SQ618便 787-10 駐機

こんにちは!

ブログ管理人のウルケンです。

先日、ボーイングの最新機材787-10で世界初就航のシンガポール航空のビジネスクラスに乗って来ましたので写真でご紹介。

ピッカピカの787-10に乗れる夢のような体験を出来て本当に楽しいフライトでした。

SQ618便 787-10 駐機

世界初就航787-10

ボーイングの787シリーズの最新型でシリーズ最大の大きさの機体になります。

ローンチカスタマーがシンガポール航空で定期便として世界初就航となったのが関西国際空港~チャンギ国際空港を結ぶ路線です。

初便は2018年5月3日に就航しました。

シンガポール航空は日本路線就航50周年と言う事で日本路線の全てに787-10を導入する予定で最初の設定がKIX-SINとなりましたが今後はSQでシンガポールに向かう場合は搭乗出来る機会が多い機材になります。

管理人が搭乗したのが5月10日と言う事で就航1週間目と言うタイミングで最新鋭機材を楽しむ機会を得られました♪

なんてラッキーなんでしょうか!!

搭乗前の数日間はソワソワしちゃって落ち着きませんでした(笑)

シンガポール航空の787-10は2クラスでビジネスクラスが36席、エコノミークラスが301席となっていて最近流行りのプレミアムエコノミーは設定されていません。

ビジネスクラスのシート配置は1-2-1アブレストで窓側でも真ん中でも全ての座席が通路に直接アクセスが可能な配置です。

ビジネスクラスのシートはフルフラットシートを採用していてその為にスタッガードシートを投入しています。

シンガポール航空としてはスタッガードシートは今回が初導入と言う事で787-10は初物づくしの感があります。

エコノミークラスは3-3-3アブレストで最近787シリーズでは当たり前になって来た横9列仕様です。

スポンサーリンク

ビジネスクラスのシート

シンガポール航空では今回が初の導入となるスタッガードシートはおしゃれで洗練されていました。

先日、同じくシンガポールへANAのビジネスクラスでスタッガードを乗ったばかりでシートの違いをしっかり感じました。

ANA派の管理人ではありますがシートプロダクトとしてはシンガポール航空に軍配が上がります。

基本的な機能はほぼ変わりませんがデザインや高級感、各操作系の作り等の質がシンガポール航空のほうが勝っています。

中央席の離れた配置

中央席 近いシート配置

 

今回は夫婦での旅行でしたので中央席のシートが近い配置のシートを利用しました。

座席番号としては14Dと14Fになります。

ANAのスタッガードが直線的なラインで造形されていますがシンガポール航空では曲線ラインで造形されていてとてもおしゃれで高級感があるカラーリングだと感じました。

787-10ビジネスクラス フルフラット状態

上の写真がシートをフルフラット状態にした状態です♪

1枚目の写真でシート両サイドにアームレストがあるのがみえますか?

フルフラットにした場合にアームレストも下げて格納できますので上半身部分にかなりの余裕が生まれます。

下の写真でみるとかなりスペースが広くなるのが確認できます♪

アームレストを格納した状態

 

管理人の身長は175cmですが足を伸ばして寝転んだ状態でも頭が背面にぶつかることも無く横たわる事ができました♪

フルフラット状態で寝転んでみましたw

写真では窮屈そうに映っていますがコントラストのせいで足元も窮屈に感じることはありません。

写真の右側に移っているデバイだーはプッシュオンでゆっくりとせり上がって来ます。

こちらのデバイだーを上げれば個室状態に出来ますので喧嘩しちゃっても安心!?(笑)

SQ787-10 ビジネスクラスシート 操作パネル

フルフラットにするにはシート横にある操作パネルで操作が可能でいちいち座席を立つことも無くパワーシートで任意の位置でとめる事が可能ですのでとても楽チン♪

そうさパネルは普段は消灯してますがタッチすることで起動します。

タッチパネルの下は機内エンターテイメントの操作リモコンで当たり前ですが取り外しが可能でリード線で繋がっています。

SQ787-10 ビジネスクラスシート ショルダーベルト

珍しいな~と思ったのがショルダーベルトです。

離着陸時にはショルダーベルトの装着を求められます。

離着陸時以外はする必要は無く外せる仕組みになっていますがどんどん安全面の基準が上がって来ているんだなと感じました。

 

窓側のシートはこんな感じです。

個室感があって一人なら快適に過ごせそうですね♪

 

スポンサーリンク

大型液晶モニター

液晶モニターは18インチでパナソニック製のシステムがインストールされていました。

画面サイズ的にも内容的にもANAとSQで引き分けと言う感じです。

お迎えのCAさんが美人ですね~素敵です(笑)

SQ787-10 ビジネスクラスシート 液晶モニター

 

機内エンターテイメントとして映画・音楽・TV・フライト情報等が楽しめます。

コンテンツはクリスフライヤー会員番号を登録する事で往きの便で途中で終わった映画のつづきを復路で見れるようになります。

この液晶モニターはタッチ画面なので直接画面操作が可能でフルフラットに近い状態では画面を下に向けチルトさせる事が出来ます♪

ほんのちょっとした事なんですがフルフラットではすごく観やすくなって快適でしたね~

アメニティー他

シート周りの装備やアメニティー関係は必要十分でした。

 

小物入れ周辺

SQ787-10 ビジネスクラスシート ヘッドフォン

ノイズキャンセリングヘッドフォンは写真の小物入れの中に収納されてました。

音質はよいんですがノイズキャンセリング自体はマイルドw

無音になるって感じでは無かったですがANAより全然良い感じです。

写真の小物入れスペースは扉があるので細々したものを入れて扉を閉められるのでテーブル周りがすっきりします。

SQ787-10 ビジネスクラスシート 小物入れ

小物入れの左側のプレートが入り込んだ様な物は鏡になっていて引き出してメイク直し当に使えます。

右の丸い突起状のところにヘッドフォンを掛けれる用になっています。

写真は有りませんが扉を開けるとUSB端子が2系列とマルチコンセントが1つ有りますのでスマホやカメラ等の充電にはケーブルさえ準備しておけばフライト中に充電切れを起こすことは無いです。

充電関係

ヘッドフォン端子の形状はコチラで、3ピンタイプですが標準ヘッドフォンを使う場合はもちろん何の問題も有りませんがご自身のヘッドフォン等を使う場合はアダプタが必要かもしれません。

SQ787-10 ビジネスクラスシート ヘッドフォン端子形状

スライドテーブル

SQ787-10 ビジネスクラスシート スライドテーブル

液晶モニター下側にスライド式のテーブルが装備されています。

折りたたみ式なのでスライドを引き出した後に展開させる形になります。

引き出すときには取っ手(下側)を握り込んでロックを解除しつつ引き寄せる感じです。

ノートPCを乗せて作業する場合でも余裕の広さがありりますしシート脇から出すタイプより懐に余裕があり良いと感じました。

 

SQ787-10 ビジネスクラスシート スライドテーブルにクロス

テーブルを展開してテーブルクロスを広げるとこんな感じですが懐に余裕があるのが伝わるでしょうか?

アメニティー

アメニティーはスリッパ・靴下・アイマスクがシートにセットされています。

スリッパはANAに比べるとシンガポール航空のほうが厚手でゆとりがあるので甲高幅広な管理人はSQの方が好みでした。

アイマスクもスリッパ同様にSQの方が質が良いです。

SQ787-10 ビジネスクラスシート アイマスク

 

靴下

 

スリッパ

雑誌類

 

英語で読めない~(^^;)

機内雑誌に機内販売等一式揃っています。

英語なので読めませんが写真を観てるだけでも楽しいです(笑)

機内ドリンク

ワインが大好きな管理人ですがワインの事ぜんぜん分からないんですが・・・

スパークリングワインはシャンパンでした(笑)

なんでも著名なワイン評論家?ソムリエさん?が厳選したワインが提供されている様な感じでした!

SQ787-10 ビジネスクラスシート ワインを選んだ人??

SQ787-10 ビジネスクラスシート ワインリスト

カクテルにシンガポールスリングが有って帰りに飲もうと思って飲み逃しました(笑)

コーヒーはイタリアのilly、紅茶はTWGが提供されています。

ソフトドリンクではコーラからエナジードリンク、ジュース類が一通り提供されています。

ハードリカーも充実していてポートワインからスコッチ、バーボン、ウォッカ、スピリッツと豊富でした♪

全メニュー写真を撮ってくれば良かったですね(^^;)

ビジネスクラスの醍醐味は機内食ですよね!

ビジネスクラスの楽しみはやはり機内食ですよね~

こちらでは往路での機内食を中心に機内サービスをご紹介いたします。

搭乗時には特別食として和食を選べましたが今回は夫婦揃って洋食をチョイスしました。

洋食のメインは数種類あってここは別々のメインを選択して夫婦でシェアしました。

ウェルカムドリンク

搭乗後に席につくと早速機内サービスが始まります。

オレンジジュースとシャンパンを持って来てくれましたので旅行ですしシャンパンを頂きます。

SQ787-10 ビジネスクラスシート ウエルカムドリンク

ビジネスってやっぱり快適だなぁ~と感じちゃいますよね!

慣れないものでコレだけでビジネスクラスに乗れて幸せ~って感激しちゃってました(笑)

離陸する前からこのおもてなしでタキシング始めるとグラスを回収してくれます。

軽食サービス

離陸後にシートベルトサインが消えると軽食が提供されました。

機内でサテー食べられるって良いですよね~

事前にツイッターで食べられると知っていたので楽しみにしていました(笑)

テンションが上がっているのでメッッチャ美味しく感じました♪

付け合せのお味噌がサテーにも野菜にもとてもマッチしていてシャンパンが進みまくりです(^^;)

SQ787-10 ビジネスクラスシート 軽食サービス

昼食サービス

メインイベントと言っても過言ではありません(笑)

白いテーブルクロスに一皿づづサーブしてくれるのは本当に贅沢な気分になります。

ファーストクラスやスイートクラスではどんな事になるのか想像も出来ません。

一生に一度はシンガポール航空のスイートに乗ってみたいですね!

とは言え私はビジネスクラスでも十分に贅沢な気分になれるので大満足でございます(笑)

前菜が運ばれて赤ワインを頂きました♪

料理を見ながら写真撮ったりしてたら飲み終わってしまいました(笑)

お替りを頂いたのは言うまでもないですね~

SQ787-10 ビジネスクラスシート 機内食 前菜

パンは数種類の中から2種類をチョイスして食べましたがどちらも美味しくてお替りしたかったんですがメインを食べ終わる頃にはお腹いっぱいでした(笑)

SQ787-10 ビジネスクラスシート オリーブオイルのボトルが可愛いです。

メインディッシュ

奥様がチョイスしたのが魚を使ったメニューでした。

ちょっと味見をさせて貰いましたがしっかりした味付けで白ワインが進むメニューでした。

SQ787-10 ビジネスクラスシート 奥様のメイン

 

管理人のメインはビーフを使ったメニューでしたがコレが本当に美味しくてびっくり!!

赤ワインとの相性もバッチリでビーフで正解でした♪

メイン ビーフ

チーズorフルーツ

食事が終わるとチーズとフルーツが乗ったワゴンがやってきました。

どちらでも好きな方を頼めますし何だったら両方召し上がってくださいね!と言われますが既にお腹いっぱい(^^;)

ワインを飲んでいたのでチーズを一つぐらい頂こうかなぁと思って何種類かあるチーズからブルーチーズを選んで指をさした結果がコチラ。

SQ787-10 ビジネスクラスシート チーズ

まさかの一皿全部来ました(笑)

まさか一皿全部来ると思ってなかったので驚いてしまいました。

あくまでもセット品だったんですね~

まぁフライト中にチーズをおつまみに美味しくいただいたので結果オーライですが降機した時にこれ以上は無理と言う状態になりました。(食べすぎですw)

デザート

チーズがほとんど残っている段階ではありますがデザートもサーブされました。

管理人はデザートはコーヒーと一緒に食べたいのでコーヒーもお願いしました。

でコーヒーも美味しいんですよ~何の豆だったんでしょうか?

illyはたまに飲むんですけど初めて飲む味でした。

キャラメル味のアイスでしたがコレも美味しいくてお腹いっぱいなのにペロッと食べちゃいました。

SQ787-10 ビジネスクラスシート デザート

 

さいごに・・・

飛行機に乗るようになってからシンガポール航空にはずっと憧れていました。

シンガポールに行く際にはエコノミーではありますがシンガポール航空に乗っていましてビジネスクラスへ何時かは乗りたいと思って居ました。

そんな時に787-10の大阪就航キャンペーンで激安で販売している事をしり急遽発券して乗る事が出来ました。

発券した時はシートプロダクトすら発表されて無い状態でそれはそれは楽しみながら搭乗の日を迎えました。

搭乗の数日前からはソワソワしちゃって落ち着かないほど楽しみにしていたSQ787-10のビジネスクラスでしたが期待通りの素晴らしい体験が出来ました。

CAさん達のサービスは機材に慣れてないのでこれからもっと良くなるのではないでしょうか?

シンガポール航空のセールに感謝感謝です。

またセールして下さい♪(笑)

本日もお越し頂きまいしてありがとうございました!

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 小遣いブログ ANAマイル・SFC修行へ
にほんブログ村


マイレージランキング

憧れのシンガポール航空もANAマイルを貯めれば無料で乗れます。

ANAと同じスターアライアンスなので特典旅行の発券が可能です。

ANAの貯め方はコチラで記事にしています。

シンガポール旅行日記はコチラです!

 

スポンサーリンク
おすすめの記事