ロワジール公式より
スポンサーリンク

こんにちは!

ブログ管理人のウルケンです。

今日は3月にSFC修行兼、旅行で「ロワジール スパタワー 那覇」ホテルに宿泊して来ました。

写真を使ってご紹介してみましたのでロワジールホテルの宿泊をご検討中の方の参考になれば幸いです。

IHGでもSPGやMarriotto でもありませんがよろしくお願いいたします。

ロワジール公式より

 

那覇にある大型リゾートホテルに泊って来ました!

SFC修行中の最中の3月の上旬にSFC解脱フライトと言う事で珍しく夫婦で2泊3日で沖縄に旅行する事になり宿泊先に選んだのが「ロワジール スパ タワー那覇」でした。

沖縄行ってMarriottでもIHGグループでもシェラトンやハイアットでも無いところが管理人らしいでしょうか?(笑)

いや悩んだんです・・・

最後までANAクラウンにするか?とか昨年行ったハイアットも良かったしなぁとか色々と考えました。

結局ロワジールスパタワーを選んだ決め手はリゾート感とスパが決め手となり宿泊する事にしました。

スポンサーリンク

ロワジール スパ タワー 那覇

ロワジールホテル那覇の上級グレードに位置するのがスパタワーです。

ロワジール那覇はロワジールホテル那覇【別館/イースト】(ビジネスホテル)⇒ロワジールホテル那覇【本館】⇒ロワジールスパタワー那覇と言う3つのホテルが一体となって施設群を構成しています。

別館イーストと本館&スパタワーのエントランスが別となっています。

スパタワーに宿泊の場合は本館エントランスより入館しますがチェックインはスパタワー専用ラウンジでゆっくりウェルカムドリンクを頂きながら手続きが可能だったりします。

スパタワーの宿泊者は本館とスパタワーの施設が利用可能です。

本館宿泊の場合はスパタワー施設利用は原則別途料金が掛かります。

(宿泊プランでスパタワー施設利用が可能な場合があります)

そして沖縄では珍しく天然温泉が楽しめるのも特徴です。

那覇市内ホテルで天然温泉ってロワジール以外では無いと思います。

泉質は海水を温めたような感じですけど(笑)

なんでも約800万年前の化石海水を地下800mから汲み上げてるんだそうです。

結局、化石海水って石なのか水なのか?もちろんお風呂に使うので水なんですけどね(笑)

ロケーション

空港からだとタクシーで15分程度でサクッと到着します。

公式では車で7分と有りますがそれは最速での話しですね(^^;)

ゆいレールの最寄駅は「旭橋駅」ですが1kmほど有るので重い荷物を持って暑い沖縄を歩くのは結構ハードです。

若干ロケーションとしては那覇中心部から離れていて国際通りへ行くにもタクシーを呼んだほうが良い不便があります。

国際通りなら気温が高くなく荷物が少なければ楽しく歩いていけますが夏の日中とかだと厳しいです。

その変わり割と海に近く風が爽やかでリゾート感があるのでゆっくり過すには良いホテルです。

基本情報

チェックイン・チェックアウト

チェックIN    14:00

チェックOUT   11:00

SPA Tower 専用チェックインカウンター

スパタワーでは専用ラウンジでのチェックIN&OUTが可能でとても快適でした。

ウェルカムドリンクを頂きながらチェックIN~♪

チェックIN&OUT 専用ラウンジ

ラウンジでウェルカムドリンク

客室クラス構成

全室に広いバルコニーが設置されていてアメニティーもスーパーモデルのタリスティー・タリントン監修の「スンダリ」が提供されていいます。

客室構成はツインですが全客室の定員は4名ですのでご家族4名なら一室で泊れるのは嬉しいです。

最近は定員3名のホテルが多く親子4人のご家族(我が家がそうです)だと2室抑えることになる事が多いんですがロワジールスパタワーなら一部屋で泊れます。

◎スーペリアツインシティービュー 36.7㎡(42室)

7~12階に設定されているメイン客室です。

スーペリアシティービュー(公式サイト)

◎デラックスツインベイビュー 40.7㎡(28室)

7~10階の海側に設定されている客室です。

デラックスツインベイビュー(公式サイト)

 

◎スパデラックスツインベイビュー 40.7㎡(14室)

スパタワーの建屋最上部の客室で11階&12階に設定されています。

スパデラックスツイン ベイビュー(公式サイト)

付帯施設

スパタワー宿泊者は本館施設の利用も可能です。

◎【本館】温泉施設「三重城温泉 島人の湯」(本館2階)

営業時間 6:00~24:00

露天風呂もあります。(天然温泉)

スパタワーに宿泊ならわざわざ行かなくても良いと思います。

温泉成分はスパタワー側も本館も一緒ですし雰囲気がスパタワー側のほうが良いです。

本館の温泉(公式サイト)

 

◎【スパタワー】温泉施設「三重城温泉 海人の湯」(スパタワー2階)

営業時間 6:00~24:00

露天風呂が有ります。(天然温泉)

とても雰囲気が良く本館に比べ人も少なくとてもリラックスが出来ます。

スパタワー 温泉(公式サイト)

 

◎【本館】屋内&屋外プール

屋内プール(10:00~22:00)

本館屋内プール(公式サイト)

屋外プール(10:00~21:00)夏季期間4月~10月の季節営業

本館屋外プール(公式サイト)

 

時期的に屋外プールの利用はしませんでしたが屋内プールは年間利用が可能です。

しかも屋内プールは天然温泉を利用しているのでタラソテラピー効果もあります。

屋外プールはリゾート感もあって小さいお子様連れでも安心な水深エリアがあるのでご家族でゆっくり過せそうです。

フィットネスジム

◎【本館】フィットネスジム(本館12階)

営業時間:24時間利用が可能

スパタワー宿泊者は滞在中無料で利用可能。

本館は客室クラスによっては有料での利用になります。

本館ジム施設(公式サイト)

ジムも利用はしませんでした(^^;)

本当は利用する予定だったんですがウェアのレンタルが無いんですよね~(笑)

事前チェックを怠りました(笑)

なんとなく過去はウェアレンタルが有るホテルに泊っていて当たり前にレンタルできると思い込んでました。

シューズのレンタルはありますので利用する予定ならウェアだけ持って行ってください♪

スパ施設

◎【スパタワー】CHURA SPA (スパタワー2階)

営業時間 14:00~23:00

完全予約制でスパトリートメントが受けられます。

スパタワー チュラスパ(公式サイト)

私は今回施術を請けていませんが奥様が利用しました。

以前、私自身が利用した時にとても良かったので奥様にプレゼントしました。

スパマニアの奥様曰くかなり良かったと言うことですので宿泊の際には利用してみてはいかがでしょう?

完全予約制で結構人気があるのでハイシーズンなら宿泊決定したらすぐにスパの予約をオススメします。

午前中に営業していないのがちょっと残念ではありますが逆にかなり遅い時間まで営業していますのでスケジュールしだいでは夕食後の利用も可能です。

カップルで受けられるコースもあるのでご夫婦等でも利用できます。

男性って意外とこう言う所に行きませんが一度行くと病みつきになるほど気持ち良いですよ~♪

あたり前ですが写真撮影出来ませんでしたがとても雰囲気が良くて最高のリラクゼーションになります。

シーサーがお出迎え

CHURA SPA アロマ

CHURA SPA メニュー

CURA SPA

スポンサーリンク

宿泊した客室のご紹介

今回はSFC修行解脱フライトと言う事と私たち夫婦の結婚記念日のお祝いを兼ねた沖縄旅行でしたのでお部屋は豪華に「スパデラックスツイン ベイビュー」を利用しました。

客室広さも十分でとても快適に過せました。

バルコニーが広く季節柄とても風が気持ちよくてゆっくりバルコニーのテーブルセットでオリオンビールを堪能しました。

しかし、写真を撮り忘れましたね・・・

ブロガー失格(笑)

客室 ベット

客室 ベッド配置

ベッド奥にはソファー

テーブルセット

デスク廻り

 

昼間の雰囲気はこんな感じです。

昼間の客室雰囲気

バスルーム&アメニティー

客室内のお風呂もなんと天然温泉が楽しめます♪

バスルームはビューバス

シャワーとバスが一体のタイプですがビューバスでとても気持ち良かったです。

湯船が狭く映ってますが扉が映り込んでいるだけです。(^^;)

足を伸ばしてゆっくりとバスタイムを楽しめます。

バスタブは大きくて快適

思いっきり足が伸ばせます。

 

昼間のバスルームはこんな感じです。

日中のバスルーム雰囲気

 

洗面台はダブルボールで快適です。

ダブルボールで快適

広くて使いやすい

 

アメニティーは「スンダリ」オーガニックで質の良い物が用意されています。

SUNDARI

アメニティー類は完備しているのでご自宅から持ち込む必要はありません。

ブラシ・身体洗いタオル・髭剃り・歯ブラシ・コットン・綿棒等一通り揃っています。

シェービングクリームは泡派の方は持って行く必要があります。

アメニティー類は完備

室内装備品

ネスプレッソは無料で利用が可能です。

室内にネスプレッソのマシンが置いてあり自由に利用できます。

それ以外にもティーバッグもあるので物足りないと言う事は無いですね。

ネスプレッソ

冷蔵庫&アルコール

当たり前では有りますが有料になります。

冷えたビールが有るのは買いに行くのが面倒なときには助かります。

料金も馬鹿高いと言う事も無かったので普通に利用しちゃいました。

沖縄らしく「オリオンビール」が4本(笑)

冷蔵庫中身

若干種類が少なく寂しい感じではありますがウィスキー&ブランデーに沖縄らしく泡盛のクースーが置いてありました。

ハードリカー

クローゼット&室内着

室内着は全部で3種類。

室内着で2階の温泉まで移動がオッケーなのはちょっと旅館チック(笑)

チェストの写真を撮ってませんが全部で4段あるので家族4人での滞在でも各自で使えそうです。

クローゼット

スリッパ&サンダル

ワッフル記事のルームウェア

沖縄をイメージした室内着

ピンボケしてましたスミマセン(笑)

セーフティーボックスは暗証番号式なので鍵を持ち歩く煩わしさはありません。

セーフティーボックス

ホテルのバーも楽しみました♪

良いホテルに泊った時の楽しみにBarの利用があります。

本館の12階にBar「BARプラネート」があります。

当日は団体の2次会と重なってしまい大変な賑わいで若干落ち着きませんでしたが普段なら雰囲気たっぷりでお酒が楽しめるだろうなぁ~と感じました。

サンセットの時間帯がとてもオススメとの事でしたが管理人夫婦はガッツリ夜に利用(笑)

そりゃ団体の2次会に被るわけです(^^;)

ホテルのBARプラネート(公式サイト)

BAR雰囲気

気取って泡など頼んでしまいました(笑)

スパークリングワインを頂きました。

お腹いっぱいなのに南国と言う事でフルーツの盛り合わせを頼んでしまいました。

思いのほか量が多くて驚きましたが腹いっぱいと言いながら完食しました(笑)

しょ、消化良いですからね(^^;)

フルーツの盛り合わせ

 

2杯目はマティーニを注文。

本格的なマティーニで美味しく頂きました♪

自分で作ると水っぽくなりますがプロが作ると違いますね~

フルーツの食べカスまで映ってしまいお見苦しい感じで申し訳ございませんm(_ _)m

今後、写真撮るときは気をつけます!

似合わないけどマティーニ

ホテル内の雰囲気

リゾートっぽく開放的で広いエントランスとなっています。

リゾート感のある本館エントランス

本館のフロントはこんな感じです。

本館フロント

 

スパタワーのチェックIN&OUTはスパタワー専用ラウンジで手続きになります。

スパタワー専用フロント

スパタワーチェックイン&アウト専用ラウンジ

 

ロワジールホテル那覇本館とスパタワーは渡り廊下で接続されています。

スパタワーに向かうに連れ雰囲気が変わり気分が上がります。

渡り廊下入り口

渡り廊下

渡り廊下2

部屋のバルコニーからは海上保安庁の巡視船が見えます。

バルコニーからの景色

夜景はこんな感じです。

部屋からの夜景

さいごに・・・

今回は最近話題のSPGやIHGでもヒルトンでもハイアットでも無いホテルの情報と言う事で記事にしてみました。

意外と紹介されて無いのかなぁと言う事で普段の【ホテル宿泊】記事より写真多目でご紹介してみました。

朝食に関してはコチラで記事にしています。

【本館】【スパタワー】を含めオススメ出来るホテルです。

特に小さいお子様がいらっしゃるご家族で市内観光ちょっとでゆっくりホテルで過したい方や管理人夫婦のようにスパや温泉でゆっくり過したい方に良いホテルです。

ラウンジは有りませんがオールデイダイニングもありますので一日中ホテルで過すのも有りです。

SFC修行解脱祝い兼、結婚記念日と言う事で豪華なお部屋にしました。

飛行機代が無料に出来て無ければなかなか泊れないですね。

しかも飛行機は無料ですがSFC修行の私は往復ANAプレミアムクラスまで堪能できてしまいました。♪

SFC修行についてはコチラで記事にしています。

本当に今回は陸マイラーやっていて良かったなぁと感じれた旅行でした。

陸マイラーについて詳しくはコチラで記事にしています。

 

本日もお越しいただきありがとうございました!

ブログランキングに参加中です。

応援いただけるとうれしいです。

 

にほんブログ村 小遣いブログ 陸マイラーへ
にほんブログ村


旅行・観光ランキング

おすすめ記事

 

スポンサーリンク