆向きになります。

普通席が2-3でグリーン車が2-2配列なのでグランクラスの配列がいかに贅沢な配列かご理解いただけるかと思います。

東北新幹線 E5系 グランクラス 2人掛けシート

ちょっと前の国際線ビジネスクラスを思わせるクラムシェルタイプでとても快適なシートです。

管理人は一人でしたので1人掛けのシートを利用しました。

座席は最後尾を指定しました。

最後尾なら何してても他のお客様の目が気にならないので(笑)

東北新幹線 E5系 グランクラス 一人掛けシート

 

気兼ねなくリクライニングが可能なシート

このシートは最大で45度のリクライニングが可能でフルフラットにはなりません。

(当たり前ですね飛行機じゃ無いんだからw)

最大のリクライニング状態

起てた状態から比べるとかなり寝かせられる事が分かります。

シートピッチも余裕ですしクラムシェルなので前席がフルリクライニングしても全く影響がありませんし逆に気兼ねなくフルリクライニングする事も出来ます。

管理人は小心者なので後ろに人が居ると中途半端にしか倒せません(笑)

グランクラスシート

 

リクライニングの操作は座席のボタンで簡単に出来ます。

パワーシートはやはり良いですね~♪

ANAさんにも見習って欲しい(笑)

グランクラス 座席操作パネル

思いっきりピンボケでスミマセン(笑)

その他の装備も充実の快適シート

飛行機のアッパークラスの様に読書灯も装備されてますし電源コンセントもしっかり1席毎に装備されていますので読書やPC操作やスマホ充電等が可能です。

グランクラス 読書灯

グランクラス シート電源コンセント

 

座席のテーブルはサイドテーブル(小さめ)とメインテーブルの2つを装備しているので好みに応じて使い分けが出来ます。

食事やPCを開く場合はメインテーブルを使えば広いテーブルのお陰で快適に食事やPC操作が可能ですし足を組んでリラックスしたいならサイドテーブルを開けばドリンク類や文庫本なら余裕で置いて置けます。

グランクラス サイドテーブル

グランクラス メインテーブルを展開

 

グランクラスのサービス

新幹線の中では最高クラスのグランクラスですから充実したサービスが提供されています。

グランクラスには専任のアテンダントさんがいらっしゃりお客様のリクエストに応えてくれます。

座席のパネルでアテンダントさんの呼び出しサインがあるのでボタン一つで来てくれるのは飛行機と同じ感じです。

グランクラスでは軽食(和食or洋食)のサービスとドリンク類がフリードリンクとなっていてお好みのドリンクを注文可能で無論アルコールも提供されています。

ドリンクメニュー

軽食は時期によって内容が更新されます。

管理人が乗車したのは春だったので夏のメニューとは違う内容でした。

和食では上りと下りでメニューが変ります。

軽食(和食)内容

 

洋食は上下共に食事内容は一緒です。

軽食(洋食)

 

3時間越えの乗車ではこのサービスだけで差額の1/3程度はペイ出来てしまいますね~。

アテンダントサービスはおしぼりからスタート♪

乗車後すぐにお絞りを持って来てくれる所からサービスがスタートします。

旅の気分も盛り上がりますね~♪

おしぼり 使用後でスミマセン(笑)

軽食サービスの和食をご紹介!

管理人は軽食を和食にしました。

スパークリングワインが無かったのでシードルで喉を潤します。

軽食(和食)&シードル

和食にシードルは合わないので飲み終わった後に別のお酒にしました(笑)

管理人が乗車した4月頃の和食メニューがコチラになります♪

グランクラス 軽食(和食)メニュー

実際のお弁当内容はこんな感じになっています。

東北新幹線グランクラス 軽食(和食)

一つ一つ丁寧に作られた感じで美味しく頂きました~♪

お味噌汁が付けば言う事無しですが残念ながらお味噌汁は提供されません。

管理人は飛行機でもそうなんですがおかずはお酒のお供で食べて最後に〆としてご飯とお味噌汁を頂くので今回はお茶で〆ました(笑)

スナック&デザートも有ります♪

3時間の乗車ですのでアルコールも頂きます。

機内サービスよろしくスナックをお供に赤ワインでカンパーイ♪

赤ワインは井筒ワインが提供されてました。

管理人は最初に出された物をとっておいて後からワインと一緒に頂きました。

頼めば後からでも貰えるんですけどね(笑)

グランクラス 赤ワインは井筒ワインでした。

おかきがおつまみ

デザートと言うほどでは無いんですが甘味も提供されます。

ハスカップのパウンドケーキ

 

こちらのパウンドケーキはコーヒーと一緒に頂きました♪

コーヒーのお供

アメニティー他

国内線のプレミアムクラスやファーストクラスと同じ様にスリッパが有ります。

3時間だと靴が脱げるのは楽で良いです♪

室内のインテリアに合わせたカラーの袋入りでお土産としてお持ち帰りができます。

グランクラスのスリッパ

グランクラスのマーク入りの袋

肝心のスリッパ本体の写真を撮り忘れました(笑)

ANAプレミアムクラスのスリッパより少し厚手のキャメル?と言うか肌色?のスリッパでした。

グランクラスは1編成に1両だけしか連結されていません。

上りでは最後尾の10号車がグランクラスになります。

乗車口にもグランクラスの表示

 

車内の雰囲気はこんな感じで広々としていて快適そのものです。

車内の雰囲気

 

連結部分にはトイレや洗面所があり使う人も少ないので楽です。

新聞が置いてあるので自由に読むことも可能です。

連結部分の共用エリア

各紙そろっています。

洗面台はカーテンつきですのでコンタクトの装着やメイク直しでもプライバシーが保てます。

洗面スペース

 

大きな荷物を収納するスペースもありますのでキャリーバッグ等は預けることも出来ますね~♪

荷物収納スペース

 

さいごに・・・

新青森駅のねぷた

 

今回は飛行機から離れて新幹線のグランクラスをご紹介しました♪

飛行機好きな管理人ですがグランクラスはお気に入りでチャンスがあれば乗ってしまいます。(笑)

ANAのプレミアムクラスと比べるとサービスは若干劣ります。

ドリンクの種類や質、アテンダントさんのサービスに関してはプレミアムクラスに軍配が上がります。

しかし、シートの作りや食事の質はグランクラスの方が良くて結局甲乙付けがたいです(^^;)

そう考えると余計にグランクラスのコスパの良さが感じられる事になるんですよね~

新青森~東京間で3時間12分に27,110円を単純に移動空間と捕らえるなら高いと思います。

ですが乗車がすでに旅の始まりと考えるなら価格差以上の満足を得られるのと言う事になります。

結果、仕事で使うなら普通席かグリーン車で移動と割り切る事になります。

私の場合は出張の帰りのお楽しみとして利用しましたので大満足です。(^^)v

飛行機みたいにこんな写真撮ったりして楽しんでしまいました。(笑)

飛行気風の写真(笑)

管理人はANAプレミアムクラスを利用する時はフライト時間が長い便になります。

グランクラスも短時間乗車ではオーバースペックですので、ゆっくりと乗車できる区間での利用をお奨めします。

今回は陸マイラーブログなのに鉄分高めの記事でしたがいかがでしたでしょうか?

当ブログは普段なら鉄分少な目のブログです(笑)

ポイントサイトを利用してお得に飛行機に乗る方法等をご紹介していますので鉄分大目の方はコチラの記事を読んでいただけると嬉しいです。

管理人は飛行機に乗らずに貯めたマイルでシンガポール航空のビジネスクラスを発券しました♪

 

本日もお越し頂きましてありがとうございます。

ブログランキングに参加中です。

応援いただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 小遣いブログ ANAマイル・SFC修行へ
にほんブログ村


マイレージランキング

 

スポンサーリンク