「陸マイラーとは」このワードで検索したなら飛行機にお得に乗る入口に立ってます!
陸マイラーを詳しく解説
スポンサーリンク

陸マイラーとは?で検索をされて当ブログに来られた方はお得に飛行機に乗れる方法を知る入口にいます!!

陸マイラーは「おかまいらー」や「りくマイラー」と呼ばれ、飛行機に乗らずに地上=陸でマイルを貯めてお得に飛行機に乗る事を実践している人達を指します。

クレジットカードでマイルを貯めるんでしょ??と思われる方が多いですが陸マイラーは他の方法で大量のマイルを得ています。

そして陸マイラーで貯めたマイルを利用して飛行機旅行をお得に楽しんでいて毎年ハワイに行く方もいれば家族で沖縄旅行を楽しむ方もいらっしゃいます。

そこで今回は陸マイラーの魅力とどの様に大量のマイル(マイレージ)を貯めるのか?陸マイラーに興味を持った方に向けて詳しく解説いたします。

海外ビーチリゾート

陸マイラーとは?

冒頭でも触れましたが陸マイラーとは飛行機に乗らずに航空会社のマイル(マイレージ)を貯めて飛行機にお得に乗る人を指します。

飛行機に乗らずにマイルを貯める方法は航空会社のクレジットカード(ANAカードやJALカード)でクレジット決済をすることでマイルを貯める方法が一般的に知られている方法です。

貯めたマイル(マイレージ)を使うことで特典航空券を発券可能で国内線ならほぼ無料、国際線なら諸税や燃油サーチャージ(航空燃料相場によって加算される料金でシーズンにより高い時と安い時がある)が掛かりますが航空運賃は無料で飛行機に乗ることが可能となります。

また、ANAやJALではマイルを航空会社の電子マネーに交換することが出来ますので【マイル⇒航空会社電子マネー⇒航空券を購入】と言う方法も利用しています。

この方法は特典航空券に空席が無い時や飛行機修行する場合に利用されます。

陸マイラーはクレジットカード決済でもマイルを貯めていますが様々な方法を駆使し自分のお気に入りの航空会社のマイルを貯めいます。

クレジットカード以外でもマイルを貯める方法を実践してマイルを得ています。

マイル還元率1%のクレジットカードで10,000マイル貯めるには100万円分のクレカ決済が必要となり年間20万マイル以上貯める陸マイラーは2,000万円もクレカ決済が必要になります。

陸マイラーはクレカ決済でもマイルを貯めますがメインは他の方法で大量のマイルを貯めています。

スポンサーリンク

何マイル貯めたらどこに行けるの?

マイルを貯めればお得に飛行機に乗れるのは理解しているけど実際にどの位のマイルを貯めればどこに行けるんでしょうか?

管理人はANAのマイルを貯めていますのでANAを例にご紹介いたします。

国内線も国際線も共通でシーズンによって必要なマイル数が変わります。

L(ローシーズン)・R(レギュラーシーズン)・H(ハイシーズン)と言う3つのシーズンがあります。

日本語で言えば閑散期・通常期・繁忙期と言い換えると理解しやすいですね!

ANA国内線 特典航空券 必要マイル数

国内線はネットワークが複雑ですがご自身が利用する空港を起点に考えて必要マイル数をご確認ください!

ANA国内線の場合では各路線の右側に出ている必要マイル数は片道ですので往復なら2倍のマイル数が必要と言うことになります。

ANA国内線 特典航空券 必要マイル数(公式サイトより)

上記のマイルチャートで計算しますと東京(羽田)から沖縄(那覇)まではL(ローシーズン)で7,000マイルとなっていますので往復する場合なら14,000マイルが必要になってきます。H(ハイシーズン)なら10,500マイルなので往復で21,000マイルが必要となりますので閑散期と繁忙期では4,000マイル違って来ます。

ANA国際線 特典航空券 必要マイル数

ANA国際線の特典航空券ではシーズンのL(ローシーズン)・R(レギュラーシーズン)・H(ハイシーズン)とクラス(座席)のY(エコノミー)・PY(プレミアムエコノミー)・C(ビジネスクラス)・F(ファーストクラス)で必要マイル数が変わります。

シーズンはL<R<Hで必要マイル数が増加し、クラスはY<PY<C<Fで必要マイル数が増加します。

従いまして、H(ハイシーズン)のF(ファーストクラス)が必要なマイル数が最も多いことになります。

下の必要マイルチャートは日本起点での必要マイルチャートとなります。

ANAの場合、国際線では往復でしか特典航空券が発券できない仕様となっていますので国際線の必要マイル数は往復分となっています。(国内線のマイルチャートは片道分)

ANA国際線特典航空券 必要マイルチャート

日本起点で考えた場合に話題ののハワイ路線(A380 FLYING HONUが就航)ならLシーズンのY(エコノミー)なら往復で35,000マイルで人気のハワイへの特典航空券が発券できます。日本で人気のビーチリゾートへお得に飛行機に乗って行くことが可能です。

スポンサーリンク

実際にマイルを利用してハワイのファーストクラスを発券しています!

管理人はANAマイルを利用して夫婦分のハワイ往復特典航空券を発券済です。

ANA A380 F 特典航空券 発券済

この特典航空券ではRシーズンのファーストクラスとなっていますので一人120,000マイルが必要で夫婦分で240,000マイルを使って発券しています。

国際線の特典航空券の場合、諸費用や燃油サーチャージ(航空燃料特別負荷運賃)が発生して完全無料と言うことにはなりません。

諸費用+燃油サーチャージで夫婦合計で54,640円ほど発生しましたので一人単価は27,320円と言うことになります。

ハワイ往復のファーストクラスで一人単価が27,320円であれば相当お得にハワイに行けると言えます。

ANA A380 F 特典航空券 (諸費用)

夫婦2名分のハワイ往復がANA240,000マイルと諸費用で54,640円で憧れのファーストクラスで行くことが出来るのが陸マイラーの凄いところです。普通のサラリーマンの管理人は陸マイラーしてなければファーストクラスでハワイなんて一生縁のない世界だったと言えます。

本当にマイルが貯められるのか?管理人のマイル口座を大公開!

マイルを利用してお得に飛行機に乗れることはご理解いただけたかと思います。

では実際にマイルはどの位のマイルを貯めることが出来るのでしょうか??

管理人の実際のANAマイル口座を公開しちゃいます(笑)

ANAマイル口座残高2019.11.19

ANAマイル口座残高2019.11.19

管理人個人の最新のマイル残高は856,499マイルとなっています。

家族とマイル口座を合算出来るサービスの「ファミリーマイル」では991,941マイルを超えています。

前項でご紹介しているハワイへのファーストクラスで240,000マイルを使った後でも500,000マイル以上残ってました。

2018年のお正月には羽田ーニューヨークの往復をビジネスクラスからファーストクラスへアップグレードに使ったりしてます。

更に昨年はSFC修行と言う飛行機修行をしており400,000マイル以上消費したりしています。

管理人が少なくても年間で500,000マイル以上はANAマイルを貯めていることはご理解してもらえたかと思います。

マイルをスカイコイン(航空会社の電子マネー)交換して航空券を購入しているでフライトマイル(空マイル)も加算されている為にすべて陸マイラー活動で貯めている訳ではありませんが陸マイラー活動で年間300,000マイル近くは貯めています。

年間300,000マイルを貯めていれば家族4人で毎年ハワイ旅行へ行ったり、ニューヨークやロンドンへ行くこともできるだけのマイル数と言えます。

300,000マイルをマイル還元率1%のクレカで貯めるには3,000万円分のクレカ決済が必要で余程のお金持ち以外、現実的ではありません。

陸マイラーは誰でも出来るのか?

結論から言うと誰でも陸マイラーになり大量のマイルを貯めることができます!!

陸マイラーが実践している方法は特別なスキルや資格や資金や運が必要ではなく誰でも実践可能で再現性が高いことが特徴です。

したがって誰でも陸マイラーになって大量のマイルを獲得することは可能です!

しかし誰でも出来ますが向く人と向かない人がいることは事実です。

管理人が陸マイラーのやり方を教えてもマイルを貯めることが出来ない人が何人もいます。

その一方で大量のマイルを貯めて特典航空券を発券した人もいます。

そんな経験から言えることは面倒くさいことが嫌いな人と旅行に対して思い入れが無い人は陸マイラーは向かないと感じます。

陸マイラーで大量のマイルは貯められますし貯める方法はいたって簡単ですが陸マイラー活動の当初は慣れないことをしたり、準備等の必要あり手間が掛かるです。

ここで、たいして旅行に行きたくも無いのにお得そうだからと陸マイラーを始めた人や面倒臭いことが大っ嫌いな人は挫折します(^^;)

陸マイラーは「好きこそ物の上手なれ」の典型で旅行が大好きで時間はあるのに経済的理由で旅行を我慢している人に向いています。

陸マイラーをするには知識と準備が必要となります。知識と聞くと難しそうに感じますが知識は暗記する必要はありません。

知っていれば当ブログ等にマニュアルがありますので後は実践するだけです。

陸マイラー活動はマイルの貯め方を知っているか知らないか?知っているなら実践するかしないか?だけです。

しかも、陸マイラーをやってみて向かなかったら何時でもやめられますし、資金も掛かかりません。

陸マイラーのマイルを貯める方法とは?

陸マイラーは飛行機に乗らずにどの様にしてマイルを貯めているのでしょうか??

クレカを筆頭に陸でマイルを貯める方法は様々ありますが陸マイラーのマイル獲得で最も重要な方法を色々と省いて簡単に説明します。

陸マイラー、特にANAやJALマイルを貯めるにはポイントサイトを利用してマイルを貯めています。

大量マイル獲得方法手順1.ポイントサイトを利用してポイントサイトのポイントを貯める。

手順2.ポイントサイトで貯めたポイントを効率的にマイルへ交換するルートを使ってポイントをマイルへ交換する。

手順3.マイルを使って特典航空券を発券したり航空会社の電子マネーに交換して航空券を購入する。

マイルを貯めるメインの方法は上記の方法でいたって簡単です。

ポイントサイトでポイントを貯める⇒最適な交換ルートでポイントを交換する⇒マイルを獲得する

現在マイルの交換ルート部分が複雑化しており初心者の方が当初は難しく感じますが慣れれば大したことはありません。

ポイントサイトを利用する方法をメインに様々な細かい方法(クレカや楽天ポイント等)を使い大量のマイルを貯めていくことになりますが大量マイルを貯めるにはポイントサイトを利用した方法を使わずに貯めることはできません。

ポイントサイトの利用がマイル発生の源

手順1のポイントサイトの利用が大量マイル発生源と言え、ポイントサイトの利用無くして大量マイルを得ることはできません。

ポイントサイトとはポイントサイト内のコンテンツや広告を利用することでポイントを得られるネットサービスです。

会員登録も利用も無料ですので自己資金は必要ありません。

例えばポイントサイトを利用して楽天市場の広告を利用してお買い物をするだけで楽天ポイントとは別にポイントサイトのポイントが貯まります。

更にクレジットカードで決済することで楽天ポイント+ポイントサイト+クレジットカードポイントのポイント3重取りをします。

そして楽天ポイントポイントサイトのポイントクレカのポイントも最終的にマイルに集約させることでマイルを貯めていきます。

ポイント3重取りの仕組み

ポイントサイトではクレジットカードを発行するだけで1万円相当以上もポイントが貰える広告もありクレジットカードの発行は陸マイラー活動では大量マイル発生の源となっています。

ポイントサイトに関しては詳しくは下の記事で解説しています。

ポイントサイトのポイントを効率的にマイルへ交換する

ポイントサイトを利用するとポイントサイト独自のポイントが貯まって行きます。

ポイントサイトのポイントでは特典航空券を発券できませんのでANAやJALのマイルへ交換する必要があります。

ANAやJALでは自社のマイル(マイレージ)へ交換できるように色々な会社やポイントシステムと提携しています。

ANAやJALに交換が出来るポイントは各種ありますが交換レートは提携先によって様々で、お得な提携先がある一方で損な提携先もあります。

そこで、陸マイラーはポイントサイトで貯めたポイントを効率的にマイルへ交換するルートを日々研究しておりお得な交換ルートは様々なブログや雑誌で紹介されています。

交換ルートは各種ポイント交換の提携により新たな交換ルートが日々出てきますので雑誌では追従できないほどです。

JALとANAでは交換ルートは異なりますがザックリ言うとJALもANAもポイントサイトで貯めたポイントを50%~約80%のレートでマイルへ交換することが出来る状況となっています。

ポイントサイトで10,000円相当のポイントを最大で約8,000マイルに交換できることになります。

目減りしているように感じますが1マイルの価値は使い方によっては2~10円を超える価値になる場合があるので一般的には交換率50%で等価交換となり80%の交換率ではかなりお得な交換レートと言えます。

JALマイルでは基本的に50%のマイル交換率となりますが、1つだけ条件がありますが80%マイル交換率の方法があります。

ANAでは東急(TOKYU)ルート言う交換ルートを利用することで最大75%でANAマイルへ交換できます。

ANA787-9

貯めやすさではANAが有利ですが貯める人も多いので特典航空券が取りづらいと言われています。

逆にJALはマイルは貯めづらいですが特典航空券が取りやすいと言われていましたが最近JALマイルは特典航空券の必要マイル数を変動制を導入したことにより旅程によっては特典航空券で発券するより有償発券の方がお得感と言う状況とも云われてます。

管理人はANAマイルを中心に貯めていますがご自身の貯めたい航空会社を決める必要があります。

最初はANAかJALに絞った方が効率が良くリソースは分散しない様にしてください。

上級者になればANAやJALだけではなく海外の航空会社のマイルを貯める人もいらっしゃいます。

当ブログでは主にポイントサイトからANAマイルへの交換方法を詳しく解説しています。

下の記事を参考にすれば誰でも簡単にポイントサイトからANAマイルへ交換することが出来ます。

初心者にお勧めのポイントサイトとは?

マイルを発生させる源のポイントサイトですが安心安全なポイントサイト選びは意外と大変と感じます。

管理人は10個以上のポイントサイトに登録し実際に利用しています。

サイトの構成やトラブル時の補償等を考慮して初心者の方にお勧めのポイントサイトを3つほどご紹介しておきます。

おすすめポイントサイトNo.1「モッピー」

2018年以降、陸マイラー必須のポイントサイトとなったのが「モッピー」です。

初心者に理解しやすい1ポイント=1円相当のポイントシステムで初心者の方でも貯めたポイント管理が簡単です。

さらに、モッピーをメインサイトで利用することでANAもJALも約80%でポイントをマイルへ交換することが可能な唯一のポイントサイトです。

そして「TOKYU(東急)ルートなら交換回数2回でANAマイル70%へ交換可能です。

下のバナーからの登録で1,000円相当のポイントを得られます!

モッピー!お金がたまるポイントサイト

おすすめポイントサイトNo.2 ポイントタウン(PointTown)

当ブログがお勧めするポイントサイトNo.2は「ポイントタウン」となります。

下のバナーからの登録で300円相当のポイントが貰えます。

利用も登録も無料ですのでご安心ください。

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

ANAマイルに関しては「TOKYU(東急)ルート」に未対応でしたが2020年1月よりポイント交換が開始されることが発表されています。陸マイラーを重視している姿勢が良く出ています。クレジットカード案件も安定しており楽天市場との相性も良いので長く利用できるポイントサイトと言えます。「nimoca(ニモカ)ルート」の利用も可能。

おすすめポイントサイトNo.3「ハピタス」

陸マイラーで登録していない人はいないほど陸マイラーに人気のポイントサイトが「ハピタス」です。

ハピタスは1ポイント=1円という分かりやすいポイントシステムとお買い物安心保障等で初心者が安心してポイントを貯めることが可能なポイントサイトです。

初心者に優しサイト構成やポイント制度でオススメのポイントサイトになりました。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ANAマイルへ交換するにはTOKYU(東急)ルートを利用する

ANAマイラーはTOKYU(東急)ルートを使ってポイントサイトからANAマイルへ交換をします。

前項でお勧めのポイントサイトに関連して各ポイントサイトからANAマイルへの交換方法をご紹介しています。

ANAマイル交換ルート「TOKY(東急)ルート」【全体図】

ANAマイル交換ルート「TOKY(東急)ルート」【全体図】

TOKYU(東急)ルートに関しては下の記事で詳しくご紹介しています。

あわせて読みたいTOKYU(東急)ルートの記事
ANA陸マイラーのマイル錬金術の「TOKYU(東急)ルート」に関しての記事になります。

ANAマイルを貯めるTOKYU(東急)ルートにはTOKYU ANAカードが必要!

ポイントサイト独自ポイントをANAマイルへ効率良く交換するTOKYU(東急)ルートを利用するためには準備が必要になります。

ANAマイル最高交換率75%を支える通称TOKYU ANAカード(クレジットカード)の発行が必要です。

TOKYU(東急)ANAカード(公式より)

TOKYU ANAカードはポイントシステムにTOKYU POINTを使っておりTOKYU POINTからANAマイルへの交換率75%となりANAマイルへの交換率で非常に高いマイル交換率を誇ります。

このTOKYU POINTからANAマイルへの交換率75%を利用する為にTOKYU ANAカードの発行が必要なんです。

TOKYU ANAカードの発行方法に関しては下の記事で詳しく解説しています。

さいごに・・・

今回は陸マイラーに興味を持った方に向けて陸マイラーがどの様にしてマイルを貯めているかANAマイルの貯め方を中心にご紹介しました。

JALマイルも基本的にはポイントサイトでポイントを貯めてJALマイルへ交換して行くだけですのでANAマイルとやって行くことは変わりません。JALマイルに関しては基本的に50%で交換できればオッケーです。

オススメのポイントサイトの「モッピー」だけは独自のマイルアップ方法で80%でJALマイルへ交換が可能です。

詳しくは下の記事でご紹介しています。

陸マイラーを始めると飛行機が身近になり気軽に沖縄や北海道への週末旅行へ行ったり、毎年海外旅行へ行くこともできます。

普通に考えたらお金持ちにしかできないことですが陸マイラーなら可能です。

あ、節約にはなりません(笑)飛行機にお得に乗れるってだけで節約では無いので誤解なきようお願いいたします(^^;)

節約が目的ならポイントサイトのポイントは現金化や電子マネーに交換が可能ですのでマイルに変えずに現金化や各種ギフト券や電子マネーに交換することをオススメします。

現金はもちろんアマゾンのギフトコードやアップルのギフトコードや楽天ポイントへの交換もできたりします。

ポイント交換先の一例

管理人は陸マイラー活動(ポイ活とか言います)で貯めたマイルで色々楽しめているのでANAマイルへ交換しかしてません(笑)

昨年はシンガポールやマレーシアへ行き年末年始の旅行はニューヨークに憧れのファーストクラスで行きました。

ANAファーストクラス

すべてマイルで実現した旅行です。

旅行好きなら陸マイラー初めてみてはいかがでしょう~!

本日もお越し頂きありがとうございます!

ブログランキングに参加中です。

応援いただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 小遣いブログ ANAマイル・SFC修行へ
にほんブログ村


マイレージランキング

おすすめ記事

スポンサーリンク