陸マイラーならメインカードは「SPGアメックス」がお勧め!
陸マイラー メインカードはSPGアメックス
スポンサーリンク

皆さんはマイル(マイレージ)を貯めていますか??お得に飛行機に乗れると言うことでANAカードやJALカードで決済してマイルを貯めている方が多いですよね!

しかしANAカードやJALカードよりマイルが貯まるクレジットカードが有るってご存知でしょうか??

今回はクレジットカード決済でマイルを貯めるのに最適な「SPG アメックス(AMEX)」をご紹介いたします。

SPGアメックス・カードとは?

SPGアメックスは雑誌のクレジットカード特集なので常にお得なクレジットカードと取り上げられる人気のクレジットカードで正式名称「スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード」と言うアメックス(アメリカン・エキスプレス)が発行するクレジットカードです。

世界規模でホテル1,200以上を展開するホテルチェーンのスターウッド・ホテルズ&リゾーツ・ワールドワイド(Starwood Hotels and Resorts Worldwide)とアメックスが提携して発行していますがスターウッドグループがマリオットに買収され現在では世界最大6,700以上のホテルチェーンとなったマリオット系ホテルの一員となった事でマリオット・ボンヴォイ・アメックス(米国)と同様の位置づけのクレジットカードと言えます。(特典内容等は異なります)

Marriott BONBOY AMEX

SPGアメックスを発行するだけでマリオット会員制度のゴールド・エリートのステイタスを獲得できるのが特徴で世界中のマリオット系ホテル6,700以上で様々な特典を受ける事が可能となっています。

マリオット・ボンヴォイ 
ホテルブランド一覧

SPGアメックスはアメックスとマリオット・ボンヴォイでの各種特典が素晴らしいので詳しくは下の記事でご紹介しています。

そしてSPGアメックスの特徴にクレカ決済で貯まるマリオット・ボンヴォイのポイントが航空会社のマイルへ交換できる仕組みがあり、ANAやJALへのマイル交換はもちろん世界中の40社以上に交換ができることが陸マイラーには大変重要になります。

スポンサーリンク

SPGアメックスのポイント(マリオットボンヴォイ・ポイント)はマイルへ交換が可能

SPGアメックスを利用すると利用金額100円につき、3 Marriott Bonvoy(マリオット ボンヴォイ)ポイントのポイントが貯まります。

このマリオット ボンヴォイ ポイントは一般の方はマリオットボンヴォイ参加ホテルの無料宿泊等に使うのですが陸マイラーはマイル(マイレージ)に交換しているんです。

しかもマリオット ボンヴォイ ポイントはANAやJALはもちろんですが世界の40社以上のマイレージプログラムへポイントからマイルへ移行が可能となっており非常に汎用性が高いポイント⇒マイル移行制度となっています。

spgアメックスからマイル

スポンサーリンク

SPGアメックスからマイル交換先は世界40社以上!!

SPGアメックスで貯まるマリオット ボンヴォイ ポイントは世界40社以上の航空会社のマイレージ・プログラムと提携しておりマリオットポイント⇒マイルへの移行が可能となっています。

世界中の航空会社のマイレージプログラムに移行できるロイヤルティープログラム(ポイント制度)は稀有な存在と言えます。

基本的な交換レートはマリオット 3ポイントで1マイルとなっていますが例外もありますので下の表でご確認ください。

航 空 会 社 マイレージ・プログラム 交換レート

ポイント:マイル

エーゲ空港 AEGEAN Miles+Bonus 3:1
アエロフロート Aeroflot Bonus 3:1
アエロメキシコ Aeromexico ClubPremier 3:1
エア・カナダ Air Canada Aeroplan 3:1
中国国際航空 Air China PhoenixMiles 3:1
エールフランス・KLM Air France-KLM Flying Blue 3:1
ニュージーランド航空 Air New Zealand Airpoints 200:1
アラスカ航空 Alaska Airlines Mileage Plan™ 3:1
アリタリア航空 Alitalia MilleMiglia 3:1
アメリカン航空 American Airlines AAdvantage® 3:1
全日本空輸(ANA) ANA Mileage Club 3:1
アシアナ航空 Asiana Airlines Asiana Club 3:1
アビアンカ航空 Avianca LifeMiles 3:1
ブリティッシュエアウェイズ British Airways Executive Club 3:1
キャセイパシフィック Cathay Pacific Asia Miles 3:1
中国東方航空 China Eastern Airlines Eastern Miles 3:1
中国南方航空 China Southern Airlines Sky Pearl Club 3:1
ユバ航空 Copa Airlines ConnectMiles 3:1
デルタ航空 Delta SkyMiles® 3:1
エミレーツ航空 Emirates Skywards® 3:1
エティハド航空 Etihad Guest 3:1
フロンティア航空 FRONTIER Miles 3:1
海南航空 Hainan Airlines Fortune Wings Club 3:1
ハワイアン航空 Hawaiian Airlines HawaiianMiles® 3:1
イベリア航空 Iberia Plus 3:1
日本航空(JAL) Japan Airlines JAL Mileage Bank 3:1
ジェットエアウェイズ Jet Airways JetPrivilege 3:1
ジェットブルー航空 JetBlue TrueBlue 6:1
大韓航空 Korean Air SKYPASS 3:1
LATAM航空 LATAM Airlines LATAM Pass 3:1
Multiplus Multiplus Fidelidade 3:1
カンタス航空 Qantas Frequent Flyer 3:1
カタール航空 Qatar Airways Privilege Club 3:1
南アフリカ航空 SAA Voyager 3:1
サウディア航空 Saudia Alfursan 3:1
シンガポール航空 Singapore Airlines KrisFlyer® 3:1
サウスウエスト航空 Southwest Rapid Rewards® 3:1
TAPポルトガル航空 TAP Air Portugal Miles&Go 3:1
タイ国際航空 Thai Airways Royal Orchid Plus 3:1
ターキッシュエアラインズ Turkish Airlines Miles&Smiles 3:1
ユナイテッド航空 United MileagePlus® 3:1
ヴァージンアトランティック航空 Virgin Atlantic Flying Club 3:1
ヴァージンオーストラリア Virgin Australia Velocity Frequent Flyer 3:1

ホテル無料宿泊に使うよりマイルへの交換がお得?

マリオット ボンヴォイ ポイントはホテルの無料宿泊特典に使われる方が多いです。

その場合、1ポイントはざっくり1円前後という価値で使える感覚です。

例で10月の土曜日から一泊で「ウェスティンホテル東京」にポイントを利用した場合をご紹介しておきます。

1泊2名で土曜日から1泊宿泊で朝食無しで「デラックスルーム キングorダブル」の場合マリオット ボンヴォイ 50,000ポイントで宿泊が可能です。

ウェスティンホテル東京 ポイント宿泊

同じ日の最安の宿泊プランが「事前支払いお得」にあるマリオット ボンヴォイ会員向けのプラントなっていて金額は57,333円となります。

ウェスティンホテル東京 最安プラン

(マリオットではベストレートギャランティー制度(最低価格保証)があるので「エクスペディア」や「トリバゴ」等のホテル比較サイトで安いプランがあった場合には保証してくれますので公式サイトでの価格が基準になります。)

従って、57,333円÷50,000ポイント≒1.15 円/ポイントとなり1ポイント単価は1.15円となります。

POINTマリオットのエリート会員の場合だと当日にアップグレードされてもっと良い部屋にアサインされたりしますので、一概に1円前後とも言えないんですが一か八かの運任せな部分が出てきます。スタンダードの部屋を予約してスイートルームにアップグレードされれば自ずとポイント単価があがります。したがって、陸マイラー活動でマイルは十分有ると言う方ならホテルの無料宿泊特典に使うことをお勧めします。

ではマイルへ交換した場合ではどうなるでしょうか?

マリオット ボンヴォイ ポイントは3ポイントで1マイルで交換が可能となっています(例外有り)

しかし60,000ポイントを一気にマイルへ移行した場合5,000マイルが追加で付与される特典があるので実質交換率は通常60,000ポイント⇒20,000マイルのところが25,000マイルとなります。

マイルの価値は1マイル3円~5円程度の価値と言われれいますがビジネスクラスやファーストクラスなら4~8円や場合によっては10円をオーバーすることもあります。

実際に管理人がハワイへのファーストクラスをマイルで発券した際の記事を読んでいただけると分かりますが1マイル=12.5円を叩き出しておりますので詳しくは下の記事をご参考にしてください。

上記の例で計算すると3ポイントで1マイルで計算すると12.5円÷3ポイント≒4.16 円/ポイントとなり1ポイント単価は4.16円となりホテル無料宿泊で利用する時の4倍以上の価値になっています。

しかもボーナスマイル5,000マイルを加えるともっとお得になると言えます。

POINTマリオット ボンヴォイ ポイントをマイル(マイレージ)へ交換した場合、1ポイント=1円以上で利用できる可能性が高いので陸マイラーはマリオット  ボンヴォイ ポイントをマイルへ移行し、出来るだけマイル単価が高いビジネスクラスやファーストクラスを利用してポイント価値を高める使い方をしています。

しかもANAやJALだけでは無く40社以上の航空会社マイルへ移行が可能なので、航空会社に縛られることなく飛ぶことが出来ると言えます。

マリオット ボンボイ ポイントのマイル還元率は1.25%!

前項でも軽く触れていますがSPGアメックスで貯めたポイントは3ポイントで1マイルに移行できますが、60,000ポイントをまとめて交換することで5,000マイルのボーナスマイルが付与されます。

SPGアメックス利用額100円で3ポイントが貯まりますので通常は100円で1マイル獲得となりマイル還元率は1%となりますが、まとめて60,000ポイントを交換すると通常60,000ポイント⇒20,000マイルのところボーナスマイル5,000マイルが追加で25,000マイルと言うことになります。

結果、20,000⇒25,000マイルとなりマイル獲得数が25%もアップしカード利用額に対してのマイル還元率は1.25%となります。

POINTANAやJALカードでは一般カードの場合、カード利用額に対するマイル還元率は0.5%、ゴールドカードでもマイル還元率は1%ですのでSPGアメックスのマイル還元率はANAカードやJALカードを上回るマイル還元率1.25%を誇ります。従って航空会社のカードをメインで使うよりSPGアメックスをメインカードにした方がANAマイルもJALマイルも貯まると言うことになります。

マリオット ボンヴォイ ポイントは実質有効期限が無い!

ANAやJALのマイルは通常マイル口座に反映されてから3年でポイントが失効し無くなってしまいます。特にJALカードの場合はクレカ決済したらすぐにマイル口座に反映されてしまう為ご自身でコントロールが出来ません。(ANAカードは自分でコントロールができますがクレカポイントの有効期限に縛られます)

しかしマリオット ボンヴォイ ポイントはポイント⇒マイルはご自身のタイミングで移行できますので使いたいタイミングでマイルに交換することでマイルを失効させるリスクがありません。

※公式ではポイント⇒マイルに移行されるまで最長6週間かかるとありますが、航空会社によっては2~3日で移行される場合もありANAは1週間~10日程度は掛かる感じです。しかし使う予定の2か月前に交換しておく方が安全ですので早めの交換を勧めます。

さらに、マリオット ボンヴォイ ポイントは24か月以内にポイントの加算や減算があれば24か月ポイントが失効しませんので実質SPGアメックスを毎月利用していればポイントの有効期限は無いのと一緒です。

したがってコツコツ貯めて一気にマイルに交換することでボーナスマイルを得ることも可能でビジネスクラスやファーストクラスの発券出来るだけのマイルを貯めてから交換する等も可能です。

POINTANAやJALカードでコツコツとマイルを貯めていると3年と言うマイル有効期限の為にビジネスクラスを発券するだけのマイル数が貯まる前に、どんどんマイルが失効して行くため結局ビジネスクラスやファーストクラスを発券する為に必要なマイル数に到達しないと言う方が多いのですが、この問題を解決できる上にANAやJALカードよりマイル還元率が高いのがSPGアメックスの大きなメリットと言えます。

ANAやJAL便に乗るのにANAやJALマイルじゃ無くても乗れる!

ちょっとマニアックな話になりますがANAやJALのマイルを貯めると海外の航空会社の飛行機に乗れるってご存知でしょうか?実際に管理人はANAマイルを使ってシンガポール航空のビジネスクラスにANAマイルで乗って来ました。

ANAマイルでシンガポール航空のビジネスクラスに乗った件は下の記事でどうぞ♪

ANAマイルでシンガポール航空に乗れるんですから逆も然りと言うことなんです。

ANAやJALに乗るからと言ってANAやJALマイルに拘る必要は無く、管理人の例で行けばシンガポール航空のマイルでANA便に乗ることが可能と言うことです。

特にJALを利用する場合、マイルでの特典航空券のシステムが大きく変わり特典航空券での発券条件が年々厳しくなって来ています。むしろ海外の航空会社のマイルを使ってJAL便に乗る方がお得な場合があるんです。

色々と条件がありマニアックな話ので一例をご紹介いたします。

東京の羽田から北海道の新千歳まで行くにはJALなら往復で15,000マイルが必要なんですがブリティッシュエアウェイズなら往復12,000アビオス(マイル)となり、なんとJALマイルを使うより3,000マイルも少ないマイルで東京と北海度が往復できてしまうんです。

国際線も同様で、JALマイルでJAL国際線ビジネスクラスに乗るより海外の航空会社のマイルでJAL便のビジネスクラスに乗る方が必要マイル数が少ないと言うことがあります。

POINTANAカードで貯められるマイルはANAマイル、JALカードで貯められるマイルはJALマイルと固定ですが「SPGアメックス」なら世界44社の航空会社のマイルへフレキシブルに交換できるので自由度が高いマイルを貯めることが可能で、交換先のマイルの使い方を知ればお得にANAやJAL運航便に乗ることが出来るってことなんです。

ANAマイラーのSPGアメックス利用方法

ANA陸マイラーで「ソラチカカード」や「TOKYU ANA カード」を発行している方で基本的に有償発券頻度が少ないなら「ソラチカカード」や「TOKYU ANA カード」はANAマイルプラス店やANAグループでの利用と何かのキャンペーン以外の利用に留め、基本的に決済は「SPGアメックス」を利用していくと効率が良いです。

従って「ソラチカカード」や「TOKYU ANA カード」+「SPGアメックス」の2枚持ちでマイルを貯めていけます。

(ソラチカカードやTOUKYU ANAカードはポイントサイトからマイルへの交換装置として必要なクレジットカードです)

ANAを有償発券する頻度が多い方は上記のカードに「ANAアメックス・ゴールド」の3枚持ちをお勧めします。

ANAの有償発券頻度が高い方はカード利用限度枠も大きなカードが必要になりますしANA有償発券ではANAアメックス・ゴールドがマイル還元率も高くお勧めです。

3枚構成の場合「ソラチカカード」や「TOKYU ANA カード」は基本的にサブカードで月に1回程度の利用に留め、ANAマイルプラス店やANAグループでの利用では「ANAアメックス・ゴールド」それ以外では「SPGアメックス」をメイン決済カードとして利用することお勧めします。

JALマイラーのSPGアメックス利用方法

ポイントサイトからJALマイルに移行するのにソラチカカードのような特別なカードがありません。

したがって、クレジットカード決済でJALマイルを貯めるならJAL便を頻繁に有償発券する人としない人でクレカ構成が分かれます。

テキスト頻繁にJAL便を有償発券するなら CLUB-Aカード(JALカード TOKYU POINT ClubQ カード)+SPGアメックスの2枚構成がおすすめです。

JAL特約店やJALグループではJALカードを利用し、他の決済はSPGアメックスの利用でJALカードよりマイルが貯められます。

CLUB-Aクラスなら搭乗ボーナスマイルが25%でマイルが貯めやすいですし国際線ならビジネスカウンターが利用できるメリットもあります。

逆に、JAL便を特典航空券や他社マイルで発券しJALの有償発券が少ない人ならJALカードは普通カードで十分と言えます。

JALカード TOKYU POINT ClubQ カード+SPGアメックスの2枚構成で利用方法はCLUB-Aと同じです。

一般カードは年会費も安く搭乗ボーナスマイルも少ないですが有償発券が少ないので問題ないと言えます。

CLUB-Aも一般も「JALカード TOKYU POINT ClubQ カード」ですがカードオプションのショッピングマイル・プレミアム(年間3,000円)に加入で200円に1マイルから100円で1マイルにマイル還元率をアップさせることができますのでクレカ決済でマイルを貯めるなら加入をしておきましょう。

POINTANAやJALの航空券やツアーの購入にはSPGアメックスで決済しない様に注意しましょう!

ANAカードやJALカードで購入した方がSPGアメックスのマイル還元率1.25%以上のマイル還元率となります。

さいごに・・・

今回はANAカードやJALカードよりマイル(マイレージ)が貯められるSPGアメックス(Amex)を陸マイラー視点で考察してみました。陸マイラーは基本的にポイントサイトで貯めたポイントをマイルに交換してマイルを貯めていますがクレジットカードでもしっかりとマイルを貯めています。

今回の内容は少しマニアックな内容ではありますがカード決済額によっては貯まるマイルに大きな差が出てくるのでマイルを真剣に貯めていくなら大切な部分と言えます。

SPGアメックスはお得な発行方法があります、下の記事で解説していますので興味のある方は是非ご一読ください。

本日もお越し頂きありがとうございます。

ブラグランキングに参加中♪

にほんブログ村 小遣いブログ ANAマイル・SFC修行へ
にほんブログ村


マイレージランキング

おすすめ記事

スポンサーリンク