今更聞けないSPGアメックスのメリットとは??詳しく解説!
SPGアメックス 今更聞けないメリットとは?
スポンサーリンク

雑誌のクレジットカードや航空会社マイレージ特集でお得なクレジットカードとして必ず取り上げられる大人気の通称SPGアメックス(SPG AMEX)と言うクレジットカードをご存知でしょうか?

正式名称を「スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード」と言うアメリカンエキスプレスのクレジットカードです。

雑誌等で紹介記事が多数あり大人気になって久しいSPGアメックスですのでメリットをご存知無い方も多くいらっしゃいます。

しかし最近になってSPGアメックスを知られた方に今回は実際に利用している管理人がメリットをご紹介したいと思います!

SPGアメックス

Index

SPGアメックスカードの概略

SPGアメックスは正式名称「スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード」と言うアメックスが発行するクレジットカードです。

世界規模でホテル1,200以上を展開するホテルチェーンのスターウッド・ホテルズ&リゾーツ・ワールドワイド(Starwood Hotels and Resorts Worldwide)とアメックスが提携して発行していますがスターウッドグループがマリオットに買収され現在では世界最大6,700以上のホテルチェーンとなったマリオット系ホテルの一員となった事でマリオット・ボンヴォイ・アメックス(米国)と同様の位置づけのクレジットカードと言えます。(特典内容等は異なります)

Marriott BONBOY AMEX

SPGアメックスを発行するだけでマリオット会員制度のゴールド・エリートのステイタスを獲得できるのが特徴で世界中のマリオット系ホテル6,700以上で様々な特典を受ける事が可能となっています。

マリオット・ボンヴォイ 
ホテルブランド一覧

スポンサーリンク

SPGアメックスのカードスペック

まずは基本的なカードスペックから確認しておきます。

年会費 本会員:31,000円(税別)家族会員:15,500円(税別)
国際ブランド American Express
申し込み対象 本会員:20歳以上で定職がある方

家族会員:配偶者・ご両親・18歳以上のご子息・ご令嬢等

締め日 指定日(ただし、金融機関が休日の場合は翌営業日)
ショッピング利用枠 カード会員に合わせたカード利用枠を設定
支払い方法 1回払い・ボーナス・分割払い・リボ払い
キャッシングサービス 無し
旅行傷害保険 最高1億円
ショッピング保険 最高500万円
ポイントプログラム マリオット・ボンヴォイ
ポイント付与 通常100円=3ポイント

マリオットグループでのカード利用100円=6ポイント 

ポイント有効期限 実質無期限(カード利用があれば)
マイル移行 ANA・JALを含め世界44社の航空会社のマイル移行が可能

交換手数料:無料

マイル交換率 マリオットボンヴォイ:航空会社マイルは3:1(例外有り)

ANA&JALグループでのマイル還元率:1.25%で交換可能(条件あり)

追加カード ETC:年会費無料 発行:850円(税別)

QuicPay:年会費無料

Apple Pay:年会費無用

プラスEXカード:年会費1,000円(税別)

プライオリティーパス:なし

スポンサーリンク

SPGアメックスのデメリット

今回の記事ではSPGアメックスのメリットを中心にご紹介しています。

しかし、メリットだけでデメリットが無いクレジットカードは存在しません。

大変お得なSPGアメックスとは言えデメリットはありますので詳しくは下の記事でご確認ください。

ご自身のライフスタイルや考え方によってSPGアメックスを発行してもメリットよりデメリットが上回るなら発行する意味はありません。

SPGアメックスのメリットは大きく2つに分かれます

SPGアメックスのは年会費が31,000円(税抜き)と大変高額なクレジットカードです。

発行すると得られるメリットは人よっては全くメリットとならない場合もありますのでご自身のライフスタイルや価値観を基準に確認していただく事が重要となります。

前提としてSPGアメックスのカード付帯サービスの多くがマリオット系ホテルの利用時にお得になる特典が充実していると言うことをご理解ください。

多くの雑誌等でも主にマリオットやマイル関連のメリットをメインに紹介しています。

しかし実際はSPGアメックスのメリットはアメックスのカードとしてのメリットSPG(マリオット・ボンヴォイ)サービスのメリットに大きく2つにメリットが分かれておりアメックス発行のカードとしての特典は余り紹介されておりません。

せっかくアメックスを発行するのでアメックスが提供する付帯サービス部分もご確認ください。

アメリカンエキスプレスは充実の付帯サービスが魅力的

アメリカン・エキスプレス(アメックス)本体が発行するクレジットカード全般に言えることですが充実したトラベルサービスや補償特典が有名です。

海外旅行することが多い方なら本家アメックスが発行するカードを一枚持っていると大変便利で安心サービスが充実しており様々なカード利用時の補償が充実していると言えます。

SPGアメックスは本家「アメックス・ゴールド」と同等の年会費が掛かりますので付帯サービスも充実しています。

本家「アメックス・ゴールド」と同等の特典と同時にマリオット ボンヴォイ特典が受けられることから力量としては「アメックス・プラチナ」クラスのクレジットカードと言えます。

オーバーシーズアシストが利用可能

冒頭でも述べましたがアメックスは旅行に強いクレジットカードとして有名です。

その代表的な付帯サービスがオーバーシーズ・アシストです。

「SPGアメックス」では本家「アメックス・ゴールド」と同様にオーバーシーズ・アシストの利用が可能です。

管理人は「オーバーシーズ・アシスト」が付帯されているからアメックスを長年使っていると言っても過言ではありません。

不慣れな海外で絶大な安心感と安全を確保できる素晴らしい特典です。

レストランの予約から医療機関の紹介や搬送の手配、弁護士の手配まで世界中から電話一本で24時間日本語でサポートしてもらえます。

しかも通話はコレクトコールで掛けられますので利用にあたって費用が掛からないと言う優れもの。

365日24時間いつでも日本語で電話するだけで海外旅行や出張時に時差もコストも気にせずに困った時にすぐに相談できることは素晴らしく、一般的なクレジットカードなら平日の営業時間にしか対応してもらえないことを考えると「オーバーシーズ・アシスト」の優位性がご理解いただけるかと思います。

本家アメックス・ゴールドやANAアメックス・ゴールドのホルダーは「オーバーシーズアシスト・サービス」が付帯されているから発行していると言う方も多いです。

海外に行く事がある方ならメリットが大きいカード付帯サービスです。

旅行関連サービス

  • 航空券の予約、発券、予約の再確認、変更
  • ホテルなど宿泊施設の紹介、予約、取消
  • レンタカー/リムジン・サービスの案内、予約、取消
  • ローカル・ツアーの案内、予約、取消
  • レストランの案内、予約、取消
  • ゴルフ・コースの案内、予約、取消
  • 主要都市でのミュージカル等のチケットの案内
  • 天気予報
  • パスポート、査証、予防接種等についての案内
  • 最寄の日本大使館、領事館の案内
  • アメリカン・エキスプレスのトラベル・サービス・オフィスの案内
  • 海外キャッシング・サービス、現金自動支払機の設置場所の案内
  • カード紛失・盗難の処理、再発行の手続き
  • T/Cの紛失・盗難の処理
  • パスポート、所持品の紛失・盗難時のサポート
  • フラワー・デリバリー・サービスの手配
  • その他のカードに関する問い合わせ
  • 電話による簡単な通訳サービス(ビジネス等の場合を除きます。)
  • 通訳派遣のアレンジメント
  • メッセージの伝言サービス
  • 医師・歯科医・病院・弁護士の紹介
  • カードに付帯される海外旅行障害保険の保険請求のお手伝い

メディカルサービスの内容

  • 電話医療相談サービス
  • 病院紹介サービス
  • 病院の予約及び入院の手配サービス
  • テレフォン・アシスト・サービス
  • 医療機関への信用保証サービスおよび資金援助サービス
  • 緊急移送サービス
  • 医療関連の派遣サービス
  • 治療経過・管理サービス
  • ご家族への緊急事態連絡サービス
  • 帰国手配サービス
  • 遺体送還

リーガルアシストサービス

  • 緊急時に弁護士を紹介いたします。
  • カード会員または有資格者が交通事故か行政手続きの違反等により拘留された場合1000US$を限度として穂約筋を立替払い。
  • 弁護士費用として一件につき1000US$を限度として立替払い。
  • 必要に応じて日本語通訳派遣のアレンジ(手配)をいたします。

いかがでしょうか?

これだけのサービスを電話一本で利用が可能ですので年会費が高くなるのも頷けます。

緊急事態では医師の派遣、救急車や入院の手配までしてくれるので管理人は家族旅行では必ず手帳に「オーバーシーズ・アシスト」の電話番号を控えていきます。

レストランの予約等では人数や希望の料理や予算を伝えると予約まで済ませてくれるのでコンシェルジュサービスとして利用が出来ます。

海外に不慣れな方や英語が苦手な方に向けたサービスと思いきや旅慣れた人ほど海外に行く際はアメックス・ゴールド以上のカードを携行されるのは「オーバーシーズ・アシスト」の使い勝手の良さと緊急時の対策として認識しているからと言えます。

管理人が実際にオーバーシーズアシストを利用した様子が下の記事になります。

空港のラウンジは同伴者1名まで無料で利用が可能

カードで利用できる空港ラウンジは違いますがSPGアメックスは国内28空港・海外2空港でラウンジを利用が可能となっています。

SPGアメックス特典の素晴らしいところは同伴者1名まで無料で利用が出来ると言う事です。

空港ラウンジ特典は多くのカード特典としてありますが意外に同伴者1名まで無料って実は少ないんです。

羽田空港第2ターミナルラウンジ(羽田空港公式サイトより)

空港で搭乗までの時間をラウンジでゆったりと過せるのは本当に素晴らしいのですが会員本人しか使えない場合だとご夫婦やカップルで旅行する時に別途利用代金が発生してしまうので利用しないシチュエーションも出てきてしまいます。

しかしSPGアメックスなら同伴者も無料ですので気軽にラウンジを利用出来るメリットとは大きいと言えます。

飛行機は遅延が発生するだけに混雑するロビーで待機するよりラウンジでゆったり待機出来るのは本当に助かります。

ただしSPGアメックスは国外のラウンジには大変弱いと言うデメリットがあります。

SPGアメックスの旅行傷害保険は充実の内容

SPGアメックスは海外旅行でも国内旅行でも旅行傷害保険(カード利用時)が付帯されています。

海外旅行傷害保険は安心の自動付帯でカード本会員だけではなくご家族の方も旅行傷害保険の補償を受けることが可能です。

※旅行代金をカード決済した場合としなかった場合で補償内容に違いがあります。

多くのクレジットカードが家族特約の適用が19歳未満等の制限が掛かかりますがSPGアメックスは生計を共にするお子様やご両親などの親族(6等身以内の血族と3等親以内の姻族)と適用範囲がとてもワイドにカバーされています。

国内の旅行傷害保険(カード利用時)

補償内容 カード本会員 家族カード会員 会員家族
傷害死亡・後遺傷害 最高 5,000万円 最高 5,000万円 最高 1,000万円

海外の旅行傷害保険(カード利用時)

補償内容 カード本会員 家族カード会員 会員家族
傷害死亡・後遺傷害 最高 一億円 最高 5,000万円 最高 1,000万円
傷害治療費用 最高 300万円 最高 300万円 最高 200万円
疾病治療費用 最高 300万円 最高 300万円 最高 200万円
賠償責任 最高 4,000万円 最高 4,000万円 最高 4,000万円
携行品損害 1旅行 最高 50万円 1旅行 最高 50万円 1旅行 最高 50万円
救援者費用 最高 400万円 最高 400万円 最高 300万円

海外の旅行傷害保険(自動付帯)

補償内容 カード本会員 カード本会員家族
傷害死亡・後遺傷害 最高 5,000万円 最高 1,000万円
傷害治療費用 最高 200万円 最高 200万円
疾病治療費用 最高 200万円 最高 200万円
賠償責任 最高 4,000万円 最高 4,000万円
携行品損害 1旅行 最高 50万円 1旅行 最高 50万円
救援者費用 最高 300万円 最高 300万円

※旅行代金をカード利用で決済していない場合は国内旅行傷害保険は自動付帯はありません。

航空便遅延費用補償(海外旅行)

SPGアメックスは国内はもちろんですが海外で威力を発揮します、そうなると必然的に海外へ行く頻度も多くなるのですが海外旅行でのリスクに航空便の遅延があります。

SPGアメックスでは航空便遅延にかんして条件を満たせば各種の補償を受ける事が可能となっています。

航空便遅延費用補償に関しては基本カード会員だけが受けられる付帯サービスです【重要】

補償内容 補償額 費用の範囲 備考
乗継遅延費用 最高20,000円 ホテル費用・1回分の食事代 4時間以内に出発便の代替となる飛行機を利用出来なかった場合
出航遅延・欠航・搭乗不能費用 最高20,000円 1回分の食事代 4時間以内に出航遅延・欠航の代替となる飛行機を利用出来なかった場合
受託手荷物遅延費用 最高20,000円 普段着・生活必需品の購入費用 目的地に到着後6時間以内に預け荷物が目的地に運搬されなかった場合
受託手荷物紛失費用 最高40,000円 普段着・生活必需品の購入費用 目的地に到着後96時間以内に預け荷物が目的地に運搬されなかった場合等

手荷物無料宅配サービス

海外旅行の際、帰国時に空港から自宅までカード会員一人につき1個を無料で自宅まで配送してくれます。

SPGカードと当日の搭乗券を提示してカウンターで受付をするだけです。

本家の「アメックス・ゴールド」では出発時にも利用できますがSPGアメックスでは帰宅時のみのサービスとなります。

利用出来る空港も限られていています。

手荷物無料宅配サービス対象空港

  • 成田国際子空港
  • 中部国際空港
  • 関西国際空港

羽田空港が含まれて居ませんのでご注意ください!

大型のスーツケースを送る場合1個2,000~3,000円程度は掛かりますのでとてもお得だと思います。

海外でお土産をたくさん買っても重いスーツケースを送れば身軽に帰宅出来ます。

リターン・プロテクション

カード利用で1商品につき5千円~3万円の商品を未使用で故障・損傷が無い場合で購入店が返品を受け付けない場合にアメックスが補償してくれるサービスです。

ネットショッピングなどをして届いた商品を見て思っていたイメージと違ったりサイズが合わないなどで返品をしたいが購入店が返品に対応してくれないという場合等で使えるのがリターン・プロテクションです。

このリターン・プロテクションも本会員だけの付帯サービスです。

年間利用限度額は本会員+家族カード会員合計で最高15万円までとなっています。

海外旅行時にSPGアメックスで購入した商品も対象となっていてカバー範囲が広いのもアメックスらしい所です。

リターン・プロテクションも他のクレジットカードにはほとんど無いアメックスらしい附帯サービスとなります。

キャンセル・プロテクション

キャャンセル・プロテクションが付帯しているのがSPGアメックスです。

キャンセル・プロテクションは予約していた旅行やコンサート等を病気による入院や傷害による入院や通院、社命での出張によって旅行をキャンセルした場合に発生したキャンセル料や手数料を補償して貰えます。

病気・怪我による入院は1親等の場合も含まれるのでカバー範囲が広いのがアメックスの素晴らしいところ。

本会員だけではなく奥様やお子さんが病気や怪我で入院されてる場合でも補償が受けられるのは適用範囲が広いと言えます。

楽しみにしていた旅行やコンサートが突然の病気や怪我、社用の出張などで行けなくなってしまうリスクは誰にでもあることなのでキャンセルプロテクションが付帯している事に越したことはありません。

しかも、旅行保険(旅行変更費用担保特約等)との併用も可能な点も嬉しい付帯サービスです。

キャンセル・プロテクション 病気・傷害 入院の場合 傷害 通院の場合 社命出張の場合
SPGアメックス 最高10万円 最高3万円 最高10万円

社命出張の場合のキャンセル・プロテクションは海外旅行が補償対象となり国内旅行やコンサート等は補償対象外となりますのでご注意ください。

社命出張でのキャンセルプロテクションは年1回までとなります。

その他のアメックスらしい付帯サービス

SPGアメックスの発行を検討中の方はマリオット ボンヴォイ特典のメリットを中心に検討されていることと思います。

今までご紹介したアメックス特典以外のカード付帯サービスもご紹介しておきます。

SPGアメックスのアメックスらしい附帯サービスは下の様な充実した内容となっています。

SPGアメックスの特典内容

  • 不正プロテクション(不正使用による損害を補償)
  • カード紛失・盗難の場合の再発行(旅行先で緊急カードの発行や再発行手数料が無料になるサービス)
  • オンライン・プロテクション(オンラインでの不正使用と判明したカード取引は請求しないサービス)
  • ショッピング・プロテクション(ほとんどのカード利用で購入した商品で破損・盗難などの損害を購入から90日間補償)
  • コットンクラブ(JAZZ,R&B/ソウルなどライブを楽しめるコットンクラブで金曜日にウェルカムドリンクサービス)
  • ゴールド・ワインクラブ(希少価値の高いワインや季節おすすめワインを購入やワインに関する相談が可能)
  • ダイニング・トレンド(アメックス会員限定の特典特典やレストラン検索)
  • H.I.Sアメリカン・エキスプレス・トラベルデスク(アメックス会員専用デスクに電話一本で海外・国内旅行の手配)
  • 京都観光ラウンジ(アメックス観光ラウンジの利用が可能)
  • 空港パーキング(成田・羽田・関空・福岡空港でアメックス会員専用割引&優待特典)
  • 空港クロークサービス(中部・関空にて空港内の手荷物預かり所にて2個まで無料でお預かり)
  • レンタカー(指定のレンタカー会社にて国内利用時に基本料金の5%オフ)
  • カーシェアリング(タイムス)優待(タイムズカープラスのカード発行手数料が無料)

詳しくは公式サイトの特典内容をご確認ください>>

SPGアメックスのマリオット・ボンヴォイ付帯サービスが凄い

アメックス・カードとしての付帯サービスの充実ぶりをご確認いただいたうえでSPGアメックスが大人気になっている理由のマリオット・ヴォイ(Marriott Bonvoy)系の付帯サービスをご紹介して行きます。

雑誌の特集でも紹介されるほどマリオット系の付帯サービスは魅力的な付帯サービスが満載です。

マリオット・ボンヴォイのゴールドエリートステータスが自動付与

マリオットグループのロイヤルティープログラムMarriott Bonvoy(マリオット ボンヴォイ)のゴールドエリート会員に自動的にステータスが付与されます。

マリオット・ボンヴォイは旧マリオット・リワード/スターウッドプリファードゲスト(SPG)/リッツ・カールトンリワードの3つのロイヤルティープログラム(お得意様ポイント制度)が統合し2019年2月13日よりスタートしたマリオット系のロイヤルティープログラムです。

マリオットは世界130カ国で29ブランド6,700以上のホテルを展開している世界最大のホテルチェーンで傘下ブランドはマリオットはもちろんですがリッツ カールトン・ブルガリ・セントレジス・シェラトン・ウェスティン等の高級ホテルブランドを傘下におさめます。

マリオット傘下のホテルチェーン

このマリオット・ボンヴォイのゴールドエリートステータスをSPGアメックスを発行するだけで得られるのが最大のメリットとなっており、素晴らしい付帯サービスと言えます。

本来マリオット・ボンヴォイのゴールドエリートステータスを得るには1年で25泊~49泊することで得られるステータスとなっており年会費31,000円(税抜き)のクレジットカードを発行するだけでステータスが得られるのは本当に凄い付帯サービスと言えます。

ゴールドエリートステータスの特典

  • 参加ホテルの滞在ごとに25%のボーナスポイント
  • 客室のアップグレード(空室状況による)
  • 午後2時までの優先レイトチェックアウト
  • ウェルカム特典としてポイント(250~500ポイント)を進呈
  • 無料のインターネットアクセス
  • エリート専用予約ライン
  • 会員限定料金
  • 完全予約保証
  • モバイルキー(スマホアプリでチェックイン/チェックアウトとスマホをルームキーとして利用可能)
  • 特典除外日なし(無料宿泊やアップグレードに特典除外日なし)
  • キャッシュ&ポイント(現金とポイントを合わせて支払い可能)
  • 即座に特典交換(ホテルの食事やスパなどルームチャージでその場でポイント交換)
  • ポイントセーバー(お得な交換率でポイントを利用した宿泊が可能)
  • new 料金を支払う大人1名につき6歳以下の子供の朝食無料、7歳から12歳は朝食半額
  • new 12歳以下の子供にはホテル滞在中、無料でアイスクリームが提供される
  • new 参加レストラン/バー利用の飲食代金15%割引と1USド毎に最大10P
  • new 宿泊時、レストラン・バーの利用をルームチャージした場合1USドル枚に最大10P+25%ボーナスポイント
  • new 参加スパでスパ利用時に無料のエンハンスド トリートメント
  • new 宿泊を伴わない参加スパ利用代金の1USドル毎に最大10P

これだけの優遇措置がマリオット・ボンヴォイ参加ホテルやレストラン、スパで得られるゴールドエリートステータスをクレジットカードを発行するだけで得られる上にクレジットカードの年会費を支払って継続する間はステータスが維持出来るのが素晴らしい。

普通はゴールドエリートステータスを維持する為には毎年マリオット・ボンヴォイ参加ホテルに25泊~49泊しなければいけないことを考えればお得具合は推して知るべしと言えます。

しかも次項で詳しく説明しますがクレジットカード更新時には無料宿泊特典がつきますので実質的に年会費は有って無いようなものと言えます。

そして、このゴールドエリート会員になるとマリオット ボンヴォイの隠れキャンペーンである通称プラチャレ「プラチナチャレンジ」に申し込みが可能となります。

ゴールドエリート会員資格でも十分お得な附帯サービスですのが一つ上のステータスであるプラチナエリート会員になると更に素晴らしい特典の数々を受けることが可能になります。

プラチナチャレンジをするにはゴールドエリート会員になる必要がありSPGアメックスはプラチナチャレンジを実施するには必須のカードとなっています。

プラチナチャレンジに関しては詳しくは下の記事でご紹介しています。

SPGアメックスを継続すると50,000ポイントまでの無料宿泊特典

カードを継続することでマリオット・ボンヴォイ参加ホテル(交換レート50,000ポイントまで)の1泊1室(2名)までの無料宿泊特典が継続する度に毎年プレゼントされます!

しかも除外日無しで(祝日や大きなイベント時でも予約可能)空室が有る限り予約可能ということが嬉しいです。

世界中のホテルに宿泊可能ですが今回は説明の為に国内ホテルで検証してみます。

先ずは国内のマリオット・ボンヴォイ参加ホテルをご確認ください。

ホテル名 所在地 ホテルカテゴリー 備考
1 シェラトン 北海道キロロリゾート 北海道・余市郡 カテゴリー5
2 キロロ トリビュートポートフォリオホテル 北海道 北海度・余市郡 カテゴリー5
3 ウェスティン ルスツリゾート 北海道・虻田郡 カテゴリー7
4 フォーポイントバイシェラトン函館 北海道・函館市 カテゴリー4
5 ウェスティン ホテル仙台 宮城県・仙台市 カテゴリー5
6 コートヤード・バイ・マリオット白馬 長野県・白馬村 カテゴリー4
7 軽井沢マリオットホテル 長野県・軽井沢町 カテゴリー5
8 シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル 千葉県・浦安市 カテゴリー6
9 モクシー東京錦糸町 東京都・墨田区 カテゴリー5
10 コートヤード・マリオット銀座東武ホテル 東京都・中央区 カテゴリー5
11 コートヤード・バイ・マリオット 東京ステーション 東京都・中央区 カテゴリー5
12 東京マリオットホテル 東京都・品川区 カテゴリー6
13 ザ・プリンス さくらタワー東京 オートグラフ コレクション 東京都・港区 カテゴリー6
14 シェラトン都ホテル東京 東京都・港区 カテゴリー6
15 ザ・リッツカールトン東京 東京都・港区 カテゴリー8
16 ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町-ラグジュアリーコレクションホテル 東京都・千代田区 カテゴリー8
17 ウェスティンホテル東京 東京都・目黒区 カテゴリー6
18 横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ 神奈川県・横浜市 カテゴリー5
19 富士マリオット・ホテル山中湖 山梨県・山中湖村 カテゴリー5
20 伊豆マリオットホテル修善寺 静岡県・伊豆市 カテゴリー5
21 名古屋マリオットアソシアホテル 愛知県・名古屋 カテゴリー5
22 フォーポイントバイシェラトン名古屋 中部国際空港 愛知県・常滑市 カテゴリー4
23 琵琶湖マリオット・ホテル 滋賀県・守山市 カテゴリー5
24 ウェスティン都ホテル京都 京都府・京都市 カテゴリー5
25 ザ・リッツ・カールトン京都 京都府・京都市 カテゴリー8
26 翠嵐 ラグジェアリーコレクション 京都 京都府・京都市 カテゴリー8
27 コートヤード新大阪ステーション 大阪府・淀川区 カテゴリー5
28 ウェスティン大阪 大阪府・北区 カテゴリー6
29 ザ・リッツ・カールトン大阪 大阪府・北区 カテゴリー7
30 モクシー大阪本町 大阪府・中央区 カテゴリー5
31 セントレジスホテル大阪 大阪府・中央区 カテゴリー7
32 シェラトン都ホテル大阪 大阪府・天王寺区 カテゴリー5
33 大阪マリオット都ホテル 大阪府・大阪市 カテゴリー6
34 神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズ 兵庫県・神戸市 カテゴリー5
35 南紀白浜マリオットホテル 和歌山県・白浜町 カテゴリー5
36 ウェスティンホテル淡路リゾート&コンファレンス 兵庫県・淡路市 カテゴリー5
37 ルネッサンス・リゾート・鳴門 徳島県・鳴門市 カテゴリ-5
38 シェラトングランドホテル広島 広島県・広島市 カテゴリー5
39 シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート 宮崎県・宮崎時 カテゴリー5
40 ザ・リッツ・カールトン沖縄 沖縄県・名護市 カテゴリー7
41 オキナワ マリオット リゾート&スパ 沖縄県・名護市 カテゴリー6
42 シェラトンオキナワサンマリーナリゾート 沖縄県・恩名村 カテゴリー6
43 ルネッサンス・オキナワ・リゾート 沖縄県・恩納村 カテゴリー7
44 イラフ SUI ラグジュアリーコレクションホテル 沖縄宮古 沖縄県・宮古島市 カテゴリー8

国内は44ホテルを展開していてカテゴリーが4~8となって、カテゴリーは数字が大きいほどハイグレードホテルとなります。

カード継続特典でプレゼントされる無料宿泊特典は50,000ポイント無料宿泊が可能なホテルとなります。

ではホテルカテゴリーによる必要ポイント数について見てみましょう!

カテゴリー スタンダード オフピーク ピーク
1 7,500 5,000 10,000
2 12,500 10,000 15,000
3 17,500 15,000 20,000
4 25,000 20,000 30,000
5 35,000 30,000 40,000
6 50,000 40,000 60,000
7 60,000 50,000 70,000
8 85,000 70,000 100,000

スタンダードではカテゴリー6まで宿泊可能となりますのでウェスティンホテル東京やシェラトン・グランデ・トーキョーベイホテルに宿泊することが出来ちゃいます。

オフピークにいたってはカテゴリー7まで宿泊できるのでリッツカールトン大阪や同じくリッツカールトン沖縄にも宿泊できるので積極的にオフシーズンを狙いたくなるラインナップです。

話が逸れますが管理人的にはホテルステイを楽しむならオフシーズンをおすすめします!

旅行関係全般にいえますが安い時のほうがサービスが向上しますので(笑)

国内ホテルを見ていただくと分かりますがハイグレードホテルが多く土日や祝前日では年会費以上の宿泊費が掛かるホテルが多いのでお得にホテルに宿泊することが可能です。

SPGアメックスの年会費を宿泊費と考えれば年会費はあって無いようなものとも考えられます。

管理人は2年目以降の継続無料宿泊特典を海外で利用させて頂きましたが年会費以上の宿泊費を無料宿泊特典で予約することができたのでクレジットカードの年会費分は余裕で回収出来てしまいました!

無料宿泊特典はとても素晴らしいカード付帯サービスですがSPGアメックスがあるからマリオット系ホテルに宿泊するというのは本末転倒です。

毎年、旅行に行かれてる方や、これから毎年どこかに旅行に行きたいとかあって初めて年会費=宿泊費と考えることができますので誤解されない様にしてください。

アップグレード特典が素晴らしい!

ゴールドエリート会員ステータスから付与されるお部屋のアップグレード特典は素晴らしくチェック・インではアップグレードの期待からドキドキしてしまいます。

ゴールドエリート会員では当日の空室状況によりますがより良いお部屋のアップグレードを無料でしてもらえる特典が「アップグレード特典」となります。

アップグレードに関しては宿泊時の空室状況によってアップされるお部屋は色々です。

単純に景色が良くなるだけの場合もありますが管理人は部屋のグレードが上がるアップグレードを度々体験出来ています。

もちろんアップされない場合も有りますが期待せずにはいられない特典で最安の部屋から特別な部屋にアップされた場合では本来の宿泊費から数万円単位でお得に宿泊出来ることもあります。

管理人が海外で特別な部屋にアップグレードされた際の記事が下の様子です。

これ以外にもアップグレードされており年会費以上の恩恵をアップグレード特典だけでも受けていると言えます。

国内ではウェスティン仙台でアップグレード特典を受けることができました。

記事を書けてないのですが琵琶湖マリオットホテル、コートヤード・バイ・マリオット 東京ステーションやホテル代が高くて有名なニューヨークでもアップグレードされています。

もちろんアップグレードされない事もあり、ウェスティン台北、東京マリオットホテルでは予約したままの客室に案内されていますが部屋の位置等のアップグレードをされていると感じます。

レイトチェックアウトが14時まで

ホテルに宿泊した際にチェックアウトが14時迄延長してもらえます。毎回使うとは限りませんが使いたいときに無料で14時までホテルを利用できるのは本当に助かります。

実際に利用すると分かるんですがチェックアウト当日の行動が全然変ってきます。

午前中はホテル周辺で観光したりしても、部屋に戻ってシャワーを浴びてから出発したりホテル内のプールでゆっくり過したりジムで一汗かいてからチェックアウトできます。文章では「ふ~ん、そうなんだー」位かと思いますが想像以上に素晴らしい特典と言えます。

帰宅時間やフライトの制限が無ければ是非レイトチェックアウトを使ってみてください。利用すれば病みつきになると思います(笑)

ホテルのレストランやバーの利用が15%オフ

Marriott Bonvoy(マリオット ボンヴォイ)レストラン&バー特典の「Dine and Earn」と言う会員特典があります。

アジア太平洋地域内の2,800軒以上のレストランやバーの利用で食事代が割引になる特典です

レストラン&バーの利用に宿泊を伴う必要が無くレストランやバー単体での利用でも割引サービスが受けられるので使い勝手も良くお得な特典と言えます。

SPGアメックスを発行した段階で会員ステータスがゴールドエリート会員となりますので割引率は15%となるのは嬉しいですよね!

会員特典 割引率

しかもマリオット ボンヴォイのポイントも最低10米ドル以上の支払いで1米ドルあたり最大10ポイントのボーナスポイントも同時に獲得が出来てしまう太っ腹特典です。

管理人はプラチャレを実施しておりゴールドエリート会員ではありませんが先日もこの特典を利用して20%オフでホテルのレストランで食事を楽しんで来ました。

お子様の朝食が無料か半額で利用できる。

Marriott Bonvoy(マリオット ボンヴォイ)ではお子様向けの特典の「More fan for Families」と言う会員特典があります。

こちらもアジア太平洋地域のマリオット ボンヴォイ参加ホテルが条件ですがお子様がいらっしゃるご家族の皆様向けの会員特典となっておりSPGアメックスの発行で得られるゴールドエリート会員の方はお支払いが有る大人1名につき2名までの6歳以下のお子様の朝食は無料で利用する事ができます。

プラチャレが終わったプラチナエリート会員の場合は12歳以下のお子様は無料となります。

管理人は12歳以下の子供がいませんがファミリーで旅行される方にはありがたい特典ですね!

ホテルの朝食はブッフェが多いですがそれ程食べないお子様なのに高いことが多いのでコスパが悪いんですがこの得点があれば気兼ねなく朝食を楽しむことができます。

マリオット ボンヴォイ (Marriott Bonvoy)のポイントが貯めやすい!

私は現在可能な限り現金払いをせずクレジットカードで決済をしています。

そしてメインで利用している一軍のクレジットカードがSPGアメックスになります。

これはSPGアメックスを利用すると貯まるマリオット ボンヴォイ ポイントが大変貯まりやすいいことがあります。

まずSPGアメックスを発行するとおのずとマリオット ボンヴォイ参加ホテルやレストランを利用する機会が増えますがSPGアメックスでお会計するとボーナスポイントが得られポイントがとても貯めやすくなります。

更に光熱費や普段のお買い物でもSPGアメックスを斬りますので結構な勢いでポイントがザクザク貯まります。

普段のカード利用なら100円で3ポイントが貯まり、マリオット ボンヴォイ参加ホテルやレストラン等にいたっては1米ドルの利用につき12.5ポイントも貯めることができます。

これに各種キャンペーンが実施されるとキャンペーンでのポイントも加算されます。

そして貯まったポイントは無料宿泊として利用ができるので継続無料宿泊特典以外でもポイントを利用したホテル宿泊をすることが出来てしまいます。

じっさいに管理人はポイントを利用して昨年はシンガポールとニューヨークでポイント宿泊しています。

世界中の航空会社44社のマイルへ交換が可能

陸マイラーにはマイルを貯めることが出来るのが嬉しいのがSPGアメックスとなります。

管理人は飛行機に乗らずにマイルを貯める陸マイラーです。

陸マイラーは飛行機に乗らずにマイルを貯めて飛行機にお得にのって旅行を楽しんでいます。

そんな陸マイラーからはSPGアメックスは別の目的で発行されていたりします。

陸マイラーはクレジットカードで航空会社のマイルを貯めます。

ANAマイラーならANAカード、JALマイラーならJALカードで貯めることが多くクレジットカードで貯めるマイルはANAカードならANAマイルしか貯められません。

ANAマイラーな私も長年ANAカードでマイルを貯めて来ましたがSPGアメックスを発行してからはSPGアメックスを利用して決済する事が多くなりました。ANA特約店以外ではSPGアメックスがメイン決済カードとなっています。

その理由はカード決済でのマイル還元率(交換条件有り)はANAやJALなら1.25%とANAカードやJALカードを上回ります。

しかも、SPGアメックスは世界中の航空会社44社にマイルを交換できるんです!

旅行先にANAやJALが飛んでいない場合には飛んでいる航空会社へのマイルに交換すしたり航空連合(アライアンス)を上手く活用できればよりお得な航空券を手配できたりとポイント=マイルの使い方に幅が出てきます。

更にSPGアメックスで貯めているポイントはマイルに交換する前なら実質有効期限はありませんのでJALカードのように3年で有効期限が来てしまわないことを考えるとSPGアメックスで貯めた方が大きくマイルを貯めることが可能になります。

クレジットカードの利用で貯めたポイントをマイルへ交換する場合に航空会社提携カード以外の場合は手数料が発生する場合が多いですがSPGアメックスはポイントからマイルへの交換に手数料も発生しません。

JALマイルに関しては本家JALカードよりマイルを貯めやすく有効期限も無いと言えJALマイルを貯めるならJALカードよりSPGアメックスをお奨めします。

SPGアメックスでマイルを貯めるメリット

  • 航空会社提携カードを上回るマイル還元率
  • 世界中の航空会社44社へマイル交換が可能なマルチマイルプログラム
  • マイルへの交換する前なら実質有効期限は無し
  • 手数料が無料でマイルへ交換が可能

プラチナチャレンジが可能

SPGアメックスを発行するとマリオット ボンヴォイのゴールドエリートステータスを得られます。

このゴールドエリートステータスになると一つ上のプラチナエリート会員になるための隠しキャンペーンのプラチナチャレンジに参加可能になります。

プラチナエリートになるには通常マリオット ボンヴォイ参加ホテルに年50泊が必要です。

しかしプラチナチャレンジでは3ヶ月以内に16泊でプラチナエリートになれます。

プラチナエリートになるとゴールドエリートから更にお得な特典が得られます。

プラチナエリートのお奨め特典内容

  • 部屋のアップグレードはスイートルームを含みます。
  • 優先レイトチェックアウトは16時まで
  • クラブラウンジのアクセスが可能(リゾートと一部ホテルは除く)

上記がプラチナで得られる特典のなかでゴールドと大きな違いとなります。

特にラウンジアクセスに関してはゴールドエリートとプラチナでは特典自体がつくか付かないかの差は大きいと言えます。

本来ならクラブフロア等のラウンジアクセス権付きの部屋に宿泊しないと入れないクラブラウンジに一番お得なお部屋に宿泊しても利用可能になるので朝食からカクテルタイムまで好きな時にラウンジで寛げるのは素晴らしいといえます。

もしプラチナチャレンジにご興味があれば下の記事でご紹介しています。

SPGアメックスの発行は紹介プログラムを利用する。

雑誌等でクレジットカードの特集が組まれると必ずお得なクレジットカードとして取り上げられるSPGアメックスですが発行する方法によっては発行時にもらえるポイント数が減ってしまい損をしてしまう事があります。

そこでSPGアメックスをお得に発行する方法をご紹介いたします。

SPGアメックスを発行する一番お得な方法は【紹介による発行】となります。

POINT

  • 入会後3ヶ月以内に10万円のカード利用で36,000ポイント獲得

この入会後3ヶ月以内に10万円のカード利用で36,000ポイント獲得出来るのは紹介で入会された方だけの特典となります。

アメックスの公式サイトから普通に発行した場合では同条件で30,000ポイントとなっており6,000ポイントも目減りしてしまします。

しかも3ヶ月以内のカード利用で10万円を利用する必要から通常のポイント還元で3,000ポイントもつきますので合計で39,000ポイントも得られる計算になります。

3ヶ月で10万円の利用に関してもプラチナチャレンジの際に決済することで余裕でクリアできるので今このタイミングで発行はベストと言えます。

SPGアメックスを発行されるならSPGアメックス保有者の方に紹介をお願いしましょう!

ブログを通じたお知り合いと言うことで管理人からも紹介は可能ですが管理人にも紹介ポイントを頂く仕組みになっています。

それがお嫌でなければ下のお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

よろこんでご紹介させて頂きます♪

実際のSPGアメックスの発行方法に関しては下の記事で詳しく解説しています。

さいごに・・・

今回は大人気SPGアメックスの魅力に関して管理人が思うメリットをご紹介いたしました。

このクレジットカードは使いこなせれば本当にお得なカードと言えます。マリオット系ホテルを利用する方や陸マイラーの方にはメリットが多くお奨めのクレジットカードと言えます。

マリオットでは今後、数年間で大量にホテルを建設する予定が発表されています。

なんと2021年までに1,700軒ものホテルを開業させます。

国内でも多くの開業予定が発表される等、大変注目を集めています。

そんなマリオットグループの上級会員になれるSPGアメックスは今後ますます人気がでるのは確実と言えます。

しかしながら他のクレジットカードならプラチナグレードの年会費が掛かる高級クレジットカードですのでカード利用でしっかり恩恵を受けられるかどうかが鍵となります。

SPGアメックスのメリットとデメリットをしっかり確認し、メリットが上回ると思ったら発行されたら良いかと思います。

ご自身のライフスタイルや今後の旅行計画をじっくり考える良い機会でもあります。

今回はメリットを中心にご紹介していますがデメリットもしっかり確認ください。

本日もお越し頂きありがとうございました!

ブログランキングに参加中です♪

参考になった!と言う方は下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 小遣いブログ 陸マイラーへ
にほんブログ村


マイレージランキング

おすすめ記事

スポンサーリンク