【陸マイラー】ANAマイル交換ルートの新ソラチカ(LINE)ルートを徹底解説!
新ソラチカ(LINE)ルートのまとめ
スポンサーリンク

陸マイラーが飛行機に乗らずにANAマイル(マイレージ)を貯めるにはポイントサイトでポイントを貯めて効率良くANAマイルへ交換する必要があります。

ポイントサイトからANAマイルへ交換するルートは現在3つの交換ルートありますが、なかでも「新ソラチカ(LINE)ルート」は最も人気があるANAマイル交換ルートと言えます。

そこで今回はポイントサイトを利用して飛行機に乗らずにANAマイルを貯める為に、絶対知っておかなければならない「新ソラチカ(LINE)ルート」について詳しく解説いたします。

【重要】LINEポイントからメトロポイントへの交換が2019年12月27日をもって終了いたします。これに伴い今回の記事内容は間もなく完全終了いたします。

この記事をよんで手順を踏めばANAマイルを貯める準備が分かるようになっています。

ANA機

陸マイラーとは?

陸マイラーってなんだろう?と言う方もいらっしゃるとおもいますで簡単に説明しておきます。

飛行機に乗らずにマイル(マイレージ)を貯めて飛行機旅行をお得に実践している人たちを陸マイラーと呼んでいます。

飛行機に乗ってマイルを貯める人を空マイラー、飛行機に乗らずに陸上でマイルを貯めるのが陸マイラーです。

なんでも陸サーファーから来ていると言う説もあります。

 

スポンサーリンク

ソラチカルートから新ソラチカ(LINE)ルートへ

ANAマイラーが大量マイル発生源として利用しているのがポイントサイトです。ポイントサイトで貯めたポイントを効率良くANAマイルに交換していた「旧ソラチカルート」が2018年3月31日で数か所の交換先が閉鎖されました。それに伴いポイントサイトで貯めたポイントをソラチカルートへ乗せてANAマイルへ交換するにはLINEポイントを経由することになり、これを「新ソラチカルート」と呼んでいます。

ポイントサイトで貯めたポイントをLINEポイントへ集約する必要から別名「LINEルート」とも呼ばれています。

今回は「新ソラチカ(LINE)ルート」を改めて詳しくご紹介していきます。

【重要】LINEポイントからメトロポイントへの交換が2019年12月27日をもって終了いたします。これに伴い今回の記事内容は間もなく完全終了いたします。

新ソラチカルート(LINEルート)の全体を確認

2018年4月1日以降は新しい交換ルートでANAマイルへ交換する必要があります。

旧ソラチカルートではポイントサイトは何処を使っていても交換ルートは変わりませんでしたが新ソラチカルートでは各ポイントサイトで交換ルートが変わります。

先ずは全体のイメージ図で確認をしてください♪

新ソラチカルート全体図

現状ではメトロポイントからANAマイルへの交換率は90%と言う事で上流側の閉鎖はありましたが依然として圧倒的なANAマイルへの交換率で他の交換ルートの追従を許していません。

各ポイントサイトで貯めたポイントは交換ルートによって73.6%~81%でANAマイルへの交換が可能です。

スポンサーリンク

新ソラチカルートでも最大216,000マイルは変わらない

ソラチカルート最大のネックがメトロポイントからANAマイルへの交換上限設定です。

新ソラチカ(LINE)ルートでも引き続きメトロポイントからANAマイルへは月に20,000メトロポイントまでとなります。

メトロポイント⇒ANAマイルへの交換率が90%なので月に18,000ANAマイルがt毎月ためられるマイル上限となります。

年間で考えると18,000マイル×12か月=216,000マイルが新ソラチカルートで貯められるANAマイルの年間上限となります。

なので陸マイラーブログで良く見かける年間216,000マイル貯まる!というフレーズが良く出てくるんです。

【重要】LINEポイントからメトロポイントへの交換が2019年12月27日をもって終了いたします。これに伴い今回の記事内容は間もなく完全終了いたします。

新ソラチカルートはLINEポイントを経由する必要有り

全体の交換イメージを見ていただくとご理解いただけたかと思います。

ポイントサイトで貯めたポイントをANAマイルに交換するには最終的にLINEポイントを経由する必要があります。

この事からLINEルートと呼ばれたりします。

旧ソラチカルートでもLINEポイント経由でメトロポイントへ交換が可能でしたがメトロポイントへの1次側(上流側)の「.money」「Pex」「G-Point」が閉鎖された事で生き残った「LINEポイント」が必須となりました。

ANAマイルを貯める方は準備としてLINEアプリをスマホに登録が必要になります。

各ポイントサイトからの交換ルートの確認

ポイントタウンは最短交換ルートで交換率81%

他のポイントサイトと違いポイントタウンは直接LINEポイントへ交換が可能です。

ポイントサイト⇒ANAマイルと言う交換で現在最も手間が掛からずに効率良くANAマイルへ交換できるのが「ポイントタウンとなります。

新ソラチカルートでは最重要のポイントサイトになります。

ポイントタウン 交換率81%G-Point経由で簡単に81%交換率

モッピー・すぐたま・ハピタス・GetMoney・ちょびリッチ・がG-Pointへの交換を開通させました。

旧ソラチカルートの閉鎖から時間が経過し、G-Pointへの交換可能サイトが増えてきて新ソラチカルートもだいぶ楽になってきました。

人気のポイントサイトが目白押しなので「ポイントタウン」とG-Point対応サイトだけで十分ANAマイルを貯めることが可能です。

今後もG-Point対応サイトが増える可能性が高いです。

新ソラチカルート(G-Point経由)

交換率81%で現在最高レートの交換ルート。

中継サイトが少なく初心者でも始めやすい交換ルートです。

モッピーはLINEポイントへ直接交換が出来ますが交換レートが悪いためモッピーはG-Point経由をオススメいたします。

その他、人気ポイントサイトから81%交換ルート

旧ソラチカルートの閉鎖から時間が経過しG-Pointへの対応サイトが増えたのでANAマイラー人気のポイントサイトは残りが少なくなってきました。

G-Point対応のポイントサイトに比べると手間が掛かりますがPex⇒ワールドプレゼント⇒G-Pointを経由することで「LINEポイント」へ交換が可能です。

中継場所が多いですが人気のポイントサイトの「ECナビ」と「Gendama」が残っています。

なお、ECナビでは下の項目で説明してるショートカットコースにおいてキャンペーンを実施して実質交換率を上げることで中継の手間をへらしています。

人気のポイントサイトから73.6%交換ルート

交換率が下がりますが中継サイトが少なく手間が掛かりません。

ポイントサイトからANAマイルへの交換期間が短いのもメリットでANAマイラー初心者の方なら中継がすくないこのルートの選択は有りです。

新ソラチカルート(Pex)ショートカット

ただ、マイル交換率が73.6%なら最新のANAマイル交換ルートのTOKYU(東急)ルートの方がマイル交換率75%で交換回数も一緒なのであえて利用する必要はありません。

追記:現在ECナビはこの交換ルートでキャンペーンを実施中で条件を満たせば実質マイル交換率は92%となります。

これは旧ソラチカルートを超える交換率なのでキャンペーンが延長される場合はECナビは登録がお勧めのポイントサイトになります。

ECナビ キャンペーン

新ソラチカルートを利用するために必要な準備

新ソラチカ(LINE)ルートを利用するには色々と準備が必要になります。

ANAマイルを獲得する為に必要な手順ですので慣れない為に大変だと思いますがひとつひとつやれば難しいことはありません。

時間の余裕がある時に一気にやるもよし、ゆっくり時間をかけてやるもよし、マイルが貯まった先の夢を思いながら作業すれば面倒なことも楽しく準備できます。

新ソラチカ(LINE)ルートに必要な手順

  1. ANAマイレージクラブの登録
  2. ポイントサイトの登録
  3. Pexの登録
  4. 三井住友カードの発行
  5. G-Pointの登録
  6. LINEアプリの導入
  7. ソラチカカードの発行(ANA To Me CARD PASMO)

各項目を簡潔に解説をしていきます。

1.ANAマイレージクラブに入会

ANAマイルを貯めるにはANAマイレージクラブに入会すなければ1マイルもたまりません。

ANAマイレージクラブ(AMC)に入会れてない場合にはマイルを貯める為にまずはAMCに入会しましょう。

ANAマイレージクラブに入会するには既存会員からの紹介でもマイルが貰えるキャンペーンがあります。

もしご自身の周りにANA会員がいたら紹介をお願いしてください。

紹介で入会することでマイルがもらえます♪

後述するソラチカカードを含めANAカードを発行する前に紹介してもらって入会してください。

【重要】ANAカード発行後では紹介制度が使えなくなりますのでご注意ください。

面倒であればお問い合わせ頂ければ管理人から喜んで紹介させていただきます♪

お気軽にお問い合わせください。(個人情報等は不要です)

ANA紹介制度 マイ友プログラム

マイ友プログラム マイ友プログラム始まる! お友達にシェアしよう! | ANAマイレージクラブ

2.ポイントサイトの登録

ANAマイルの原資となるのがポイントサイトのポイントと言うことになります。ポイントサイトの利用無くしてマイルは貯まりません。

ポイントサイトは数多く存在しており数えきれないほどですが陸マイラーが良く利用するサイトは意外と絞られます。

実際に利用している管理人がオススメのポイントサイトを紹介いたします。

陸マイラーは複数登録して運用するのが定番ですが全部登録する必要はありません。

しかし初めてなら「モッピー」「ポイントタウン」「すぐたま」「ハピタス」「GetMoney」「ちょびリッチ」の5つが交換ルートが楽です。

上記サイトの中から最初は3つ位登録してみてください。

他のサイトは慣れてからで十分です。

どのサイトも登録も利用も無料で出来ますのでご安心ください。

登録作業には1サイトで約3~5分程度になります。

ご紹介させていただくポイントサイトは全て新ソラチカルートに対応しています。

当ブログおすすめ以外のポイントサイトをご利用になる場合はPexかG-Pointにポイントへ交換可能かご確認ください。

モッピー

モッピー!お金がたまるポイントサイト

 ポイントタウン

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

すぐたま

すぐたま 期間限定 ここから登録で600mile(300円相当)GET!

ハピタス

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

GetMoney

お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

ちょびリッチ

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

ECナビ

陸マイラー始めるならECナビ! 500ポイントプレゼント!

げん玉

 3.Pexの登録

「ECナビ」と「げん玉」を利用される方はポイント中継サイトのPexの登録が必要になります。

中継サイトのPexに登録することでANAマイルへの交換が可能になります。

現在「ECナビ」ではPeX経由でANAマイルへ交換するとANAマイル交換率92%と驚異的なキャンペーンを実施中ですので「ECナビ」からマイラー活動始めるのも良いと思います。

ポイント中継サイトの「Pex」の登録はこちらから>>

 4.三井住友系カードの発行

三井住友カード系のポイントサービスが「ワールドプレゼント」です。

「3.PeXの登録」と同様に「ECナビ」と「げん玉」を利用される方は「ワールドプレゼント」が貯まるクレジットカードの発行が必要になります。

「ワールドプレゼント」が貯まるカードで有ればどのカードでもOKです。

ポイントサービス ワールドプレゼント|クレジットカードの三井住友VISAカード

お持ちで無い場合の管理人オススメは「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード(通称:TOKYU(東急) ANAカード」になります。(年会費は2,000円(税別)掛かりますが更新でマイルが貰えるので実質無料)

新ソラチカルートが改悪された場合のバックアップとしてANAマイル交換ルート「TOKYUルート」を開通させることができます。

詳しくは「1.ANAマイレージクラブの入会」で説明していますがANAマイレージクラブに入会が初めての方は「マイ友」プログラムで入会後に発行してください。

ANA TOUKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード

「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード(通称:TOKYU(東急) ANAカード」の発行もポイントサイト経由で発行する事でポイントをしっかり貯めましょう

5.G-Pointの登録

「ポイントタウン」以外の陸マイラー人気ポイントサイトからポイント交換で中継する必要があるのが「G-Point」です。

「G-Point」から「LINEポイント」への交換に利用される中継サイトですが直接ポイントを得ることも可能な中継サイトになります。

LINEポイントへ交換する為に必須の中継サイトなので多くのポイントサイトから新ソラチカルートでANAマイルへ交換が効率良く交換する為にはG-Pointに登録しなければANAマイルへの道が通じません。

下のバナーから登録が可能です。

↓ ↓ ↓

Gポイント

6.LINEアプリの導入

LINEはかなりの方が既に使用していると思いますがまだLINEを導入されて無い方はスマホかタブレットにLINEアプリを導入してください。

LINEアプリの導入でアカウントを作成するとLINEポイントのサービスを利用できるようになります。

新ソラチカルートは別名LINEルートと呼ばれることがあります。ANAマイルへ交換する為にメトロポイントへポイントを集約する必要があるのですが各ポイントサイトで貯めたポイントをメトロポイントへ交換が可能な唯一のポイント制度が「LINEポイント」となるからなんです。

したがって「LINEポイント」の利用なくしてメトロポイントへの交換は出来ませんし、メトロポイントへのポイント交換が出来ないと言うことはANAマイルへも交換が出来ないと言うことになります。

7.ソラチカカードの発行

ANAマイルを貯める為に「新ソラチカ(LINE)ルート」を利用するなら「ANA to Me CARD PASMO JCB」通称:ソラチカカードの発行は必須です。このクレジットカードが無ければANAマイルへの交換は他の交換ルートを利用することになります。

ソラチカカード 券面デザイン

「1.ANAマイレージクラブの入会」で説明していますがANAマイレージクラブに入会が初めての方は「マイ友」プログラムで入会後に発行してください。

現在ポイントサイトでの案件が出ている状態ですのでポイントサイト経由での発行をするようにしてください。

さいごに・・・

ANAマイルを貯める戦略はポイントサイトでポイントを貯めて効率良くANAマイルへ交換することです。

ポイントサイトを利用して貯めたポイントを最も効率良くANAマイルに交換できる交換ルートが新ソラチカ(LINE)ルートとなります。

【重要】LINEポイントからメトロポイントへの交換が2019年12月27日をもって終了いたします。これに伴い今回の記事内容は間もなく完全終了いたします。

現在、新ソラチカルートではANAマイル交換率が81%と他のルートより高い交換率を誇っていますので交換上限に達するまでは新ソラチカルートを主体にANAマイル化を進めるのがオススメです。しかし交換ルートが若干複雑なので初心者の方はTOUKYUルートで陸マイラーを始めるのも良いと言えます。

交換ルートが複雑になりましたが交換方法自体は簡単です中継場所を分解してみれば一つ一つの作業は割と簡単です。

新ソラチカルートの各中継場所の交換方法を解説していますので難しければ下の記事をブックマークして頂ければ簡単にポイント交換が可能です。

新ソラチカルートを使へるようになれば貯めたマイルで飛行機旅行を楽しむ事が可能です♪

管理人も陸マイラー活動で得たマイルで色々と楽しんでいます。

皆さんも新ソラチカルートを使ってANAマイルを貯めてみてはいかがでしょうか?

ブログランキングに参加しています。

応援いただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 小遣いブログ ANAマイル・SFC修行へ
にほんブログ村


マイレージランキング

おすすめ記事

スポンサーリンク