【TOKYU(東急)ルート】ANAマイルへの移行は計画的に!

TOKYU(東急)ルートのANAマイル交換タイミングとは?

ANA陸マイラー御用達のTOKYU(東急)ルートでポイントサイトで貯めたポイントはポイントサイトに貯めこむのは危険です。

TOKYU(東急)ルートはソラチカ(LINE)ルート(閉鎖された交換ルート)と交換条件が異なります。

TOKYU(東急)ルートでは交換条件の自由度が高くなり利便性が増しました!

今回はTOKYU(東急)ルートでANAマイルへ交換するタイミングを考察します。

はじめに

今回はANA陸マイラーが飛行機に乗らずにマイル(マイレージ)を貯める時に利用している「TOKYU(東急)ルート」でANAマイルへの交換タイミングに関して考察した記事となります。

雲海
雲海

ここまでの説明で「???」となった方の為にブログ内の記事をご紹介しておきます。

マイル(マイレージ)とは?に関しては下の記事を参考にしてください。

陸マイラーとは?に関しては下の記事を参考にしてください。

TOKYU(東急)ルートとは?に関しては下の記事を参考にしてください。

スポンサーリンク

ポイントサイトのポイントは貯めこまない!

ANAマイルの発生源であるポイントサイトを利用しているとポイント口座残高をチェックするのが楽しいですよね!

日々増えるポイントが嬉しくなり50,000ポイントたまったから100,000ポイントまで頑張るぞ!って思ったりするものです。

しかし、これはポイントサイトを利用する上では御法度と考えてください。

ポイントサイトのポイントは金銭的な価値がありますが運営側の裁量範囲が非常に高く没収されたり最悪は経営破綻で貯めたポイントが消滅してしまっても何の補償もされません。

ポイントサイトのポイントはもちろんですがクレジットカード等で貯まるポイントに関しては法律的にグレーゾーンとなっており各種ポイントの電子マネー化が進んでいる現状に法律が全くついていけていない状況で各種ポイントは運営会社が経営破綻した場合に銀行口座等と違い何の補償も得られないのが現状です。

マイルに交換するしないは別問題としてポイントサイトで貯まったポイントは貯めこまずに現金化・電子マネー・マイル等の換金性の高い物へ交換することがリスク回避になります。【重要】

出来るだけ早くマイルに交換がベストではありますがマイルには3年と言う有効期限がありますのでANAマイルへ交換するタイミングを計る必要があります。

スポンサーリンク

資本が大きく比較的低リスクなポイント置き場は?

ポイントサイトでポイントを貯めこまない方が良いことは理解して頂けたかと思います。

出来るだけ早くマイルに交換したい所ではありますがANAやJALのマイルには有効期限があります。

使う予定の無い時にマイルに交換してしまうと、あっという間に3年が経過して失効してしまうリスクがあります。

そこでポイントサイトで貯めたポイントは比較的リスクが少ない場所で貯め置くことになります。

TOKYU(東急)ルートを見てみましょう!

東急(TOKYU)ルート (ANAマイル交換ルート)全体図
東急(TOKYU)ルート (ANAマイル交換ルート)

上記ルートがTOKYU(東急)ルートとなります。

各ポイントサイト⇒「.money(ドットマネー)」⇒TOKYU POINT⇒ANAマイルと交換していきます。

この中で資本が大きく比較的低リスクなポイントの貯め置き場所が「TOKYU POINT」となります。

TOUKYU POINTは東急グループが運営しており日本の中核企業グループの東急グループ各社が参加しているロイヤルティープログラムなので余程の経営悪化が起きない限り安全にポイントを貯める事が可能です。

さらにTOUKYU POINTならPASMOにチャージできますので電子マネー化することも可能です。

東急グループや全国の加盟店で貯めて使えるポイントサービス!
東急グループをはじめ、TOKYU POINT加盟店で貯まるポイントです。
TOKYU POINT加盟店以外でも、毎月のクレジットカードのご利用や、各種サービスのご登録に応じてTOKYU POINTが貯まります。
貯まったポイントは、1ポイント=1円分として、東急百貨店・東急ストア などの東急グループで使ったり、
PASMOにチャージして電車やバスに乗ることもできます。

TOKYU POINTとは(公式サイトより)
スポンサーリンク

TOKYU POINT⇒ANAマイル交換ルール

TOKKU(東急)ルートで利用するTOKYU POINTは東急ANAカード(ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード)の特別ルールが適用されます。

TOKYU POINTからANAマイル交換条件
  • マイル換算:TOKYU POINT1,000ポイント=750マイル
  • 移行単位:1,000ポイント以上、1,000ポイント単位
  • マイル移行上限(年間):なし
  • 移行手数料:無料

交換条件で重要なのがマイル移行に上限が無い事と手数料が無料と言うことになります。

これはTOKYU(東急)ルートの大きなメリットの一つで好きなタイミングで好きなだけマイル移行ができるという事になるのでマイルを効率的に使えマイルが無駄になりません。

更にTOUKYU POINTでポイントを貯め置くことでマイル有効期限を最大5年に延長することが可能になります。

最大でTOKYU POINTの有効期限2年+ANAマイル有効期限3年の合計5年間となります。

移行期間は概ねマイル移行手続きから約1週間となっています。

スポンサーリンク

ANAマイル以降のタイミングは?

砂時計 moritz320によるPixabayからの画像
砂時計 moritz320によるPixabayからの画像

ソラチカルート(閉鎖されたANAマイル交換ルート)では月に20,000ポイントしかマイルへ移行出来なかったので大きくマイル口座を積み上げるには毎月マイルに交換する必要がありましたがTOKYU(東急)ルートでは必要な時に必要な分だけ交換する運用が可能になりました。

従って、TOKYU POINT⇒ANAマイルへの交換日数が約1週間とアナウンスされていますのでマイル利用予定日の遅くとも10日前に交換作業をしておきましょう。【重要】

ANAマイルの有効期限は3年ありますので使う予定があるなら余裕を持って交換することをお勧めします。

必要な分だけ交換することで無駄に有効期限を迎えて失効してしまうマイルを無くすように出来ます。

管理人が実際に交換している感じでは5日程度でマイル口座に反映されています。

マイルを使う予定が無くTOKYU POINTに貯めたポイントが失効しそうな場合は当然ですがANAマイルに交換する必要があります。しかし、TOKYU(東急)ルートを利用していればTOUKYU POINTの有効期限内には大きくポイントが貯まっている状態になりますのでマイル利用していればTOUKYU POINTで失効してしまう事はほとんど起きませんのでご安心ください。

ANAマイルは口座に反映されてからから36ヵ月後の月末で失効します。

3年以内にマイルを使わない場合はPASMO等への交換でTOKYU POINT1ポイント=1円相当で交換しましょう。

スポンサーリンク

さいごに・・・

今回はANA陸マイラー御用達のTOKYU(東急)ルートでマイル移行タイミングについて考察しましたがいかがでしたでしょうか?

ソラチカルート(閉鎖された交換ルート)時代とは移行ルールが変わりマイルを大きく貯めやすくなったと言えます。

マイル移行上限が無い事や移行手数料が掛からないことはTOKYU(東急)ルートのメリットです。

ポイントサイトで貯めたポイントはとりあえずTOUKYU POINTまでサクッと交換し必要なタイミングでANAマイルへ交換すれば良い事になります。

ポイントサイトの口座残高でニヤニヤする変わりにTOUKYU POINTの口座残高で楽しんでください♪

クレジットカードで貯めるマイルは有効期限を無くすことも可能です。

詳しくは下の記事でご紹介しています。

たくさんのマイルを貯めてお得な飛行機旅を皆さんも楽しんでください!

本日もお越しいただきありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。

応援していただける方は下のバナーをクリックいただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村


飛行機ランキング

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

おすすめ記事