【JAL】国内線 最高峰ファーストクラスは最上級のおもてなし♪ 体験してきました!

日本国内最高峰といわれるJAL国内線ファーストクラスを体験して来ました!

JAL国内線ファーストクラスは限られた路線と機材(飛行機)でしか飛ばして無く、プレミアムなシートでなかなか乗ることが出来ません。

今回はJAL国内線の最高峰!!JALファーストクラスに乗る機会を得たのでファーストクラスに乗ると受けられる特別待遇や実際の機内のファーストクラスの様子などをご紹介したいと思います!!

JALファーストクラスとは?

飛行機においてファーストクラスは特別なブッキング・クラスです。

JALでは国内線でファーストクラスを設定しておりJAL自ら「最上級のおもてなし」と謳っており飛行機好きなら一度は乗ってみたいと思われている特別感が満載のシートです。

普段の飛行機はただの移動手段と言えますがファーストクラスになると飛行機に乗ること自体が特別な体験になり、旅行であれば空港に到着した時から特別感でまくりの素敵な飛行機旅をスタートすることができます。

管理人のように飛行機好きな方達はファーストクラスに乗るのが目的の旅と言う逆転現象が起きます(笑)

とある漫画の銘台詞「旅行に行くから飛行機に乗るのではない、飛行機に乗るために旅行にいくのだ!!」

そんなシチュエーションにぴったりなのがファーストクラスです。

JALファーストクラス(公式より)

JALファーストクラスは4路線のみの運航

JAL国内線最高峰のファーストクラスに乗れる路線はたったの4路線だけです。

JAL ファーストクラス 設定路線

ANAがJALの「ファーストクラス」に近い「プレミアムクラス」をほとんどの路線で飛ばしていることを考える運航路線がとても少ないと言えます。

さらに4路線で運行している便すべてにファーストクラスが設定されているかと言えば否。

機材(飛行機)によってはファーストクラスが無い機材もあるのでさらに運航本数は少なくハイシーズンでは予約も取れないプレミアムチケット化することがあります。

JALが運航しているファーストクラス設定路線

  • 東京(羽田)~北海道(新千歳)
  • 東京(羽田)~大阪(伊丹)
  • 東京(羽田)~福岡(福岡)
  • 東京(羽田)~沖縄(那覇)
スポンサーリンク

ファーストクラスの特別待遇がすごい!

JAL国内線最高峰ともなりますとエコノミーに比べると航空券もお高くなります。

しかし、ファーストクラスで受けることが出来る数々の特別待遇を考えると混雑する空港や時期によっては価格以上の価値が出る方もいらっしゃると言えます。

ファーストクラスでは豪華な機内シートに注目があつまりますがファーストクラスは空港に到着した時から特別待遇を受けることが出来るんです!!

空港に到着した時から特別待遇

ファーストクラスは機内のサービスに注目が集まりますが実は空港に着いた時から特別な待遇を受けることができます。

JAL ファーストクラス 空港ベネフィット

空港に到着すると荷物を預けたり搭乗券を発行してっもらうにはチェックインカウンターを利用します。

このチェックインカウンターは繁忙期には大行列になることがありますがファーストクラスには専用のチェックインカウンターがあり大行列に並ぶことなくチェックインが出来ます。

実際に管理人がファーストクラスに搭乗した時は下の写真のように一般カウンターは大行列で並び蹴れない人の列が伸びており最後尾では1時間弱かかるとアナウンスされてましたがファーストクラス専用カウンターには行列はありません。

ファーストクラス専用チェックインカウンター

下の写真は専用カウンター近くの様子です。ファーストクラス専用と言うことがはっきりします。

右側はJALのエリート会員が利用するカウンターで左がファーストクラス専用のカウンターになります。

ファーストクラス&JGC専用カウンター

ご自身の荷物を預ける場合も特別待遇が受けられます。

エコノミークラスでは通常1個あたり20Kgまでの制限となっており超過分は追加料金が発生しますがファーストクラスでは1個あたり45Kgまで無料で預け入れできるので、ほとんど追加料金は発生しません。

チェックインが完了すると保安検査を受けますがコチラもチェックインカウンター同様にファーストクラス優先レーンを利用できるので一般レーンのように長い行列に並ぶこと無くストレスフリーで出発ロビーへ向かうことができます。

JAL運営のダイヤモンド・プレミアムラウンジの利用が可能!

空港ラウンジを利用されたことがある方は多いかと思いますがJALファーストクラスのラウンジは他のラウンジからは一線を画します。

空港ラウンジと言うとクレジットカードのゴールドカードで利用できるカードラウンジを利用される方が多いと思います。

カードラウンジも快適ですがJALが直接運営する「さくらラウンジ」はカードラウンジより豪華で快適な上にアルコールを含むドリンク類もフリーなど一つ上を行くラウンジとなっていますが通常はJAL上級会員しか利用できません。

ファーストクラス利用者は、その「さくらラウンジ」の上を行く「ダイヤモンド・プレミアムラウンジ」を利用できます。

「ダイヤモンド・プレミアムラウンジ」はJAL最上級会員の「ダイヤモンド」か「JGCプレミア」しか利用できない特別なラウンジで「さくらラウンジ」より豪華でドリンク類の種類や質も上がり軽食までフリーとなっています。

ファーストクラスに乗るならプレミアムラウンジでお酒を飲みながら搭乗までゆっくりくつろぐことが出来ます。

羽田空港 ダイヤモンド・プレミアムラウンジ

優先搭乗

飛行機の出発時刻が近づいてもファーストクラスの特別待遇は続きます。

搭乗口(ゲート)から飛行機に乗る時もファーストクラスは最優先で案内がされます。

最初に事前改札サービス(サポートが必要な方達)があり、優先搭乗が始まるとファーストクラスのお客様は一番最初に飛行機に搭乗することが出来ます。

大きな飛行機では乗客が乗り終えるまで相当な時間が掛かり搭乗口では長い行列ができますがファーストクラスならサクッと搭乗して機内の快適なシートで出発までゆったりした時間を過ごせますしオーバーヘッドビン(頭上の棚)を他の乗客と取り合うこともありません。

JAL優先搭乗(国内線)

飛行機を降りた後も特別待遇!

飛行機が目的地に到着してもファーストクラスの特別待遇は続きます。

目的地の空港に到着すると預けた荷物を回収しますがファーストクラス利用者の荷物は一番最初にターンテーブルから出てきます。

大型の機材では最初の荷物と最後では30分以上掛かることもありますがファーストクラスなら荷物が出始めたら待つことも無くサクッと預けた荷物を回収して空港から出られるのでストレスフリーで本当に快適です。

JALファーストクラス 特別待遇(公式より)
スポンサーリンク

ツンデレのおJAL様に翻弄されるが「ファースト」ゲット♪

今回利用したのが沖縄(那覇)から東京(羽田)までの沖縄便となります。JALファーストクラス運航便のなかで最長3時間前後のフライト時間でファーストクラスを満喫するには最適な路線と言えます。

実は当初当日アップグレードで「クラスJ」(エコノミーのちょっと良い席)を抑えていましたが機材がファーストクラスがある便だったのでクラスJをアップした際についでに「ファーストクラス」の空席待ちも入れておいたんです。

空席の呼び出し時間に空席待ちカウンターに行くと「ファースト」に乗れます!!とグランドさんに笑顔で言われました。「ラッキー!!ファーストゲット~」と思ったのもつかの間。。。

端末処理しているグランドさんの様子がおかしい(^^;)

少しお待ちくださいと言って上司?の方の方へ行ってゴニョゴニョされてます。(笑)

結果、解放されたファーストクラスを管理人の空席待ち順番が一つ前の方が直前に抑えてしまったと言うことでファーストクラスの空席がなくなりました。。。(T_T)と申し訳なさそうに言われました。

ファーストに乗れる~と思ったのも束の間で当初予定のクラスJで帰ることに(笑)

預けた搭乗券やクレジットカードを返していただいて大人しく搭乗ゲートへ向かいました。普通にアップしたクラスJに乗ろうと待機していたらアナウンスで再度「空席待ちカウンター」に呼び出されます。先ほど搭乗券を預けた際に不具合でもあったのか?と思いながらカウンターに戻ります。

カウンターに行くと先ほどのグランドさんが、またしても申し訳なさそうに「再度お戻り頂き申し訳ございません」と言われたので管理人が「何かありました??」と聞くとニコっと笑って「ファーストクラスをご用意出来そうです!!いかがされますか??」ってグランドさん

それは!!当然「乗る乗る~♪」

ファースト空席待ちゲット!からの、やっぱりダメ~で、やっぱりファーストに乗せてあげる!ってどんだけ管理人を翻弄するんですか(笑)でも、素敵なスタッフさんで会社としてはツンデレ対応でしたがグランドスタッフのお陰で嫌な感じは全くありませんでした♪

スポンサーリンク

JAL ファーストクラスの機内の様子

空席待ちカウンターでバタバタしてしまったので優先搭乗はしませんでしたが機内に入ると一番前方にファーストクラスのエリアがあるのですぐ座ることが可能でした。

JAL 国内線ファーストクラス シート

どうでしょう?豪華なマッサージチェアもとい、豪華な革張りソファーの様なシート!!

ブランケットは最初からシートに置いてありファーストクラス専用の物でした。

JAL国内線 ファーストクラスシート(操作パネル)

足元にはフットレストが装備されておりリクライニングもフットレストも電動化されているパワーシートでとても快適なシートと言えます。

ファーストクラス 機内の様子

管理人(175cmのメタボおじさん)がシートに着席しても足元スペースは余裕があり足を組んでも誰にも迷惑が掛からない程です。

座り心地も最高でリクライニングすれば3時間程度のフライトならフルフラットにならなくても快適に寝れます。

JAL国内線ファーストクラス(ヘッドフォン)

ファーストクラスではエコノミークラスより豪華なヘッドフォンが装備されていました。

ただ、イヤーカップが小さくて管理人にはちょっと使いづらかったです(^^;)

JAL国内線ファーストクラス(モバイルバッテリー)

今やエコノミーでも電源やUSB充電ポートが装備されて来る時代ですがJAL最高峰のファーストクラスにはコンセントもUSBポートも無いんです!!しかしご安心ください♪ファーストクラス専用のモバイルバッテリーが利用出来るようになっておりUSBケーブル対応機器であれば充電が可能です。

スリッパ

ファーストクラスでは機内用のスリッパもサービスされており自分で機内用スリッパを持ち込む必要はありません。スリッパはお持ち帰り自由ですのでお土産にいただいておきました(笑)

JAL国内線 ファーストクラス機内の様子

ファーストクラス全体の様子です。

安定飛行に入ると国内線でも機内サービスが始ままります。

ファーストクラスではアルコール類も含めドリンク類はフリーとなっています。

泡もスパークリングワインではなく本物のシャンパーニュが提供されてます。

JAL国内線ファーストクラス 機内サービス(1)

写真ではすでに料理も来てますが・・・

グラスを置かれただけでなかなか注いでくれなかったんです(^^;)

通常は料理の前に飲み物のサーブがありその後で料理が出てくるんですがグラスはあれど放置プレイ。

しばらくたって料理が来た段階でCAさん「シャンパンおかわりされますか??」いやいや~、まだ一滴も飲んでませんけど~(笑)

とりあえず「お願いします♪」と明るくお願いしましたが。。。それでもなかなかシャンパンを注ぎに来てくれません。やっとシャンパンボトル持ってカーテンから出てきたと思ったら前方席からお代わりを注ぎ始めるもんだから途中でジャンパン無くなってしまい管理人のところに来る前に帰っていく~(T_T)

忙しそうなのであまりコールするのは忍びないのですがCAさんを呼ぶボタンを押して再度シャンパンをお願いしました(笑)

JAL国内線 ファーストクラス(機内食)

機内食はこんな感じです。

飛行機のなかでこのクオリティーでいただけるのは嬉しいですよね~

この段階ではシャンパンは一滴も注がれておりません(笑)

本当は軽くシャンパン飲んで食事の段階では日本酒を飲みたかったんですけどねぇ~

食後にはホットコーヒーを頂いてゆっくり過ごしました♪

ドリンクメニュー(ソフトドリンク)

ドリンクメニュー(ソフトドリンク)

ドリンクメニュー(アルコール類)

ドリンクメニュー(1)

食事メニュー

ドリンクメニュー(2)

あまり食べる機会が無いんですがJALオリジナル麺の「らーめんですかい」や「うどんですかい」も美味しいですよ~♪

スポンサーリンク

さいごに・・・

今回はJAL国内線のファーストクラスをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

ファーストクラスは4路線でしか乗れませんが伊丹や新千歳では離陸して食べてすぐ着陸となるのでファーストクラスをゆっくり楽しむなら福岡か欲を言えば那覇便がお勧めです。

高い航空券ではありますが数々の特別待遇を考えると繁忙期ではかなりの時短効果があり検討する価値があると言えます。

JALの国際線のビジネスクラスも搭乗しましたのでご興味があれば是非~♪

JAL国内線ファーストクラスは飛行機好きなら一度は乗ってみる価値あります!!

ファーストクラスに乗って沖縄とか最高です♪

本日もお越し頂きありがとうございました!

ブログランキングに参加中です。

ブログ記事が参考になったという方はバナーをクリック頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 小遣いブログ ANAマイル・SFC修行へ
にほんブログ村


マイレージランキング

スポンサーリンク

おすすめ記事

当ブログでは飛行機に乗らずにマイル(マイレージ)を貯めてお得に飛行機に乗る方法をご紹介しています。