シンガポール航空 A380ビジネスクラス
スポンサーリンク

シンガポール航空が誇るフラッグシップであるエアバスA380のビジネスクラスに乗ってきました!!

世界最大の旅客機で今時珍しいエンジン4発機!しかもシンガポール航空と言う事で本当に楽しみにしていたフライトを写真でご紹介いたします。

帰国の619便では珍事も起こり思い出深いフライトとなりました~

シンガポール航空 A380

世界最大の旅客機 エアバスA380

A380-800はエアバスが開発した超大型で人類史上最大の旅客機となり今時珍しいエンジン4発機♪

キャビンは総2階建てとなっていてボーイング747シリーズを凌ぐ巨体が特徴。

シンガポール航空はA380のローンチカスタマーで16機を運用し4クラスで構成の機材も有り憧れのスイートクラスをはじめファーストクラス、ビジネスクラス、エコノミークラスで運用しています。

憧れのシンガポール航空バリバリのフラッグシップがA380です。

実際に機体を見ると大きさに圧倒されす!!

特に垂直尾翼の大きさは異様なほど大きく隣に駐機していたボーイング777の倍の面積があるんじゃ無いかと思えるほどでした。

このサイズ感は写真では伝わりづらく実際に観て頂くしか無いかもしれませんが一見の価値が有ると言えます。

A380-800 機材仕様

A380は年内にも製造打ち切りとか噂されていた時も有りセールスが不調と伝えられていますが・・・

4発機にはロマンがあります!!(笑)

主翼に2発のエンジン!!

飛行機好きなら一度は搭乗してみたいと思っていてA380を飛ばす航空会社のなかでもシンガポール航空はその最右翼と言えます。

乗ったり降りたりは大変ですけどね(^^;)

今回のシンガポール旅行の目的はずばりA380に乗る事が目的で現地の観光はオプションです♪

したがって搭乗前の数日間はソワソワしてしまい落ちつかなく、それは正に遠足前の小学生のごとし(笑)

スポンサーリンク

ビジネスクラスのシート

シンガポール航空はA380の新規投入機において新プロダクトで運用を開始しており既存機に関しても順次リニューアルを実施していますが今回の機材に関しては古いプロダクトのシートとなります。

新しいビジネスクラスにも大変興味がありますが世界で最初にA380が就航した時のシートに乗れるのも貴重な体験と思って今後乗れなくなる可能性を考えるとむしろ良かったと感じました。

新プロダクトにはまだ乗るチャンスがあるでしょうしね♪

先日、最新鋭の787-10ビジネスクラス搭乗したばかりと言う事もあり実際に乗ってみると設備的にはやはり古さを感じます。

逆に言うとシートプロダクトは10年で大きく進化しており新しいA380のシートは最高と言えそうです。

A380は総2階建てでビジネスクラスはアッパーデッキ(2階)に設定されていますが超大型機なのでキャビンはワイドで狭さは感じないどころか広々としておりその広々としたキャビンにシートは1-2-1アブレストと大変贅沢な配置♪

結果シートの幅が尋常では無く大人2人でも座れる幅があるのには驚きです。

SQ-A380 ビジネスクラス
中央列のダブルシート

観てください!ちょっと昔のファーストクラスですよね(笑)

シートベルトの出てくる位置にご注目ください!変な位置からでてますよね?

ワイド過ぎてあの位置から出さないとシートベルトの意味がなくなるんですよね(笑)

結果シート幅があってもシートベルトを締めてしまうと折角のゆとり幅のシートが使えない事になってしまいます。

窓側だと下の画像のような感じになります。

SQ-A380 ビジネスクラス
窓側シート

中央ダブル配置に比べ外壁がわにコンパートメントがあってブリーフケースやハンドバッグが収納できる位のスペースがありシートを有効に活用出来るので1人旅なら絶対窓側席がオススメです。

中央席はバッグや小物を入れるスペースが以外に無くて不便で小物は足元のスペースに入れるんですが遠くて取りづらい上にベッド状態ではそもそも取れないと言う事になるので結局窓側席のオーバーヘッドに収納する必要があり荷物の出し入れがある場合は煩わしい感じでした。

荷物収納スペース

今回は夫婦での旅行でしたので中央席の2列配置のシートを指定していました。

シートベルトが互いに中央よりになっていますのでANA採用のスタッガードに比べ会話を楽しむ事が出来ます。

ブラインドボードで遮蔽も可能ですが気持ち程度の遮蔽でSQ787-10のスタッガードの方が良い感じです。

SQ787-10は完全に遮蔽されるので一人旅でもプライベート空間を確保出来ますがA380の古いシートプロダクトではプライベート感重視なら窓側が良いです。

787-10ビジネスクラス フルフラット状態 中央遮蔽ボードはシート全体を遮蔽します。

シートをベッド状態にするにはミニバンの3列目シートを操作するような感覚で人力でセットする必要がありますがCAさんに頼めばベッドにして貰えます。

管理人夫婦は何故かそう言うのを遠慮してしまうタイプで自分でベッドにしてました(笑)

これが結構面倒でヘッドレストの位置をずらしたりシーツをセットしたりとパワーシートに慣れた管理人は四苦八苦してしまいました。

頭は通路側にオフセットしてます。

A380ビジネスクラス ベッド状態の頭側

足元側がこんな感じです。

今度は足は中央側にオフセットしています。(^^;)

A380 ビジネスクラス ベッド状態足元側

分かりますか??足が伸ばせる部分ってシート幅の半分もありません!

頭が通路側にオフセットされていて足元が中央寄りにオフセットされているので寝るには体制が斜めになってしまうんですよね~(^^;)

なんでしょうか?座面も含めてシート幅を十分に使えない感が半端ないです(笑)

しかもフルフラットではあるんですが寝た状態で腰辺りが若干浮いてるんでフラット感もイマイチなんです。

幅は有るのですが足元も狭いし中央部分が盛り上がってる事で遥かに幅が狭いが完全にフルフラットになるSQ787-10やANAビジネスのスタッガードのほうが快適に寝れると管理人は思いました。

そう考えるとスタッガードって良く考えられたプロダクトですよね~

帰国便はバルクヘッドだったので足元は広々でした(笑)

A380 ビジネスクラス バルクヘッド席

足元は全面使えるボードですが離陸後しか使えなくて帰国便では搭乗後に1時間以上機内待機になったので足を伸ばせなくて辛かった(笑)

しかもモニター廻りの設置位置が高く映画を見るのも姿勢が大変だったりドリンクテーブルの飲み物を取るのも大変で昼間便だと何をするにも不便なのでオススメしませんが寝るには足元が広いので寝るときに斜めに寝る不自然さが無い分快適に寝ることが出来ますので深夜便ならバルクヘッドは有りです。

スポンサーリンク

大型液晶モニター

機内エンターテイメントとして映画・音楽・TV・フライト情報等が楽しめます。

画面サイズは15.4インチと十分大きいのですが・・・

やはり先日搭乗した787-10の18インチを体験した後では物足りなさを感じてしまいます。

原因は画面サイズだけではなく画面の綺麗さが787-10に比べて劣る事も一因と言えます。

画像は上が787-10のモニターで下が今回搭乗したA380になります。

撮影は同じカメラを使用しています。

SQ787-10 ビジネスクラスシート 液晶モニター

A380オールド 液晶モニター

明らかにA380のモニターの性能が787-10に比べると残念な事になっているかご理解いただけるかと思います。

液晶パネルも10年で大幅に性能が向上してますので最新鋭787-10と比べるとA380オールドに比べては可愛そうではあります(笑)

なのでシンガポール航空もA380のリニューアルを順次進めてるんでしょうしね!

このモニターの操作パネルが見つからなくてどこどこ~と探しても見つからずCAさんに聞いたらアームレストに入ってました(^^;)

良くあるパターンなんですけど余りにもアームレストがぴっちりしてたのでまさか入ってるとは思えないほど自然で精度が良かったんです!

何気に凄いと思ってしまった(笑)

モニター操作リモコン

アメニティー他

シート周りの装備やアメニティー関係は必要十分でした。

液晶モニター廻りにコンセント・バニティーミラー・ドリンク用テーブル・小物入れ(サングラス等)が集中的に配置されています。

この辺りの使い勝手も最新787-10の方が良く考えられていて使い勝手が良いです。

A380オールド液晶廻り

ドリンクテーブルは下の画像のように使います。

ドリンク用テーブル

電装関係はUSB端子もマルチコンセントもあるので不自由はありませんでした。

LAN端子も有りますが何に使えるんでしょうか??

LANケーブル持ってなかったので試せませんでした(笑)

A380オールド 電装関係

ヘッドフォン他

ヘッドフォンはしっかりしたタイプでした!

ノイズキャンセリングなのかは不明でしたが映画を観たり音楽を聴くには十分でした。

他にはスリッパ・靴下・アイマスクが提供されています。

SQ-A380オールド アメニティー

機内食

シンガポール航空でビジネスクラスといえば機内食にも期待してしまいます♪

往路の618便は昼間便なのでフルサービスを受けられますが復路の619便は深夜便なので基本的にはスリーパーメニューとなります。

早速618便からご紹介いたします♪と行きたい所なんですが・・・

実は結構写真を撮り忘れていてます(笑)

搭乗前にJALさくらラウンジでボジョレーヌーボー解禁日と言う事で楽しんだ上にA380に搭乗したら管制塔からの指示により1時間機内で待機となってしまいましてその間にウェルカムドリンクで頼んだシャンパンをCAさんが無くなる度についでくれるのでついつい飲んでしまい離陸する時にはすっかり良い気持ちになってました(^^;)

で撮るべき写真を撮り忘れてしまいました(笑)

なので撮った分だけご紹介です♪

関西ーチャンギ(618便)往路

ウェルカムドリンクでお出迎えされます。

これは最初に頂いたウェルカムドリンクでしたがこの後も離陸まで1時間ずっと飲んでしまいました(笑)

前菜は定番のサテーが出ました!

これ大好きです♪お肉のソースが美味しくてこれと胡瓜がまた良く合いまして・・・

さらにワインがすすみます(笑)

サテー

その後前菜がサーブされましたが今回は鴨のローストと言う事でした。

こちらもワインに合う事間違いなし!

前菜は鴨のロースト

その後パンとメインが提供されましたがパンは撮り忘れてます(笑)

日本発の618便では売り切れてしまうほど人気が和食なんですが管理人はビーフ!

和食も好きなんですけど何故か毎回他のものを頼んでしまうんですよね~

恐らくこの時は赤ワインが飲みたくてビーフにしたんだと思います。(笑)

メインはビーフで攻めました!!

若干、溶かし方が失敗していたのか火が入り過ぎでは有りましたが軟らかさは十分で美味しく頂きました!

憧れのSQA380ビジネスに乗って空の上でワインと頂くステーキ?は格別と言えます♪

デザートはチョコレートアイスでしたがとても濃くて冷たいベルギーチョコレートを食べているような感じでした。

デザートはチョコレートアイス

 

普通デザートが終われば食事は終わりますよね?ところがここで終わらないのがシンガポール航空です(笑)

チーズの盛り合わせとフルーツがサーブされます♪

フルーツは沢山の種類から自分の食べたいものをチョイスする形で好きなだけ頂けます。

管理人はメロンとぶどうの2種類を頂きました。

チーズの盛り合わせ

ビジネスクラスのワインは美味しいですしワインがすすみますよね・・・

フルーツも頂きました!

たっぷりとワインとお料理を頂きお腹も心も満たされてしまった管理人は狙っていた映画を観る事も無く不覚にもこの後に爆酔してしまいました(笑)

せっかくのA380のフライトなので一睡もしないで楽しむ予定だったのになぁ~

チャンギ(シンガポール)-関空(大阪)619便 復路

深夜便の619便は基本的には寝ることが優先されていてフルサービスはなくスリーパーメニューとなります。

和食か洋食が選べるほか出発(国内)の24時間前にブック・ザ・クックを予約する事で豪華な特別メニューを受ける事も可能となっています。

管理人はブック・ザ・クックは予約してなかったので今回も寝起きにシャンパンを楽しもうと思い洋食をチョイスしました♪

今回も機内に搭乗後に待機となり出国時以上の2時間弱も機内待機となってしまい毎度ではありますがウェルカムドリンクで気持ち良くなってしまい深夜便と言う事もあり途中で寝落ちしてしまい気がついたら離陸していたと言う失態を演じております(笑)

A380の離着陸なんて中々経験出来ないのに~(T_T)

その後奇跡的に離陸後の一杯には起床してシンガポール航空に乗ったら飲みたいなぁと思っていたシンガポールスリングを頂きました~!

シンガポールスリングは寝酒として美味しく頂きました。

最高の寝酒となりシートをフルフラットにして朝食で朝シャンを楽しみに仮眠を取ります。

お酒が入ると眠くなるタイプの管理人はあっという間に熟睡しあっという間に起こされました(笑)

3時間は寝てると思うんですけど眠くて眠くて朝シャン前にコーヒーをお願いしました。

パンとフルーツが一緒に運ばれたのでクロワッサンとコーヒーを飲んでメインとシャンパンを待ちます。

コーヒーとパンとフルーツ

なかなかメインが来ないのでフルーツも半分ほど食べて待ってたら・・・

残していたパンごと撤収されてしまいまいした!!

え??うそ~んwww

ANAマイルで乗ってる様な奴にはコレでおしまいだ!!と言う事か!!??(笑)

こうして管理人のA380の機内食はコーヒーとクロワッサンとフルーツのみで終了してしまいました。

いや、メインを下さいって言おうか迷ったんですけどなんか時間経ってしまってお腹も良い感じにふくれてしまいましたし大型機材の為かいつに無くCAさんが忙しそうでメインのお願いは止めてしまいました(^^;)

サービスに定評の有るシンガポール航空でもこんな事ってあるんですね~(笑)

着陸後に担当のCAさんがメインのサービスを忘れてしまった事に気がついたらしく降機前に丁重に謝罪に来られました。

やはり大型機材でビジネスクラスも満席に近く他のお客様の対応でバタバタしてて忘れてしまった様です(笑)

奥様の方は和食でしたのでそちらの写真を撮っておけば良かったですね~

これじゃ619便に関してはレポになってないですね(^^;)

トイレ

機内食の後でなんなんですがA380は大型機材と言う事でトイレも広かったです!!

特に最前方にあるトイレは広くてパジャマに着替えたり出来るので深夜便なら楽な格好に着替えても良いかもしれません!

知らない方もいらっしゃいますのでご紹介しておくとシンガポール航空のトイレには歯ブラシや髭剃りもありますので食事後とか歯を磨いてさっぱりとしてから寝ると快適です♪

トイレ内のアメニティー

さいごに・・・

今回はシンガポール航空のA380ビジネスクラス(旧プロダクト)のご紹介でしたがいかがでしたでしょうか?

最新鋭の787-10に搭乗した後すぐだった事もあり機材の比較が出来て楽しかった反面A380オールドはやはり古さが出てきており新しいプロダクトの方に搭乗したい気持ちがモリモリ出てきてしまいました(笑)

最新のA380のビジネスクラスを写真で観るとかなり洗練されているように感じます。

シンガポール航空さん来年また最新A380を飛ばしてくれませんかね??しかもANAマイルで手配可能なら最高です(笑)

今回のA380に関してはちょっとしたアクシデントがありましたがそれもネタとしては面白く良い思い出になったと感じています。

来年も乗りたいぞぉ~(^^)/

本日もお越し頂きありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 小遣いブログ ANAマイル・SFC修行へ
にほんブログ村


マイレージランキング

憧れのシンガポール航空もANAマイルを貯めれば無料で乗れます。

ANAと同じスターアライアンスなので特典旅行の発券が可能です。

ANAの貯め方はコチラで記事にしています。

おすすめ記事

 

 

 

 

 

スポンサーリンク